ピクシブ百科事典

志伸あきら

しのぶあきら

志伸あきらとは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である。
目次[非表示]

「困っているなら放っておけないよ!」

概要

外見や言動もボーイッシュな魔法少女。
空手道場を営む父に、幼い頃から男の子たちと等しく鍛えられ育てられてきた。
頼まれ事は断れない性格で、何でもついつい引き受けて解決してしまうことから「参京院のトラブルシューター」と呼ばれている。
(『マギアレコード』内アーカイブ「魔法少女」より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地神浜市参京区
学校参京院教育学園
年齢学年15歳/中学3年生
身長164cm
肩書き魔法少女
願い事魔女に捕らわれた人々を救ってほしい
固有魔法魔女を倒す為の弱点を探る力
ソウルジェムの形状/色/位置菱形/銀/左の籠手
武器オープンフィンガーグローブ
キャラクターデザインおちゃう
声優村中知

※期間限定イベントCROSS CONNECTION〜魔法少女すずね☆マギカ〜で判明。その後「マギアアーカイブ」Vol.1で確定する

人物像

お人好しな性格で、頼まれごとがあれば断れず、無意識に対応してしまう。本人いわく「6歳の頃から人助けをしたり、町内会のボランティアをしたりしていた」という。気付けば、不本意ながら「便利屋」「参京院のトラブルシューター」として扱われるようになってしまっている。
そんな性格のためか、様々なトラブルに巻き込まれることもしばしば。また木崎衣美里による「お悩み相談室」開設の際には衣美里の相棒として起用されてしまっている。

ボクっ娘かつボーイッシュな外見とは裏腹に実は可愛い物好き。メモリア「ラブリーあきらルーム」のストーリーにあるように、自室ではぬいぐるみや人形に囲まれ、少女漫画や恋愛小説を読み、録画したドラマを見るという、年相応の少女としての趣味を過ごしている。「堂々とスカートが穿ける」という理由で学校の制服が好き。

センシティブな作品



なお、勉強の方は苦手な様子で、ボイス「ログイン5(深夜)」では宿題を「手強い敵」「全然解けない、終わる気配が見えない」とぼやいている。

空手道場を営む父親の影響で、自身も空手の使い手。ボーイッシュな性格は、幼少時から道場で男子に混ざって一緒に稽古をしていたことも影響している。根は体育会系であり、明らかな挑発だろうがふっかけられた勝負は受けて立つ。好きな技は上段回し蹴り。ちなみに、魔法少女になってからは身体能力が向上したため、一般人との組み手の際は手加減をしなければならず、それを多少不満に思っている。

魔法少女として

元が空手少女なので、魔法少女としての武器もガントレットをつけた拳で殴る典型的な格闘家、インファイタースタイル。
ソウルジェムの形状は菱型。フレームは角ばった鳥の翼のようなデザインをしている。位置は左の手の甲であり、武器にソウルジェムがついている珍しいパターンだといえる。
固有魔法は「魔女を倒すための弱点を探る力」。

ゲーム上の性能

典型的なチャージ特化型。

基本データ

属性
タイプサポート
イラストレーターおちゃう(★2〜4)
実装日初期実装(★2〜4)


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×1×0×1×3


最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★2Lv.509,7364,3173,115
★3Lv.6012,3355,4753,947
★4Lv.8016,2257,2085,191


コネクト「ボクと拳を重ねて!」

レアリティ効果
★2Charge後ダメージUP[Ⅲ] & 攻撃力UP[Ⅲ]
★3Charge後ダメージUP[Ⅴ] & 攻撃力UP[Ⅴ]
★4Charge後ダメージUP[Ⅶ] & 攻撃力UP[Ⅶ]


マギア「巨拳連弾」

レアリティ効果
★2敵単体にダメージ[Ⅰ] & Charge後ダメージUP(全/3T)
★3敵単体にダメージ[Ⅲ] & Charge後ダメージUP(全/3T)
★4敵単体にダメージ[Ⅴ] & Charge後ダメージUP(全/3T) & ダメージUP(自/3T)


「この拳に…ボクの全部をのせる!」

英語表記は「Machinegun Fists」

ドッペル

未実装。

専用メモリア「優しき強者」

「困っている人に手を差し伸べることこそ武の存在意義」
幼い頃から、そう教わってきた彼女は、それを成し遂げるだけの力をつけてきた。
若くして黒帯を締めていることこそが、その証明である。

基本データ

レアリティ★3
タイプスキル
装備可能志伸あきら
イラストレーター茶ちえ


ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.14630463
Lv.206940694
Lv.401,15701,157


スキル「チャージドロー」

特殊能力効果発動ターン
通常Chargeドロー15T
限界突破Chargeドロー13T


経歴

メインストーリー/アナザーストーリー

第1部『幸福の魔女編

第8章『偽りに彩られ神浜
フェリシア編より登場。
調整屋で説明を受けた後、他の魔法少女達と共にヘリポートに駆けつける。

第10章『浅き夢の暁
最終決戦では、自分の固有魔法と葉月の固有魔法を掛け合わせてワルプルギスの夜の弱点を特定する。

魔法少女ストーリー

志伸あきら

  • 1話「トラブルシューター」
    • 空手道場を経営する父親によって昔から男の子のように育てられたあきら。小さい頃から「義を見てせざるは勇なきなり、困った人には差し伸べないで後悔する前に手を差し伸べろ」と教えられ、本人も困りごとを放っておけない体質だった。6歳の頃に近所のおばさんの財布を見つけてあげたことが端緒となり、以後近所の人から、中学に入ってからは学校内でも頼まれごとが舞い込むことになる。
    • そんなある日。後輩からストーカーにつけられているとボディーガードを頼まれることになる。断れず放課後彼女のボディーガードをすることになるが、公園に来ると彼女はボディーガードを頼んだことが嘘で、その真意を明かす。それはあきらへの告白だった。
    • しかしあきらはボーイッシュであるとは言えあくまでノーマル。百合な彼女の事は流石に受け入れられずその告白を断ってしまう。

  • 2話「みんなを助けたいんだ」
    • こうやって断ってしまったあきらだが、数日後後輩が失踪したと知り、気に病むことになる。彼女の行方を捜すために街を奔走するあきら、公園から彼女の足取りを再現しようとしたとき、魔女の結界に足を踏み入れてしまう。危険を察知し逃げるあきら、その先には後輩を含めた魔女の口づけに捕らわれた人々がいた。
    • その時現れたのはキュゥべえ。あきらに様々なことを教えると共に、契約を促す。その最中使い魔があきらに襲いかかり痛めつける。刃が立たない状態の中あきらは「捕らわれた人々を救って欲しい」と願い、魔法少女となった。
    • あきらは使い魔を撃退し、人々は救われ、失踪の事実もなくなった。しかし魔女の口づけを与えた魔女はまだいる、倒さなければ、と決意することに。

  • 3話「差し伸べる手」
    • そしてあきらは神浜の至る所を回り、事件性のあるトラブルを追うようになる。そしてある事件のそれは狙い通り魔女に関わる事だった。だが、その時使い魔と戦おうとするときソウルジェムを落としてしまう。ソウルジェムを拾う余裕もなく逃げるあきら。しかし逃げた先で身体に異変が起きる。そう、魂が凝縮されているソウルジェムから離れてしまったため、身体の機能が停止してしまったのだった。
    • 倒れたままだったあきら、しかし突如息を吹き返す。たまたま現れた常盤ななかがあきらの身体に彼女のソウルジェムを置いたところ息を吹き返すことが出来たのである。
    • 後日ななかにから伝え聞いたところに寄ればキュゥべえ曰く「魔力不足」とのこと。しかしこれはななか個人の魔法少女ストーリーを見れば分かるが、実はななかはキュゥべえを問い詰め魔法少女の真実を知ることとなった。そしてこの出来事がななかの目的に影響を及ぼすことになる。そしてななかはあえてあきらに嘘をついている、つまりあきらは真実を知らないままとなる。
    • 後日。ななかはあきらに戦うことを求める。その理由は「あきらが弱いから」。ななかの挑発にたまりかね、一戦を交えることになったあきら。ななかを防戦一方にしたその時、ななかは戦いを打ち切る。ななかの真意は「あきらの強さが自分とチームを組むに値するか」だったのである。ななかからの誘いを受けるか悩んでると、ななかは「私困ってるんです」とダメ押し。断り切れず丸め込まれ、以降様々な魔法少女と交流を持つことになる。

純美雨
  • 3話「計略者」

常盤ななか
  • 1話「風雲」

  • 2話「飛煌」

  • 3話「決意」

深月フェリシア
  • 1話「オレは傭兵」

木崎衣美里
  • 3話「メッチャかわいくてヤバい!」
    • ささら明日香に呼び出されて商店街にやってきたあきら。どうやらその一角で衣美里によるお悩み相談室をやるとか。で、その相棒としてあきらをあてがおうというのが2人の狙い。トラブルシューターのやる範疇じゃないと断るあきらだが、衣美里はあきらのボクっ子口調に混乱を来し、段々と興味を示すようになる。結果相棒を押し付けられることに。
    • 評判が評判を呼んで盛況の相談室。そこにモデルとして人気のある阿見莉愛が訪れる。だが、莉愛が来たときにはあきらがぼちぼち店仕舞いの準備をしようとするところ。衣美里からどう言われるか気になるため知名度を武器に押し切ろうとする莉愛とそれを押しとどめようとするあきらの間で押し問答に。
    • だが、みつ豆を食べようとあきらを誘って帰ろうとする衣美里が莉愛を見て、そのかわいさに目がハート状態。しかも知ってる有名人だけにテンションが上がる。莉愛も褒められてまんざらではなくなる。さらに莉愛が魔法少女だと知るとあきらも衣美里も驚くが、衣美里のテンションは爆上げ。
    • そして衣美里と莉愛は意気投合しコンビを組むことに。どっと疲れが出たあきらは糖分を欲するのだった。

由比鶴乃
  • 2話「もっと修行したい!」
    • その衣美里の相談室でのこと。最強を目指そうとする鶴乃が相談にやってきたわけだが、衣美里は修行を勧めるとともに、あきらを指導役としてあてがう。鶴乃から「あきら先生」と呼ばれるようになってしまったが、あきらは鶴乃にトラブルシューターの仕事を手伝ってもらうことに。迷い犬探しをするとその犬を発見。しかし鶴乃は犬を追いかけるため猪突猛進で勝手によその家の庭に入ったりする。結果捕まえられたものの、その家の人にめちゃくちゃ怒られてしまう結果に。

  • 3話「やっぱりもっと強くなりたい!」

五十鈴れん
  • 2話「それはまだ知らない光」

巴マミ
  • 3話「見つめ直す時間」

御崎海香
  • 2話「ふたりはどこに?」

  • 3話「広がる輪」

期間限定イベント

そしてアザレアの花咲く

水名神社でHappy New Year!

CROSS CONNECTION 〜魔法少女すずね☆マギカ〜
ある日、裏道でケガをした少女を見つけ、その手当てをしたあきら。落ち着ける場所ということで相談室に招き、彼女とあれこれ話をする。その時ななかが訪れるが、ななかは少女からただならぬ気配を感じ、いろいろ聞き始める。少女は立ち去り、あきらはななかの態度を見て怒るが、ななかは敵だと認識。そしてその少女、天乃鈴音が「魔法少女狩り」を使用とする現場を見て、あきらはショックを受けることになる。

その他

あきら役の村中知は最近では日曜朝の魔法少女を演じていることで知られるが、何の因果がそっちの作品の同僚にも「あきら」の名を持つボーイッシュな少女がいたりする。……とか言ってたらその同僚の中の人こっちに来ることに
あと、意外と巨乳だったりする。少なくともななか一派の中では一番でかい。

関連イラスト


関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ

アストラル・ラッシュ:マギアの演出に酷似している。あと水文明つながり。
三栗あやめ:こちらはトラブルメーカー
七瀬ゆきか:こっちは退屈な生活に飽き飽きしたためスリリングな生活を願って契約したらトラブルばかり舞い込むようになった人
行方晶:織莉子の同級生。同じ名前つながり

関連記事

親記事

参京院教育学園 さんきょういんきょういくがくえん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「志伸あきら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73702

コメント