ピクシブ百科事典

天乃鈴音

あまのすずね

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のスピンオフ漫画『魔法少女すずね☆マギカ』の登場人物。
目次[非表示]

CV:南條愛乃(マギアレコード)

概要

本作の主人公。身長152.6cm、体重42.0kg、血液型O型

最近になって茜ヶ咲中学校に転入してきた少女。普段は新聞販売店で住み込みながら学校生活を送っている。いつも笑顔で生活する彼女だが、裏の顔を持っていた。
それは「魔法少女相手に名前を訊き、訊いた相手をその場で殺し、その名前を記した紙を持つ」というもので、噂されている「女子中学生連続殺人事件」の犯人「キリサキさん」その人だった。ちなみにその紙は、髪留めと一緒につけている、お守り袋に入れている。これはツバキ(後述)がしていた「相手のことを忘れない」というまじないである。

これまでの原作(スピンオフ作品含む)でもダークな展開はあったが、このパターンすら既に慣れてきている読者に改めて衝撃を与えた。「魔法少女自体の善悪を問う」のがテーマの本作の主人公らしい人物像であることは、確かである(作中で犠牲になった魔法少女が漏れなく善性を有する者であったことは皮肉としか言いようがないが)。

作者のTwitterによれば、当初のデザインとしては、敵役用のもので、年齢も18くらいを想定。メインの5人の中では一番最後に描いたキャラで、復讐に燃える炎と相手を灰にするというイメージでカラーが決まったとのこと。
(後に振り返って、『どこぞの諜報機関のガチのアサシンでも面白かったなぁ』と思っていたそうな…)
作中における殺人鬼・悪役ぶりが堂に入っているのも頷けようというものである。
お前のような主人公がいるか

幼い頃に魔女によって両親を殺されたスズネは、ツバキという魔法少女に助けられる。
その後自らもキュゥべえと契約し、恐らくは「ツバキのような魔法少女になりたい」という願いで契約を果たした。
その後はツバキと共に魔法少女として魔女と戦っていたが、ツバキが魔女化したことで魔法少女の真実を知る。
以後、これ以上魔女を生み出さないように魔法少女を殺し回る暗殺者へと変貌した。

魔法少女としての能力

イメージカラーは灰色。ソウルジェムはネックレス型になり、自身の首にかけられている。
露出度が高く灰色のコートを羽織っており、カッターナイフのような形状の大剣を使用した、斬撃を得意とする。
対魔法少女戦においては相手の死角からソウルジェムをピンポイントで狙うという殺気に満ちた戦法をとる。
まさしく、彼女の得物は「ソード(剣)」ではなく「カッター(殺すための凶器)」と言え、この形状も彼女の存在に即したものといえよう。

固有魔法は「魔女の能力のコピー」。倒した魔女の能力を剣に取り込み、1種類だけ獲得することができる。
かつては魔女を倒すたびに上書きしていたが、ツバキの魔女を倒した後は、彼女の火炎系の魔法で固定するようになった。
ツバキの魔法を発動する際には、その種類に合わせて、剣の模様が発光するようになっている。

  • 陽炎:光る模様は左から2番目。名前通り陽炎の要領で、光を屈折させ姿と気配を消す。
  • 炎舞:光る模様は真ん中。空中に炎で出来た無数の剣を生じ、敵に向かって発射する。
マギアレコードでは、横ブラストの技として登場。
  • 桜火:髪に結わえたお守りを媒介とした強力な火炎魔法。剣が刀じみた形状に変化する。
つまりは椿から受け継いだ魔法と剣術を使い、魔法少女殺しの凶行に及んでいるということの証左でもある。
愛弟子が自らの人を守るための剣を魔法少女の命や未来を理不尽に奪い去る凶器に貶める様を見て
椿は草葉の陰で何を思うのであろうか。


マギアレコード

茜ヶ咲中学校に転校が決まっている魔法少女。身寄りがなく、アルバイトで生計を立てている。
学校などでは人当たりがよい反面、放課後には魔法少女を狙う冷酷な暗殺者の顔を持つ。
閉ざした心の奥には、悲しい過去を秘めている。
マギアレコードのプロフィールページより)

ホオズキ市に転校する前の時期のため、時間軸としては、原作以前となる。
インキュベーターから自分たちの監視が及ばなくなった場所の話を聞き、魔法少女を狩るために神浜へ足を運ぶ。

プロフィール

性別女性
出身地不明
学校茜ヶ咲中学校に転校予定
年齢学年不明/中学1年生
肩書き魔法少女
願い事不明(恐らくツバキのような魔法少女になりたい?)
固有魔法魔女の能力をコピーする
キャラクターデザインGAN
声優南條愛乃

ゲーム上の性能

基本データ

属性
タイプアタック
イラストレーターGAN(★4~★5)、
実装日2018年5月1日(★4〜5)

ディスク構成
AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×30×1×1

最大ステータス
レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.801,71367,5695,607
★5Lv.1002,10049,5137,057

コネクト「今だけは私が・・・」
レアリティ効果
★4与えるダメージUP(Ⅶ)&確率でクリティカル(Ⅶ)
★5与えるダメージUP(Ⅸ)&確率でクリティカル(Ⅸ)

マギア「受け継がれし炎」
レアリティ効果
★4敵全体にダメージ(Ⅴ)&必ずやけど(敵全/3T)
★5敵全体にダメージ(Ⅶ)&必ずやけど(敵全/3T)&確率でクリティカル(自/2T)

「ツバキ………見守っていて!」

ドッペル約束のドッペル

専用メモリア「おまじない」
名前を書いてこのお守りにしまっておく
そうすると、ずっと忘れずに一緒にいられる…
あの人が教えてくれたおまじないを、私は今でもやっている
それは、あの人を忘れないためでもあるから…

  • 基本データ
    レアリティ★3
    タイプスキル
    装備可能天乃鈴音
    イラストレーターma-sa

  • ステータス
    レベルHPATKDEF
    Lv.14270507
    Lv.206400760
    Lv.401,06701,267

  • スキル「クリテイカル・ストライク」
    特殊能力効果発動ターン
    通常必ずクリティカル(自/1T)6T
    限界突破必ずクリティカル(自/1T)5T

マギアレコード内での展開


夜間、魔女退治をしていた神浜の魔法少女粟根こころの前に現れ、その圧倒的な戦闘スキルでこころの獲物となる魔女を一撃で葬る。
その後、原作と同じ手順でこころを手に掛けようとするが、目に見えない彼女の守護者の手により阻止され、分が悪いと踏んでその夜は一時的に手を引く。

これをきっかけに神浜市内では魔法少女を襲う魔法少女の情報が一部で流布し、偶然にスズネと接触を持った志伸あきら、兼ねてより警戒していた常盤ななか両名も併せて計四名の魔法少女と対戦することになる。

(この時、滅多に感情を表に出さないことで有名な神浜の翁が、マギアレコードで初めて明確な敵意を持ってスズネと対峙するという、まさここファン必見の名シーンが拝める。)

最終的に、激闘の末に誰かが欠ける事を危惧したななかの判断で、スズネはとある策に嵌り上記四名を抹殺したと錯覚。しかし、その直後からSNSでスズネらしき人物の噂を流され、複数の地元住民からも誰何され逃げ回る羽目になる。その手回しの良さに、ななかに嵌められたらしいと勘づくが、これ以上噂が広まっては面倒になると判断して、神浜を後にする。

後日、穏やかでないキリサキさんのウワサが神浜市から流布するのだが、それがさらなる悲劇につながるのは、もう少し先のこと…(ただしこれはマギレコ独自の設定)

(個別ストーリーではマギウスの翼とも接触しており、黒羽根数名の他に梓みふゆアリナ・グレイとも接敵している。また、上記策を仕掛けた当人は既にスズネが何者かの手で歪められていることを暗示していた。なお、原作以前の時間軸ということもあって同時期に神浜市を訪れた詩音千里成見亜里沙とは接触しないままイベントは終了する)

最期

ネタバレ含む










自分の意志で行っているかに見えた魔法少女抹殺は、彼女を椿のを奪った者として付け狙う日向カガリの策略であった。
亜里紗との戦闘中、突然現れたカガリによって、自身が凶行へ走るに至った決意が彼女によって捏造されたものだという、真実を突き付けられ、これまでに4人の命(*)を奪ってしまった罪悪感に襲われ、絶望しかける。
しかし、自身を操ってきたカガリへの負の感情により立ち上がり、彼女へ戦いを挑むも、心身ともにボロボロの上、彼女の魔法によって翻弄され、窮地に陥る。
最終的には、加勢した茉莉によって救われ共闘。彼女のサポートによりカガリを追い詰める。カガリが魔女化した後は茉莉を救うために魔女カガリを倒す。グリーフシードで茉莉を救った後、茉莉に感謝され自害した。彼女の意思は茉莉に受け継がれることとなる。

関連イラスト

すずね
魔法少女すずね☆マギカより 天乃すずね
天乃鈴音
あまのすずね
あ☆ん☆さ☆つ
すずね


関連タグ

魔法少女すずね☆マギカ 闇墜ち
歪んだ正義洗脳
呉キリカ紅晴結菜…殺人鬼魔法少女つながり。前者は自らの主人の障害となるもの、後者は歪んだ復讐心により一勢力を率いて自らの復讐の対象にしかその刃を向けないが、洗脳ではなく自らの意思で平気で他者を殺める点においては危険度は鈴音といい勝負であろう。(もっともその洗脳設定も途中で追加されたものであるのだが)。
飾利潤…魔法少女衣装が似ている。

*2話で彼女が読んでいた新聞によると、1話で殺害した穂香佳奈美が3人目の犠牲者だとされているため、本編開始時点で、すでに2人の魔法少女を手にかけていることになる。
更にマギアレコードではとある街の魔法少女を一人残らず皆殺しにしたという事実が自身の科白で語られる。それを合わせれば軽く二桁には確実に登る魔法少女がその凶刃にかかり、理不尽に命を狩り取られた計算になる。
更に言うなら、それは即ちその街に於いて魔女から人々を守る者は一人もいなくなったという事である。 

御影神牙…特撮作品・神ノ牙~JINGAの登場人物。真っ当なな人物だったが自身の悲惨な経験の果てに手にした仮初の力(鈴音の場合は使命だが)に溺れ、歪んだ正義を暴走させ、同胞たる魔戒騎士達を殺しその果てに黒幕に真実を突きつけられ絶望の淵に追いやられ消滅したという鈴音との類似性を多く感じさせる人物。

関連記事

親記事

茜ヶ咲中学校 あかねがざきちゅうがっこう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天乃鈴音」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 423743

コメント