ピクシブ百科事典

奏遥香

かなではるか

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のスピンオフ漫画『魔法少女すずね☆マギカ』の登場人物。
目次[非表示]

CV松井恵理子マギアレコード

概要

成見亜里紗(アリサ)、詩音千里(チサト)、日向茉莉(マツリ)らの先輩で4人のリーダー格の魔法少女

キャラクター

朝の挨拶運動に積極的に取り掛かるなど周囲からの人望も厚く「完璧な生徒会長」として周囲から慕われている。中学3年生でアリサ達より1つ学年が上。故にチサトからは「先輩」と呼ばれ慕われていた。その傍ら魔法少女として善行を積む。

容姿は金髪(または黄髪)ロングのストレート。制服時、変身時ともにタイツを着用している。また、どことは言わないが、大変立派なものをお持ちである。

魔法少女として

変身後は髪型がストレートから先端部を結んだものに変わり、修道女を思わせるようなデザインの服に身を包む。また、帽子には目玉模様のような意匠が施されている。変身後のソウルジェムの位置は胸元やや上方(デザインの違い上ぱっと見だと分かりづらいが、見比べると鹿目まどかのそれよりやや上部についているのが分かる)。

戦闘スタイルは分割可能なダブルセイバーによる白兵戦と、敵の視線を惹きつける魅了魔法を駆使するテクニック型。セイバーは分割状態では護拳のついたもの。また、この剣は柄の根元同士で連結させることができ、両手持ちの短槍へ変化させた際には、攻め手に刺突攻撃が加わる。

マギアレコードではさらなる戦闘スタイルが描写され、分割した二振りのセイバーからソニックブームを放つ攻撃が加わった。

本編での動向

勉強や生徒会長としての仕事に勤しみながら、時折魔法少女として仲間と共に魔女や使い魔と戦い、町の平和を守る。少し変わった――しかし魔法少女としてはごく当たり前の日常を過ごしていたハルカ。

「キリサキさん」なる存在の噂――十代の少女のみが異様な大きさの刃物で斬殺されその前後には鈴の音が聞こえる、という噂に、被害者の正体が魔法少女ではないかと推測を建て、「キリサキさん」に警戒するようにマツリ達に警告し、また、放課後のパトロールでは改めて警戒するようマツリ達に呼び掛ける。だが、それ以外はいつも通り。万が一チームの誰かが異変に遭遇したら迂闊に動かず、仲間の合流を待つ。いつもそうしてきたし、その日もそれで良い。そのはずだった。

しかし、チサトがキリサキさん――天乃鈴音(スズネ)に暗殺されてしまった事で彼女自身の歯車も狂いだす。

学校では、生徒会の仕事で普段なら犯さないようなミスを犯し、廊下でスズネをチサト暗殺の件で問い詰めるも、魔法少女が世間に周知されておらず、また証拠も不十分な以上、大人には妄言として切り捨てられるだけ、と突き放され、感情の行き場を失う。

その後、チサトの告別式で、昨晩の戦闘時、結果としてチサト(の遺体を)置き去りにする形になってしまったことに対し感情を爆発させたアリサの八つ当たりに等しい言葉に、思わず涙を流すなど精神的に追い詰められてしまう。

そして、注意がおろそかになった結果、魔女の結界に取り込まれてしまい、魔女との戦闘で過去のトラウマを抉られる。

ハルカの「願い事」


(第1巻終盤および第2巻以降のネタバレ注意)













まだハルカが幼かったころ、ハルカには奏可奈多(カナタ)という姉が居た。カナタは(そしておそらく両親も)ハルカを愛していたが、ハルカの目にはいつも、周囲の人々から称賛を受ける「完璧な」姉の姿が映っていた。そして、そんな姉の姿に、幼い日のハルカは劣等感を抱いていた。

そこに一匹の不思議な生き物が現れた。そう、キュゥべえである。契約を迫るキュゥべえに対し、ハルカが願った事はマギカシリーズにおいても屈指のブラックな願いだった。

その内容は「お姉ちゃんを消してほしい」というもの。契約が履行された事によりカナタは存在そのものが消滅。ハルカ以外の人間の記憶からもカナタという存在が消えてしまう。

当時のハルカは「願い事が叶う」というキュゥべえの言葉を全くと言っていいほど信じておらず、「どうせ願いなんて叶うわけがない」、「叶わないなら少しぐらい不満をぶつけたってかまわないだろう」という軽い気持ちで願いを口にしただけであり、その場の勢いでキュゥべえと契約したにすぎない(もっと言えば、実際に願いの効果を確認するまでは「ぬいぐるみみたいな変な生き物と話をした」程度の認識しかなかったであろう)のだが、以後この願いを後悔し自己嫌悪し続けている。

彼女が善行を積み続けたのは姉をこの世から存在を消してしまったことに対する贖罪であり、また姉の存在を消す=殺してしまったことで、自身を姉のような人物にならなければいけないと思い込み行動していたことから自分の存在をこの世から消し、彼女自身が姉そのものになろうとしていたのかもしれない。

キュゥべえが「大概の子は二つ返事で契約する」と言っていたが、その「大概の子」に当てはまると思われる。

そして、チサトの死と姉を消してしまったトラウマによってハルカのソウルジェムは黒く濁りきり、そしてアリサ・マツリの目の前で魔女と化してしまう。

マギアレコード

魔法少女としても学生としても、精力的に善行に勤しむ聖人君子のような魔法少女。
学校では勉強においてもスポーツにおいても優秀な成績を収め、
さらには生徒会役員までも務めている。
魔法少女のチームにおいても皆を統率する、まさにリーダーの鑑。
マギアレコードのプロフィールページより)

性別女性
出身地ホオズキ市
学校茜ヶ咲中学校
年齢学年15歳中学3年生
肩書き魔法少女
願い事お姉ちゃんを消してほしい
固有魔法魅了
キャラクターデザインGAN
声優松井恵理子

ゲーム上の性能

基本データ

属性
タイプサポート
イラストレーターGAN
実装日2018年10月31日(★3~4)、2021年1月12日(★5)
外伝コラボイベント「Rumors in Disguise」開催にあわせて、限定ガチャでのキャラクターとして実装。同イベント復刻開催にあわせて★5とドッペルが実装される。

ディスク構成
AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×2×1×1×1

最大ステータス
レアリティレベルHPATKDEF
★3Lv.6016,5764,7994,718
★4Lv.8021,6296,2746,164
★5Lv.10025,0077,7547,616

コネクト「必ず完璧に支えてみせる」
レアリティ効果
★3攻撃力UP[V]&必ず魅了
★4攻撃力UP[VII]&必ず魅了
★5攻撃力UP[IX]&必ず魅了

マギア「アテンション&リリース」
レアリティ効果
★3敵単体にダメージ[III]&攻撃力DOWN(敵単/3T)&ダメージカット(自/3T)&必ず挑発(自/1T)
★4敵単体にダメージ[V]&攻撃力DOWN(敵単/3T)&ダメージカット(自/3T)&必ず挑発(自/1T)
★5敵単体にダメージ[VII]&攻撃力DOWN(敵単/3T)&ダメージカット&HP自動回復(自/3T)&必ず挑発(自/1T)

ドッペル顕示のドッペル
レアリティ効果
★5敵単体にダメージ[IX]&攻撃力DOWN(敵単/5T)&ダメージカット&HP自動回復(自/3T)&必ず挑発(自/2T)

専用メモリア「見せられなかった絵」
今まで描いた中で一番よく描けた絵
「パパたちにも見せてこよう!」
膨らんでいた気持ちはすぐにしぼんでしまった…
皆が期待しているのは、お姉ちゃんだから

  • 基本データ
    レアリティ★3
    タイプアビリティ
    装備可能奏遥香
    イラストレーターくらは

  • ステータス
    レベルHPATKDEF
    Lv.14664660
    Lv.20------0
    Lv.401,1651,1650

  • アビリティ「クライシス・シールド」
    特殊能力効果
    通常瀕死時防御力UP[I]&防御力UP[II]&ダメージカット状態[II]
    限界突破瀕死時防御力UP[II]&防御力UP[III]&ダメージカット状態[II]

『マギアレコード』における動向

魔法少女ストーリーではキリサキさんのうわさを聞き、神浜市へ調査に向かう。そこで仲の悪い姉妹と出会い、妹の方が姉の存在が消えることを望んでいたことから、自身と姉カナタの悲劇を繰り返さないために奮闘する。
なお、時間軸については、中央区が健在なこと、彼女たちが巻き込まれた事件から、少なくとも1部1章から半年前~1部8章以前と推測できる。

なお、彼女の初登場ムービーはこれまた
自慢のプロポーションを全面に押し出した気合いの入ったものである。
胸(揺れる)→尻と映し出され、止めに笑顔からのウィンクで我々の心を魅了しにくる。

関連動画


関連イラスト

奏遥香
すずね✩マギカ  奏遥香
奏遥香さん



関連タグ

魔法少女すずね☆マギカ
巴マミ…金髪、抜群のプロポーション、中学3年、先輩繋がり
遊佐葉月…中3とは思えない抜群のプロポーションと金髪つながり。
エリザ・ツェリスカ…外伝作品の金髪巨乳担当と共通点多し。
水波レナ…外伝作品の魔法少女で中学3年、自分自身に強い嫌悪感を持っており、変身願望があるのが共通。
史乃沙優希…変身ムービーのBGMが同じ、巨乳つながり。
更紗帆奈…人を消す願いを叶えた魔法少女つながり。

関連記事

親記事

茜ヶ咲中学校 あかねがざきちゅうがっこう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「奏遥香」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 469019

コメント