ピクシブ百科事典

成見亜里紗

なるみありさ

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のスピンオフ漫画『魔法少女すずね☆マギカ』の登場人物。
目次[非表示]

CV:植田佳奈(マギアレコード)

概要

茜ヶ咲中学校に通う、中学2年生の魔法少女
勝気で喧嘩っ早い性格。体を動かすのが好きで、反対に勉強は嫌い。
仲間である詩音千里(チサト)を殺されたことによって、天乃鈴音(スズネ)と対立するようになる。

かつては校内でいじめのターゲットにされていたのだが、キュゥべえに出会い、「強くなって皆を見返したい」という願いで契約を果たした。
類例はあるものの、魔法少女の力そのもの(≠特殊能力)を得ることを願ったケースは彼女が初)
以降は力に物を言わせ、横暴に振る舞うようになったのだが、内心では、結局孤立した状態から脱却できなかったことに対し、空しさを覚えていた。
しかし、彼女を諌めようと現れたチサトとの対決を経て、魔法少女の仲間達と出会い、良好な交友関係を築くようになった。
こうした経緯から、特にチサトとは仲が良く、親友同士と言っていい間柄となっていた。

しかしスズネと戦ううちに、魔法少女の真実を知ったアリサは、低俗な願いで人間を辞めてしまったことを後悔するようになる。
自分を見失いかつての振る舞いに戻ってしまった彼女は、唯一残った「親友の仇を取る」という動機に従い、スズネに襲いかかるのだった。

魔法少女としての能力

イメージカラーは赤。ソウルジェムの位置は背中。
武器は大鎌で、魔法少女の身体能力を活かした、アクロバティックな近接戦闘を得意とする。
更に固有魔法として、自らの身体能力を強化する、「ブーストアップ」を用いている。ただしあまり使いすぎると本人の体力がさらに消耗してしまうというリスクもある。

マギアレコード

茜ヶ咲中学校に通う魔法少女4人組のひとり。活発な性格で勉強嫌い。
ガサツな言動を千里によくたしなめられている。
魔法少女になる前は現在とはまったくイメージの違う、おとなしく気弱な少女だった。
マギアレコードのプロフィールページより)

性別女性
出身地ホオズキ市
学校茜ヶ咲中学校
年齢学年中学2年生14歳
肩書き魔法少女
願い事強くなって皆を見返したい
固有魔法不明
キャラクターデザインGAN
声優植田佳奈

基本データ

属性
タイプバランス
イラストレーターGAN
実装日2018年5月1日


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×1×1×1×2


最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★3Lv.6014,5304,9714,672
★4Lv.8019,1206,5466,145


コネクト「ハンパな力じゃやられるよ」

レアリティ効果
★3攻撃力UP(Ⅴ)&防御力UP(Ⅴ)
★4攻撃力UP(Ⅶ)&防御力UP(Ⅶ)


マギア「フルブースト・コンバット」

レアリティ効果
★3敵単体にダメージ(Ⅲ)&攻撃力UP(自/2T)&防御力UP(自/2T)
★4敵単体にダメージ(Ⅴ)&攻撃力UP(自/2T)&防御力UP(自/2T)&確率でクリティカル(自/2T)


ドッペル

未実装。

専用メモリア「負けない力を求めて」

強い者が勝つ、弱い者は負ける…これは世の中のルールだ
アタシは弱かったから、いつでも負ける側だった
だから力が欲しかった…誰にも屈しない力が!
やがて私が、ゲームオーバーになる前に…

基本データ

レアリティ★3
タイプスキル
装備可能成見亜里紗
イラストレーターかにぱんだ


ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.14820441
Lv.207320661
Lv.401,20501,102


スキル「ブルームライズ」

特殊能力効果発動ターン
通常攻撃力UPⅣ]&防御力UPⅢ](自/3T)6T
限界突破攻撃力UPⅤ]&防御力UPⅣ](自/3T)5T


ある日、千里はクラスメイトが見せたツイッターの画像に、父が描いた絵本があったことを知る。今となっては希少価値の出てきたその本のストックが家にないかとクラスメイトは千里に詰め寄るが、その様子を見た亜里紗はクラスメイトを追い払う。
亜里紗も知るように絵本には複雑な思いを抱える千里だが、話題に上がった絵本は千里が大好きだったものだと話す。それを探すため、亜里紗は千里とともに神浜市へ向かう。

最期

鈴音との戦闘中、鈴音が行っていた魔法少女殺害の本当の黒幕にして茉莉の双子の姉である日向華々莉(カガリ)に殺害される。
結局、彼女もまた親友達の仇を殺すどころか、仇の手の平で踊るピエロであった。

関連タグ

魔法少女すずね☆マギカ

pixivに投稿された作品 pixivで「成見亜里紗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 183639

コメント