ピクシブ百科事典

優木沙々

ゆうきささ

優木沙々とは、「魔法少女おりこ☆マギカ」のスピンオフ作品、「魔法少女おりこ☆マギカ〜symmetry diamond〜」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

容姿

髪型はショートボブで、首辺りで跳ねている。たこさんウィンナーではない。
髪の色はくすんだ黄色。本誌で登場して以来、長らくカラーイラストが公開されていなかったので、ファンの想像で塗られることが多かった。
胸の大きさはあまり安定していない。私服姿では呉キリカ位の大きさで描かれているのだが、キリカの胸は変身後には強調されているものの、逆に沙々の胸は変身後は控えめに描かれている。
ソウルジェムの色は不明。シンボルマークはおそらく円で、変身後は帽子のポンポンになる。

人物

佐倉杏子と同じ、風見野市からやって来た魔法少女。自らの実力に自信があり、見滝原の魔法少女達を蹴散らそうと画策している。
反面、自分より優れた人間に対しては、強烈なコンプレックスを抱いている。その憎悪に影響されてか、本心はかなり腹黒い。やっぱり変顔持ち。
口も悪く、「いってーェ」や、キリカに対して「真っ黒なゴキブリさん」と言い放っている。
美国織莉子に近づいている時は、彼女を慕っているようにふるまっていて、「あわわ」とか言ってる。
もっとも、突き詰めればただの性悪女に過ぎず、新約「sadness prayer」で本物の狂気に染まったキリカを見た時には、ドン引きした上軽く震えていた有り様だった。
新約ではまた、織莉子に「わたしはキリカにも貴女にも傷ついて欲しくないの。折角仲間になれたのだもの」と言われてジ~ンとするなど、また違った一面が見られる。もっともその直後、心中で(織莉子は洗脳して仲間にしてやってもいいかな)と言っていたあたり、やっぱり沙々ちゃんは沙々ちゃんであった。

魔法少女としての能力

魔法少女姿は、黄色を基調とした道化師の様な服。武器は杖で、いかにも魔法少女らしい。近代的なデザインで、魔力の球体を出して攻撃が可能。

固有魔法は洗脳。お嬢様学校の生徒や魔女など、自分より優れている存在・強い存在を操ることができる。
キュゥべえに対して「自分より優れた者を従わせたい」と願ったことから、この魔法が発現した。
作中ではこの魔法によって織莉子を洗脳し、昔からの親友を装って、暗殺を目論もうとしていた。
一方、キリカに対してはこの魔法を使用していない。描写がないので真相は不明だが、平凡な家庭の生まれであるキリカには、そもそも通用しない可能性がある。

固有魔法や、それによって操っている魔女達の強さに反比例するかのように、本人の戦闘能力は低い。その性質上、固有魔法はどこまで行っても借り物の力しか使えないことになる。また、魔法少女相手に魔女を操って戦った場合、魔女が倒されると、落としたグリーフシードによって相手の魔法少女がソウルジェムを浄化できるため、かえって戦況を不利にしてしまうというリスクも持っている。

キャラクター

自らの縄張りの拡大を狙い、まだ契約してから日が浅い織莉子・キリカの殺害を企てた。
それぞれを各個撃破するべく暗躍し、キリカを撃破するまでには至っていたのだが、彼女が生き延びていたことによって計画が破綻。
それでもキリカと織莉子を分断し、キリカを話術で騙し織莉子に大量の魔女をけしかけたが、織莉子の戦闘能力をあまりに過小評価しすぎていたため2対1の戦況に立たされ逆に沙々自身が追いつめられてしまう。
形成不利と見た沙々は、その場に居合わせた千歳ゆまを盾に逃走しようとしたのだが、
魔法少女の真実」を織莉子から告げられたことにより、その恐怖からソウルジェムを砕いて自殺してしまった。

新約「sadness prayer」にも登場。派手に悪さをし続けたことで、風見野の魔法少女達から目をつけられており、彼女らを倒すための手駒とすべく「魔法少女殺し」を探しにやって来た。
当の本人であるキリカと、その主人の織莉子と相対することに成功した沙々は、彼女らの協力を取り付け、風見野からの追手を一掃することを画策する。
そしてこの作戦と同時に、織莉子から友人であると説明されたまどかを、自らの魔女結界のある場所へと呼び出すよう指示され、実行していた。
しかし交戦中に、自分達の目の前で、追手のリーダー格・人見リナが魔女化。一時休戦しこれを撃破する。
状況から織莉子がこれを仕組んだと悟った沙々は、彼女をも攻撃し殺害。更にたまたま鉢合わせたまどかをも殺そうとしたのだが……何者かの設置した爆弾によって、魔女結界諸共吹き飛ばされてしまった。
ちなみに織莉子を殺したと思われた攻撃も、ソウルジェムではなく頭部を狙っていたため、命を奪うには至らず不発。結局何の成果も上げられず、生涯を終えてしまったことになる。

評価

他人を巻き込んで自爆することもなく、魔女化するような自暴自棄にもなりきれなかった彼女は、既存のマギカシリーズでは珍しく、大きな希望も絶望もないまま、不完全燃焼の炎のように消えていった。ある意味では、「恵まれない者の孤独な自滅」という最も辛辣な最期と言えるかもしれない。

当シリーズの魔法少女では比較的珍しい『根っからの下衆』である事に加え、レア属性である『小物』まで持っているため、ファンの一部でカルト的な人気がある。

関連イラスト

優木沙々
くふふ



関連タグ

魔法少女おりこ☆マギカ 魔法少女おりこ☆マギカ〜symmetry_diamond〜
御崎海香/日向カガリ:沙々と同じく記憶操作能力持ち
聖カンナ:同じく魔女を操れる
巴マミ/由比鶴乃:同じくイエローヒロイン

ぶりっ子

ササヒラー魔法少女さやか☆マギカ~ハートフルストーリー~シリーズにおける愛称
クズにゃんまどTASにおける愛称

神浜市(マギアレコード)…魔法少女達がチームを組み助け合う本作において、彼女のポジションはその親切が身に染みて改心するか、ないし逆に悪意を助長させるかのどちらかしかない。

pixivに投稿された作品 pixivで「優木沙々」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156896

コメント