ピクシブ百科事典

十咎ももこ

とがめももこ

十咎 ももこ(とがめ ももこ)とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である。
目次[非表示]

「気にするこたぁないさ。お姉さんに任せときなって!」

概要

ひよっこ魔法少女たちのピンチを救ってくれる、姉御肌な魔法少女。
男兄弟に挟まれており、本人もざっくばらんで男っぽい性格。
しかし、実はぬいぐるみなどの可愛いものが好き。
可愛いものに憧れる気持ちから、女性アイドルのファンでもある。
(『マギアレコード』内アーカイブ「魔法少女」 & 公式サイト内のキャラクター紹介より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地神浜市
学校神浜市立大附属学校
年齢学年16歳高校1年生
肩書き魔法少女
願い事好きな人に告白する勇気がほしい
固有魔法不明
キャラクターデザイン蒼樹うめ
声優小松未可子


人物像

男勝りで姉御肌な少女。
兄と弟がおり、男兄弟に揉まれたことで男っぽい性格になってしまったことには自覚がある様子。
一方で実家では家事全般を請け負っているようで、家事スキルは高い。
比較的長身な方で、3つ歳上の七海やちよと、背丈がほぼ変わらない(参考として、やちよの身長は165cm)。胸も大きいが、スタイルに関しては、彼女に嫉妬したくなる部分もある様子。

普段は学校の後輩である水波レナ秋野かえでと3人でチームを組んで活動しており(ももこは高校生、レナとかえでは中学生だが、彼女たちが通う神浜市立大附属学校は中高一貫校であるため同じ制服を着用している)、面倒見の良さからチームのリーダーを務めている。特にレナとはアイドル好きで趣味も合う。
基本的に気さくで面倒見がよく、世話焼きだが、一方で頑固で脳筋な面があり、一度頑なになると人の意見を中々聞き入れず、また考え方が単純で力任せになることが多い。

本来にして可愛いもの好きで女の子らしい趣味趣向をしているのだが、前述の男勝りな性格のために自分には不相応だと自己否定しており、そういったコンプレックスから趣味と自己投影によってアイドルに強い興味を示している。
メモリア「PPPH!コールは完璧!」では、ややマニッシュな私服姿を見ることができるのだが、魔法少女服と同じような衣装構造になってしまっているので、だいぶ露出度が高くなっている。

ちなみに昔は魔法少女として、やちよに師事していた時期があったようだが、現在は喧嘩別れしているため彼女との折り合いが悪い。前述した頑固さも相まって、今では顔を合わせるたびに、ムキになって喧嘩腰になってしまう。
もっとも面と向かって虚仮にされると、「お前が七海やちよを騙るな!」と激昂することもあり、かなり複雑な感情を抱えている模様。
その後、メインストーリー第6章でやちよと和解。
以後、協力関係となる。

ソウルジェムをいじれる八雲みたまの常連客であり、たまに代金の代わりに彼女の頼みを聞いている関係でもある。

魔法少女として

武装は身の丈ほど巨大な剣…というよりは巨大な鉈を振り回すパワーファイター型。
その独特の形状がネタにされることも。

絶対先端刺さるよね



ゲーム上の性能


基本データ

属性
タイプバランス
イラストレーター蒼樹うめ(★4)、ササギコウシ(★5)
実装日初期実装(★4〜5)


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×1×1×0×3


ディスクは「ゴリゴリ」のチャージ偏重型。ついたあだ名がチャージゴリラ
コネクト効果「攻撃力アップ」「チャージ強化」と、「相手の防御力無視」という、組み合わせる相手によってはかなり強烈なもの。
同じくアクセル3枚のアクセルゴリラのレナと比較的偏重型のかえでと合わせてチームゴリラと呼ばれることもある。

最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.8021,5056,6947,011
★5Lv.10027,1018,4288,834


コネクト「おせっかいで何がわるい!」

レアリティ効果
★4攻撃力UP[Ⅶ] & Charge後ダメージUP[Ⅶ] & 防御無視
★5攻撃力UP[Ⅸ] & Charge後ダメージUP[Ⅸ] & 防御無視


マギア「エッジオブユニヴァース」

レアリティ効果
★4敵単体にダメージ[Ⅴ] & Charge後ダメージUP(全/3T)
★5敵単体にダメージ[Ⅶ] & Charge後ダメージUP & BlastダメージUP(全/3T)


「喧嘩売ったコト後悔しな!
 チームの絆を舐めるなァーッ‼」

英語表記は「Edge Of Universe」。すれ違いざまに切り裂いた後、高くジャンプして隕石のように相手に向かって落下する。
効果はやはり「全員にチャージ強化」。

ドッペル自戒のドッペル

レアリティ効果
★5敵単体にダメージ[Ⅸ] & Charge後ダメージUP & BlastダメージUP(全/3T)


「空回ってなんか…いないっての…!」

専用メモリア「アタシだって女の子」

男っぽい性格から、女の子同士の会話に入れてもらえないことも。
だがその中身は誰よりも女の子らしく、可愛いものが大好き。
似合わないと決めつけ卑下してしまう彼女がカミングアウトできるのは、いつになるのだろうか。

基本データ

レアリティ★3
タイプスキル
装備可能十咎ももこ
イラストレータースミカワ


ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.14200500
Lv.206300750
Lv.401,05001,250


スキル「チャージドロー」

特殊能力効果発動ターン
通常Chargeドロー15T
限界突破Chargeドロー13T


経歴

メインストーリー/アナザーストーリー

第1章

魔女の結界内で倒れたいろはを助けてくれた。
この時から既にやちよと仲が悪いところを見せている。

第2章

同じチームの秋野かえで水波レナが「絶交」するが、一向にどちらも謝らない。そこでももこはいろはを使って二人を会わせることに。しかし目論見は失敗し、意固地になるレナ。そこにかえで現れ「謝罪」してしまう。するとかえでは絶交階段のウワサに取り込まれ、ももこ達はかえでを助けるべく奔走することに。

第3章


第4章


第5章


第6章

やちよと一緒に戦っていたころのエピソードが語られる。
仲間だった安名メルが魔女になってから、やちよは変わってしまい、急にチームを解散すると言い出したらしい。

いろはとともに帰って来たやちよから真実を語られる。
やちよは自分と一緒に居ると仲間が死んでしまうと思い込んでいたのである。
自分の想像でみんなを振り回したことについて謝られるが、ももこはやちよに「ちょっと苦しいかも知れないけど」とひと言言うと…………………

 やちよが苦しがるほど強く抱きついた。
 やちよがはっきり理由を説明してくれなかったため、ももこはももこで「もしかしたら自分がなにかしたから怒っているんじゃないか」「それか、もしかしたらやちよさんが本当に他人のことを考えないような人間に変わってしまったんじゃないか」と、ずっと怖かったのである。

そのままひとしきり泣いた後は、いろは達と共にマギウスの翼に洗脳された仲間達を解放すべく今後のプランを練り始める。

魔法少女ストーリー

十咎ももこ

  • 第1話「狂犬少女」
    • 今日も魔女退治の日々。魔女を倒して元の場所に戻ってくると、そこには手を繋ぐのを恥ずかしがっているカップルの姿が。それを見てやきもきするももこ。実はそのカップルの男の子はかつての想い人だったのだ。
    • 失恋の痛みはアイドルのライブで忘れてしまおう!とLinkSというアイドルのライブ会場へ足を運ぶももこ。そこで座席トラブルにあっている水波レナに出会う。ももこは間に入って仲裁する。
    • ライブが開始される。だがソウルジェムに反応あり。どうやらトラブルを起こしている人物に魔女の口づけがされているようだ。早速変身し魔女の結界へ入るももこ。そこに先ほど会った魔法少女姿のレナと再び出くわす。タッグマッチで魔女を倒すことを決意する二人
    • いっつもそう。アタシってタイミング悪いんだ。もう笑っちゃうよ
    第2話「もっと違う自分だったら」
    • ももこの攻撃は効いているがレナのはちっとも効いてない。そこでレナが固有魔法でももこに変身。“ダブルももこ”で攻撃。無事魔女は退治された。レナの能力を褒めるももこだったが、レナは嬉しそうでない。もっと、違う自分だったらというレナに、ももこはかつての想いを思い出す。
    • その性格から男女問わず友達が多く、みんなから頼られる存在であったが、実は片思いしている相手に対して積極的になれない臆病な一面があった。
    • 男っぽいっていうコンプレックスが邪魔して恋愛に積極的になれない自分に、もっと違う自分だったらとももこは思う。これらのことをレナに話し、二人は連絡先を交換する。
    • うぇえ!?あの子も魔法少女だったの!?こんな偶然アリかよ!?
    第3話「グットタイミングのももこ」
    • あの日以来、レナとコンビを組んで魔女狩りを行うももこ。魔女狩りも終わり「今日も働いた働いたっ!」とおっさんくさい事を言うももこに「学校ではそういうこと言うのやめなさいよ?好きな人が同じ学校でしょ?」と問いかけるレナに、ももこは言葉を濁し、「終わった話だからさ……」とどこか寂しげに言う。
    • 男っぽくクラスのみんなには思われてるが、ももこは実は可愛いモノ好きという女の子らしい一面もあった。だがキャラじゃないとそのことを隠しているももこ。片思いの相手にだってあと一歩が踏み出せない。一歩を踏み出す勇気が足りないんだ、とももこは思う。そこに例のあいつが現れ……
    • そんなわけで、彼女が魔法少女になる際に望んだものはその男子に対して「告白する勇気」。しかし告白に向かったももこが見たものは、別の女子に告白され、それを受ける彼の姿だった……
    • これらのことを話し終えると、「っ……何で本当……毎回毎回……タイミング悪いかなあ」とももこの目には涙が浮かんでいた。レナは「ももこのタイミングの悪さなんて全部フォローしてあげる」とももこに慰めの言葉をかける。魔法少女になっていなかったらレナと一緒にいることもなかった、そういうことならきっとアタシはむちゃくちゃタイミングがいい奴に違いない……とももこは思うのであった。
    • 願いが何であれ、アタシは魔法少女になる運命だったのかなってさ


水波レナ

かえでをチームに加えたいとレナに話を持ちかける。が、レナはかえでとチームを組むのに抵抗があった。それはレナ自身の性格のコンプレックスが原因で……

秋野かえで

上記のストーリーをかえで目線で描く。

環いろは

鶴乃とフェリシアと共に竜城明日香の主催する魔法少女強化合宿にレナ、かえでと参加する。

七海やちよ

まだやちよとの仲が悪くなかった頃の話。やちよの家へかえでとレナとお邪魔する。

由比鶴乃

最強を目指す鶴乃の特訓に付き合わされるももこ達。へとへとになりながらレナがある提案をする。

期間限定イベント

みかづき荘のMerryChristmas

みかづき荘でクリスマスパーティーが開かれることになり、ケーキ調達係になったももこ。親戚のケーキ屋でいろは、レナ、かえでとバイトすることに。

水名神社でHappyNewYear!

水名神社の羽根つき大会で、レナとダブルスでエントリー。

アラカルトバレンタイン~みんなの気持ちの届け方~

2018年2月9日から配信。話数は22話から26話。シナリオ担当は蒼樹うめ

    • みかづき荘さなが来て、ももこがやちよと和解しようと思い始めてしばらく、バレンタインデーは神浜市にも近づいていた……
    • 男子も女子も色めきだっている中、ももこは自分は失恋したから関係ないと割り切っていた。仲間の一人であるかえではももことレナ二人に友チョコを贈りたいと言う。ももこはどうするのかとレナに聞かれ、「私も二人に友チョコかな……」と苦笑するももこ。そんなももこの様子をレナは不思議そうに見ていた。
    • 前に好きだった彼に対し未練はないとレナに言うももこ。未練はないが失恋したあの時のことを思い出すと想像以上に胸が苦しく、まだ心の傷は癒えていないらしい。
    • それから数日後、学校に奇妙な噂が立っていた。それは「バレンタインモンスターの噂」。それはチョコをあげようとすると学校の規則を破ったとして、二人の関係はモンスターに引き裂かれるという内容だった。その噂を聞き、神浜市に蔓延している「ウワサ」とは微妙に違和感を感じるももこ達。バレンタイン当日までウワサかどうか判明できないので、ももこ達は様子を見つつ情報を共有することにする。
    • しかしやはり早めに解決したいと独自に動き出すももこ。だが噂の出所ははっきりしない。ももこはある仮説を立て、レナに単刀直入に聞く。「あの噂を流したのって……もしかして、レナ?
    • 噂を広めたのはレナだった。レナがクラスメイトに変身し、噂を広めた。それは失恋経験のあるももこを気遣ってやったことだが、こんなに広まるとは思ってなかったらしい。レナの気遣いに感謝しつつ、やっぱりみんなが噂を気にせずバレンタインを過ごせる方が嬉しいももこは、とある提案をレナにする。
    • それは、新たな「うわさ」を作ること。バレンタインモンスターバスターの噂。それはバレンタインモンスターを蹴散らしてくれる乙女の味方、モンスターバスターが現れる。だから安心してチョコを渡せる……という噂。早速変身して広めてくるというレナ。これで一件解決……と思われたが、どうもモンスターバスターの噂は広がりが悪い。心配するレナに、ももこはこれでいいんじゃないと言う。
    • そしてバレンタイン当日。学校ではチョコをあげる生徒たちで賑わっていた。噂の影響は殆どなくレナは肩の荷を下ろす。レナは今夜集まろうと言う。やりたいことがあると。それは近くのスーパーのチョコを買い占めること。レナは自分が広めた噂のせいでチョコが売れ残っているんじゃないかと気になっていたのだ。
    • レナの精一杯の謝罪の仕方に、ももこもチョコ代半分出すという。沢山のチョコを買い、その中からレナはももことかえでに友チョコを渡す。ももこもレナとかえでに渡し終わった時、かつてのももこの初恋の相手が彼女からチョコを貰っている姿を目撃してしまう。
    • 見つからないように別の道を行くももこ達。かえでは言う。噂の影響があってもなくてもみんな楽しくバレンタインを過ごしたと。そうだねと同意するももこにかえではチョコを今食べてもいいかと聞く。レナとももこも食べることにし、雪の降る中三人はチョコを口にし、笑顔になる。バタバタしたが楽しいバレンタインになった。ありがとう、レナ、かえでとももこは心の中で二人にお礼を言うのであった。

関連イラスト

ここは私にまかせろ。

十咎ももこさん
三人
無題



関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ かもれトライアングル
佐倉杏子師匠と決裂した魔法少女つながり。
純美雨志伸あきらチャージゴリラつながり。最近は天音月夜も。

歌川ベニオ/レッドキング:男っぽい自分の性格と可愛いもの好きな嗜好のギャップに悩んでいるという共通点がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「十咎ももこ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 382878

コメント