ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

鏡の魔女の手下

かがみのまじょのてした

鏡の魔女の手下とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(使い魔)の一種である。
目次 [非表示]

概要

神浜市某所にある「鏡屋敷」の内部に棲む鏡の魔女使い魔


大きく分けて4種類が存在する。なお、親に当たる鏡の魔女は後に使い魔が成長した個体が登場。


魔女に成長寸前の個体は親の魔女から他の時間や時空を繋げる手鏡を渡される。


プロフィール

出演作品マギアレコード
分類鏡の魔女の手下
真名Kirico Keepersキリコ・キーパーズ
役割ベル係(Ⅰ)、監視(Ⅱ)、複製(Ⅲ)、DM(Ⅳ)
主人鏡の魔女
キャラクターデザイン原案:f4samurai、監修:劇団イヌカレー(泥犬)

構成員

鏡の魔女の手下Ⅰ

その役割はベル係

鏡屋敷にいるハウスキーパー達のひとり。

他の手下達同様、お客様のおもてなしが大好き。

お客様を発見するとベルを鳴らしながら、熱い抱擁で歓迎してくる。

その体はキャンバスで出来ており、お客様の情報をその身に写し取ることが可能。

勝手に拝借した情報はお客様を複製するときに利用されているらしい。


外見

ハンドベルを持ったイーゼルの姿。


鏡の魔女の手下Ⅱ

その役割は監視

鏡屋敷の防犯装置だが、お屋敷は不審者不遜者大歓迎。お客様に貴賎なし。

より遠くにいるお客様の姿も精密に撮影するため望遠レンズを強化したらしい。

そのおかげで遠くのお客様にもキスのごあいさつを投射できるようになった。


下記は修正前の説明文。


鏡の魔女の手下Ⅱ

その役割は監視

鏡屋敷の防犯装置だが、お屋敷は不審者不遜者大歓迎。

危険物条約検疫ノー検査で通してくれるため、その機能は監視というよりもお客様の複製を作るための情報収集という形で生かされている。

お客様を見つけるとキスのごあいさつでおもてなしする。


外見

レンズに青い唇がついた懐中電灯の姿をしている。


特に特徴的な手下

鏡の魔女の手下Ⅲ

その役割は複製

鏡屋敷にいるハウスキーパーのひとり。

お客様をおもてなしするために自身の体の中でゼリー人間を製造できる他、

クオリティの高いお客様の複製をつくることも可能。ただし、精巧な複製お客様を作るにはゼリー人間よりもかなり時間がかかってしまう。


外見

一つ目で舌をペロリと出した顔の金型の姿をしている。


特徴

訪れた魔法少女の「型」を取り、その魔法少女の映し身(つまり同じ能力のコピー)を生み出す。

Blast攻撃時はゼリー人間に突撃をさせる。


鏡の魔女の手下Ⅳ

その役割はDM

結界の外でミラーズ・鏡屋敷への招待状を配って回る手下。魔法少女を見つけると殺傷能力のある招待状を投げつけてくるが、ご招待したい気持ちは本物。

ただ、死んでいた方が運びやすくて便利くらいに思っている疑惑はある。


外見

ご招待!

郵便袋の上に手紙を咥えたバク)が乗り、さらにその背中にテーブルとコーヒーカップが乗ったような姿。


特徴

住処から出て他の魔女の結界に入り込み、そこで戦っている魔法少女に向かって自身の結界への招待状を投げて来る。なお、この『鏡の招待状』はゲーム上では覚醒アイテムの一つとして扱われている。


活躍

メインストーリー第二部『集結の百禍編』

はじまりの記し

過去にかごめに対し、魔法少女を滅ぼす為の誓約書を押し付ける。


結ぶ永久の彩り

主の目的を果たすべく、果てなしのミラーズを分解して得た魔力を一箇所に運び、主が過去に飛べるぐらい大きな鏡を制作。


魔法少女ストーリー

八神はやて

Magia Clash!〜魔法少女リリカルなのはdetonation〜での出来事。はやてのコピーをとり、全ての偽物をあぶり出そうと魔法少女が奮闘する。


鏡の国のショコラティエ Part2

マップ上に現れ、タップする事で倒せる。その際魔女が現れることがある。


テレビアニメ版

第2期6話でマギウスによってキレーションフェントホープに集合していた。


余談

名前の由来は切子(ガラス細工)を守る者だろうか。


関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ

使い魔(魔法少女まどか☆マギカ) 鏡の魔女

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1421

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました