ピクシブ百科事典

象徴の魔女の手下

しょうちょうのまじょのてした

象徴の魔女の手下とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(使い魔)の一種である。
目次[非表示]

概要

象徴の魔女の手下
その役割は繁殖
人間から奪った生命力に応じ成長し姿を変えると言われる象徴の魔女の手下達の中で、イス憑きと呼ばれる種類。
他魔女の手下に比べごく僅かな生命力を元に様々な姿へと何段階も成長する。
繁殖そのものを目的としており、ある程度成長した者は魔女にならずとも自身で新しい手下を産み落とすことが出来る。椅子を形どり、その利便性と完成されたフォルムを噛みしめて成長している模様。
(『マギアレコード』内の魔女・ウワサアーカイブ#115〜#118より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
分類象徴の魔女の手下
真名Echoエコー
役割繁殖
主人象徴の魔女
キャラクターデザイン原案:f4samurai、監修:劇団イヌカレー(泥犬)


外見

Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳの4種類が存在し、それぞれ基本的な姿が異なる。また、種類が同じでも個体ごとに配色に違いがみられる。

卵のような物体をした頭部から2本の足が生えているといったような頭足人のような風貌。頭部の正面には穴がある他、耳に当たる部分には何らかの飾りのようなものがある。
脚部は水玉模様の灰色タイツで覆われており、ハイヒールを履いている。
頭頂部にある飾りは属性によって形状が異なる。

頭部が横倒した卵のような形状となっている。頭部の下部からはイスの脚のようなものが3本、後頭部からはイスの背もたれのようなものが生えている。
それ以外に下部からホイップクリームのようなツイスト状の胴体(?)が生えている。
頭部の飾り付けやイスの脚の形状・配色は属性によって異なる。

4脚イスの着座部分がゆりかご状となった姿をしており、ゆりかごの中にアメーバ状の物体が満たされている。アメーバ状の物体が伸びて頭部のようになっている。
背もたれの色やゆりかごの装飾、頭部の飾り付けは属性によって異なる。

白色の4脚イスに人が座っているという姿。しかし、頭部は人のものとは別の形となっている。

特徴

神浜市に出没する使い魔。親に当たる象徴の魔女は2017年12月25日時点で劇中未登場。
また、Ⅳも2018年5月時点で劇中未登場だが、アーカイブからの確認は可能。

口から短い帯状のビームを発射して攻撃するが、Ⅰが単体を狙って攻撃するときはジャンプで移動してキック攻撃を行う。

基本的に強化結界で戦う相手であり、倒すと属性に対応したジェムを落とすことがある。

亜種

象徴の魔女の手下(金)

強化結界で稀に現れる。属性はライト。倒すとカースチップを多く落とす。

経歴


関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ
使い魔(魔法少女まどか☆マギカ) 象徴の魔女

コメント