ピクシブ百科事典

みかづき荘

みかづきそう

「みかづき荘」とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場する屋敷である。
目次[非表示]

概要

神浜市に所在する大きな屋敷(邸宅)で、七海やちよの自宅。名称が判明したのは、期間限定イベント「みかづき荘のMerry Christmas」が初めてである。

元々はやちよの祖母が宿泊施設(下宿屋)として使用していたが、後に祖父母からやちよが譲り受け、メインストーリーの1年前の時点ではやちよが一人暮らしをしていた。メインストーリー第4章第7話のラストで環いろは深月フェリシアが同居することになり、同第5章第7話からは二葉さなも同居している。このほか、由比鶴乃も頻繁に食事をしたり泊まったりしているため、実質的に半同居状態となっている。第10章エピローグからはいろはの妹ういも住むようになる。
こうした事もあり、ここの住人のチーム名称も建物の名にちなんで「チームみかづき荘」となっている。

また、一時的に保澄雫が住人になっていた時期があるほか、過去にはやちよの幼なじみである梓みふゆを始め、共にチームを組んでいた雪野かなえ十咎ももこ安名メルも頻繁に出入りしたむろしていた。
ももこはやちよとの関係修復以降水波レナ秋野かえでと共に再び来るようになっており、マギウスの翼による一連の事件が終わって以降はやちよとの関係が修復したみふゆをはじめ、元々環姉妹と仲の良かった里見灯花柊ねむ、彼女達に関わる柊桜子も訪れるようになっている。

ちなみにここの住民は、本家まどマギの魔法少女たちと同様、全員「苗字の読みが女性名」になっている。

住人

名前備考
七海やちよ家主
環いろはやちよの助手、のちにチームのリーダーに
深月フェリシア専属の傭兵
二葉さな座敷わらし
由比鶴乃実質的に半同居状態
環ういいろはの妹
小さなキュゥべえマスコット


クレセントハウス

みかづき荘はいろは達が住んでいる以上、他の魔法少女にも周知されている場所であり、すなわち敵対勢力であるプロミストブラッドネオマギウスからいつ襲撃を受けてもおかしくない状況にある。そこで第2部第4章第4話終盤以降は灯花が提供する形で里見グループが保有するシェルター機能を持つ隠れ家に移り住んでいる。そしてみかづき(=三日月=Crescent Moon)荘から「クレセントハウス」という名称が付いている

本来は有事の際に神浜市の要人や里見グループ関係者が避難できるように整備されており、地上の平屋は一般的な生活を送れる住居ではあるものの、地下シェルター内部には治療目的のメディカルルームや施設管理用のスーパーコンピュータも用意されている。

いろは達みかづき荘の住民はもちろんのこと、灯花とねむもここを拠点としてさまざまな研究、中でも佐鳥かごめに関する実験などを行っている。なお、施設の性質上、現時点では具体的な所在地は明かされていない。

関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ
チームみかづき荘/ななみけ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「みかづき荘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126099

コメント