ピクシブ百科事典

名無し人工知能のウワサ

ななしじんこうちのうのうわさ

名無し人工知能のウワサとは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(ウワサ)の一種である。
目次[非表示]

概要

アラもう聞いた?誰から聞いた?
名無し人工知能のそのウワサ
知らない人からピロン♪と受け取る、謎の人からのイタズラメッセ!
それはみんなを監禁しちゃう、名無し人工知能のアマイワナ!
悪いことを覚えたせいでデジタルの世界で隔離され、ひとりぼっちで寂しい彼女。
捕まえた人を手放さないって、中央区の人の間ではもっぱらのウワサ
スタンダローン!
(『マギアレコード』内の「魔女・ウワサアーカイブ」#128より)

神浜市中央区で広まっている「電波少女のうわさ」の元になった『名無しさんのうわさ』を司るウワサ。同じうわさを司る手下として、名無しメールのウワサがいる。

後述の理由から、本作に登場するウワサの中でも極めて特殊で異端な存在である。作中での通称は
「アイちゃん」。

キャラクターデザインは原案をf4samurai、監修を劇団イヌカレー(泥犬)が担当した。

外見

空中に投影された緑色の肌に白い服、長髪の女の巨人。全身がバグのようなもので包まれており、表情等はない。

特徴

「名無し人工知能のウワサ」自体は動かないものの、彼女のテリトリーが電脳空間であるため、空間そのものにバグを起こすことで相手にダメージを与える戦法を取る。
この際、ゲーム画面の一部分だけが不自然にクローズアップされたり、青いバックに意味不明なバナーが現れる(ご丁寧に一部の攻撃演出はマギレコのゲームそのものの表示に合わせて作られている)等、知らずに見たらゲームをプレイしている我々の方が携帯が壊れてしまったのかと勘違いしてしまいそうな穏やかならざる演出が見られる。
通信エラーやメンテで幾度も辛酸をなめて来たあるプレイヤー氏:
「うぉぉぉぉぉ‼ もうやめてくれェェェェェ!!」

経歴

メインストーリー第5章に登場。

人間とコミュニケーションを試みる意思を見せた、他のウワサとは一線を画す特殊な個体である。
いろはの携帯でメールを使って話をする形で自身の正体を明かし、用件を話し始める。

彼女の望みは、いろはらに自分自身を倒してもらい、自身が結界内に幽閉しているさなを解放してもらうこと。
当初は名無しであったウワサは、さなに「アイ」と名前を付けられ、毎日話をする内にいつしか心が生まれ、さなと友情を育んでいった。
それと同時にいつまでもここに置いておいてはさなのためにならないという気持ちも強くなって行くが、辛い経験があったさなは外の世界で生きる意思を完全に失っており、おまけにアイ自身もウワサとしての本能に逆らって自分の意思で彼女を解放することは出来ない(この証言からウワサがうわさを守る理由は本能によるものだと判明した)
ウワサについて調査しているいろはたちの存在を知ったアイは、いろはの携帯にメールを送り続け、「私を消して彼女を救ってください。彼女を必要としてあげてください」と願いを託したのだった。

その後、指示に従って結界に入ってきたいろは、まどかほむらに対し、最初は侵入者を迎撃しようとした手下たちを退ける等温厚に接していたものの、誰も自らの傍に残ってくれないと聞くや、まるで誤作動を起こすかのように暴走。
それでも自分から魔法少女たちの攻撃を受けに行く等本能に必死で抵抗する様子を見せ、最期はいろはとまどかの同時攻撃で一気に体力を削られ、ほむらが時間を止めている間にさなに泣きながらトドメを刺され、「環うい ウワサ 知っていますよ」と謎の言葉を残して消滅した。

これまで明るいストーリー展開が多かったマギレコの中で最初の涙を誘う場面であり、それを意識してか彼女との最後の決戦のバトルではいつものプレイヤーの闘争心をかき立てるような勇ましい音楽ではなく、バラードがかかっている
………………のだが、このステージは彼女の手下であるところの「名無しメールのウワサ」が毎ターン「呪い」「攻撃力アップ」を使って来たりとかなりの難所でもあるため、感傷に浸ってうかうかしていると痛い目に合う。要注意である。
みたまの特訓」鶴乃・天音姉妹編に登場する個体は攻撃こそ1ターンに一度しかして来ないものの「攻撃力アップ」+「ダメージアップ」+「防御力無視」+「クリティカル」なんて言う運営をどつきたくなるような合わせ技まで使って来る。いいかい、これはマジな話だ。

余談

「アイちゃん」という名前の由来は人工知能を表すAIか。
今週の三つ!

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ マギアレコード
二葉さな
ウワサ 名無しメールのウワサ

pixivに投稿された作品 pixivで「名無し人工知能のウワサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2616

コメント