ピクシブ百科事典

記憶キュレーターのウワサ

きおくきゅれーたーのうわさ

 記憶キュレーターのウワサとは、スマホゲーム「マギアレコード」のウワサ(敵キャラ)の一体である。
目次[非表示]

概要

アラもう聞いた?誰から聞いた?
記憶キュレーターのそのウワサ
書庫にいっぱい並んだ本を、ヒトリで全部刷り上げた、記憶を熟知する専門家!
今もどこかでひっそり、記憶を印刷しているけれど、
記憶を見たのに、記憶をくれないものは、おうちに絶対帰してくれない!
根こそぎ記憶を取られるかもって、栄区の人の間ではもっぱらのウワサ
ココカラダシテー!
(『マギアレコード』内の魔女・ウワサアーカイブ#133より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
分類記憶ミュージアムのウワサ
司る噂記憶ミュージアム
手下記憶スタッフのウワサ
キャラクターデザイン原案:f4samurai、監修:劇団イヌカレー(泥犬)


外見

 巨大な極彩色印刷機のような姿をしており、頭には「記憶スタッフ」が運んできた記憶を吸収するアンテナが、また、ボディには謎の男性の顔がついている。

特徴

 ウワサの結界に入り、記憶を覗いた者の記憶を書き換える能力を持ち、いろはたち五人の洗脳のためにマギウスの翼に利用された。

経歴

 メインストーリー第6章から登場。

 洗脳を逃れたいろはやちよをミュージアムから出すまいと姿を現し、当初は善戦するも、やちよの妄想を打ち砕くべく覚悟を決めたいろはの敵ではなく、敵は単独にも関わらず葬られた。

 ウワサとしての耐性・弱点に対しては一切語られなかったが、耐性が「過去の記憶に囚われる」で、弱点が「未来に進もうと言う意思」だったと考えれば一応辻褄は合う。

余談

キュレーター”とは美術館博物館のスタッフである学芸員を指す。
手下の記憶スタッフのウワサの役割から想像される電子計算機(カリキュレーター)と合わせたダブルミーニングになっている。

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ マギアレコード
ウワサ

コメント