2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

史乃沙優希

ふみのさゆき

史乃 沙優希(ふみの さゆき)とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「あなたのハートたたっ斬る! 恋の辻斬り姫こと〜 史乃沙優希…参上〜です〜!」

概要

日本刀収集という、ちょっと奇怪な趣味を持つ魔法少女。
刀絡みで興奮すると、風変わりな感嘆の声を漏らしてしまうなど、好きなこととなると周りが見えなくなりがち。
歴史ある水名の街をPRするローカルアイドルとしても活躍中。
(『マギアレコード』内アーカイブ『魔法少女』より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地神浜市
学校水名女学園
年齢学年18歳高校3年生
肩書き魔法少女アイドル歌手
願い事一緒に(刀剣のことで)盛り上がれる友達がほしい
固有魔法魔力提供
キャラクターデザイン夜ノみつき
声優Machico


人物像

メインストーリー第2章において、水波レナが夢中になっている「歴史と浪漫の刀剣愛ドル」として名前だけ登場していた。本人が初登場したのは梢麻友の魔法少女ストーリーと期間限定イベント『ほわほわ少女頑張る!〜待って、それ誤解です!〜』で、ここで初めて魔法少女であること、水名女学園の生徒であること、麻友の友人であることが判明した。

「~なのです」「~のです」といった特徴的な丁寧語で話すうっ頭が

マギレコの新キャラに憤る百江なぎさ



何かあると「はわわ~」と慌てる。おっとりした性格で、物覚えが良くなく、歌の歌詞や、ドラマの台詞はノートにびっしり声に出しながら書かないと覚えられないらしい。
刀剣収集が趣味とのことで、もしかしたらあの有名刀剣擬人化ゲームを嗜んでいるかもしれない……?

愛称はさゆさゆ。ちなみにアイドル時の名乗りとコールは「あなたのハートをたたっ斬る!「恋の辻斬り姫こと~史乃沙優希…参上~です~!」(きゃ~!さゆさゆ!!斬って~!!袈裟から斬って~!!)デビュー曲は「辻斬り☆プリンセス」。
イベントでは「国宝ハイエンド」という曲を披露している。

本来、歌やダンスの才能は乏しいものの、それを補ってあまりあるほどの努力の天才であり、ファンのみんなを楽しませたいという強い思いで困難を乗り越えていく、まさに理想的な”応援したくなるアイドル”的な人格の持ち主。

魔法少女として

さゆさゆ


黄色と白が基調のふわふわしたワンピースに、ダイヤ模様のたすきをかけている。ソウルジェムの色は濃いめのオレンジ。形は長方形。位置は鎖骨の下。武器はマイク。
刀剣アイドルとのことでてっきり和風の装束かと思いきや意外に現代風である。

ゲーム上の性能


基本データ

属性
タイプサポート
イラストレーター(★4〜5)
実装日2019年6月10日(★4〜5)


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×2×1×0×2


最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.802214666096071
★5Lv.1002790783397651


コネクト「いざ、討ち入りじゃ!」

レアリティ効果
★4攻撃力アップ〔Ⅶ〕&アクセルMPアップ〔Ⅶ〕
★5攻撃力アップ〔Ⅹ〕&アクセルMPアップ〔Ⅸ〕


マギア「次はこの曲」

レアリティ効果
★4全体にダメージ〔Ⅴ〕&攻撃力/防御アップ(全/5T)
★5全体にダメージ〔Ⅶ〕&攻撃力UP&防御UP&状態異常耐性UP(全/5T)


ドッペル職責のドッペル

レアリティ効果
★5全体にダメージ[Ⅸ]&攻撃力UP&防御UP&状態異常耐性UP(全/5T)


専用メモリア「大切なお友達からのメッセージ」

手書きの言葉、画面越しの言葉、短いメッセージ、長いメッセージ…
形は違えど、そのどれもに込められているのは同じ形の気持ち
彼女にとってその気持ちこそ、何より嬉しいメッセージ
「応援してます」その気持ちだけでなんだって頑張れる

基本データ

レアリティ★3
タイプスキル
装備可能史乃沙優希
イラストレーターmepo


ステータス

レベルHPATKDEF
初期値5100424


スキル「チアリング〔Ⅲ〕」

特殊能力効果発動ターン
通常HP自動回復[Ⅲ](自/3T)デバフ解除(自)10T
限界突破


活躍

メインストーリー第1部『幸福の魔女編

第2章にて、水波レナが夢中になっているアイドルとして名前が登場。
なお十咎ももこは推していないアイドルらしい。
神浜市のほとんどの魔法少女が登場した第10章では登場せず、ワルプルギスの夜との戦いにも姿を見せなかった。

アナザーストーリー第2部『集結の百禍編

第3章にて、イベント出演の為に二木市を訪れ鈴鹿さくや達に目をつけられるも、沙優希のファンであるさくやの部下に阻まれ命拾いする。

10章では学生会議設立の為の署名サイトの拡散及びアクセス数向上に協力しようとするも、政治的発言をすればアイドルとしてのイメージが崩れるという理由で事務所から断られる。
その後魔女に操られた所を解放された人々の前に居合わせ、彼らを激励すべく新曲「#私も一緒、私が一緒」を披露。それを署名サイトと関連づける事でアクセス数急増に貢献するも後で事務所にすごく怒られ、涙を流した。そして収録で休んだ分の補修に向かう。
なお曲名は莉愛とDJディスコの動画配信をヒントに命名している。

魔法少女ストーリー

史乃沙優希

  • 1話「沙優希はちょっと変わってる」
    • 史乃沙優希は水名のローカルアイドル兼魔法少女。幼少期に両親に連れられたアイドルのライブでファンに押し流され、ファンに恐怖していた自分がアイドルになるなんて思いもしなかった。それは魔法少女になった際の願い事が関係していた。
    • それは高校生になったばかりのころ、流行に疎い沙優希は刀剣鑑賞と収集を趣味として楽しんでいたが、周りの子にその趣味は理解されず、親しい友人はいなかった。ある時梢麻友が働く美術館でキュゥべえを目撃し、帰りに再会した彼の口車に乗せられ「一緒に刀剣のことで盛り上がれる友達が欲しい」と願う。
    • そして魔法少女になった沙優希だが、なかなか一緒に盛り上がれる友達ができない。本当に願いが叶ったのか半信半疑になっていた頃、水名のローカルアイドルにならないかと芸能事務所の人にスカウトされる。水名の刀剣や歴史をPRする仕事……刀剣と言う言葉に沙優希は心動かされ、話を聞いた事でマネージャーと母に乗せられる形で芸能事務所の書類にサインしてアイドルに仕立て上げられてしまった。
    • はれ?話を聞くだけのつもりが……沙優希サインしちゃいました……?

  • 2話「刀剣アイドル・史乃沙優希見参」
    • こうしてアイドルとして歩み始めた沙優希であったが、生来どんくさい彼女はダンスも歌も何一つ上手くいかず、何をやっても楽しくない日々が続いた。アイドルを辞めようとしても、上手くマネージャーに切り出せない。
    • 嫌々ながらもレッスンに慣れてきたある日、クビかと思いきや沙優希のお披露目ライブの日にちが決定した。何故ならマネージャーが作った沙優希のアイドルとしてのアカウントに反響があったから。「一緒に盛り上がりたい」という書き込みを見て願い事で欲した、「刀のことで一緒に盛り上がれる友達」、ではなく「ライブで一緒に盛り上がる」に勘違いされた!?と沙優希は目を白黒させてしまう。もし失敗すればファン達に襲われると思い、理由をつけて回避しようとしても両親とマネージャーに見抜かれていた。
    • そしてライブの日。緊張しながらもマネージャーの後押しとレナを始めとするファンの声援を受け、デビュー曲「辻斬り☆プリンセス」を歌うと、集まっていた沢山のファンは大盛り上がり。(楽しくなってきたかも)と沙優希は声援を受けながら歌い続ける。最高の盛り上がりで歌い続け、大盛況のうちに終わったライブは沙優希にこれまで見たことのない景色を見せてくれ、沙優希は自分の願いが叶っていたことを知ったのだった。
    • こんなに盛り上がるなんて…えへへ、なんだか嬉しいです~

  • 3話「沙優希の大切なお友達」
    • 早くも次のライブの日程が決まる。前のライブの盛り上がりもあって沙優希は空回りもあるけど今以上にレッスンに励む。
    • しかし次のライブでは以前より沢山のファンが押し寄せ、柵が壊れてしまった。その光景に沙優希は幼い頃ファンにもみくちゃにされた恐怖を思い出し、歌えなくなり結局ライブは中止に。
    • ファンの皆を悲しませてしまった事でアイドルにならなければ良かったと落ち込む沙優希にマネージャーから息抜きに美術館へ行ってみたらと言われ、久しぶりに水名美術館に足を運ぶ。そこで以前目撃した梢麻友と目が合い、美術館のアルバイトの一貫で刀について勉強しようと思っていた彼女に刀剣について教えることに。
    • こうして麻友に友達になってと言い成功した沙優希は、言葉にすれば伝わることを実感し、一つの決意をマネージャーを通してファンの皆に伝える。それは事前にSNSで拡散した「押し合ったり前に出たりする行為をやめてほしい」ということであり、ファンに受け入れてくれるかどきどきしていると会場から拍手が。レナや麻友を含むファンの皆は沙優希の願いを分かってくれていたのだ。
    • こうしてライブは大成功。アイドルとファン…魔法少女になるときに思っていたのとはちょっと違っていたが、それでもこの願いで良かったと沙優希は思うのであった。
    • 一緒に盛り上がってくれる皆さんは沙優希の大切な友達です~!

梢麻友

成見亜里紗


期間限定イベント

ほわほわ少女頑張る!〜待って、それ誤解です!〜
キャラクターとしては初登場、大切なものを盗まれた被害者として登場上記の名乗り・コール・愛称などが判明する。
チャレンジクエストのステージ選択画面で十咎ももこが出てくる際には彼女関連のグッズ
をももこがなくしていた(使い魔に盗まれた)が判明するがメインストーリー第2章の時点ではももこは「自分は推していないアイドル」とはっきりと言っていたため矛盾が生じた。
それ以降にレナに布教されてハマった可能性も考えられなくもないが…

沙優希ステップアップ仕る!ですぅ〜
メインキャラクターとして登場すると同時にプレイアブル実装された。

サマトレ!~火に消えた夏の宝~
本人は登場しない。しかし、話としては「沙優希ステップアップ仕る!ですぅ〜」の続きで、沙優希主演の水名PRドラマ「さゆさゆの水名辻斬り紀行」の企画として、佐倉杏子達の流れ着いた無人島に、「落ち武者が残した財宝」という設定で「さゆさゆが愛してやまない刀工・上桐殿に打ってもらった刀の押型(刃文などを写した物)」を用意したことがわかる。
本来は沙優希が宝探しに挑戦する企画だったが、「アイドルにやらせるには危険」という理由でボツになり、宝探しの謎解きと、挑戦者への褒美である刀の押型が無人島に残された。

しかし、発見したのは風見野市出身の杏子で、中身を見て「大ハズレ」と判断した。「さゆさゆ」が何者であるかを知らなかったからである。
こうして、刀の押型は今も無人島に眠っている。

2020年の復刻では、沙優希の側の後日談が追加された。
「代わりの企画によっては刀の実物をプレゼントする」といわれ、必死に企画を考えるが……。
結果、無人島サバイバルを視聴者の選択肢で乗り越えて行く企画に決まり、そこで初めて杏子とも出会った。

トリック☆トラブル☆学園祭〜パクッと解決!つむぎにおまかせあれ!〜
文化部による「合同展示会場で茶道部が点てたお茶をいただきながら箏曲部の演奏を楽しむ会」と運動部による「野外ステージ大食い競争」のどちらに沙優希が参加するかを巡っての、代表同士の文字通りの引っ張り合いに巻き込まれる。

遊狩ミユリの現在修業中!
足フェチを克服するため、ミユリが彼女のアイドルフェスを訪れる。
ミユ曰く彼女の足は「幌位ながらも踊る時に垣間見える足の筋のギャップが萌える」とのこと。

テレビアニメ

3話にて自室に引き篭るレナが観ていたTVに映っていた。
第三期では大勢の魔法少女と共にイブと交戦していたのだが、センターを陣取っていた。

関連イラスト

さゆさゆ!


センシティブな作品
さゆさゆぅ~



関連動画



関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ
伊吹翼(ミリオンライブ):中の人が同じであり、アイドルキャラと共通点がある。



















































第二部のその後は高卒を機に全国デビューへの誘いが来る。しかし進学もしたい為保留にしてもらったという。

関連記事

親記事

水名女学園 みずなじょがくえん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 800133

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました