ピクシブ百科事典

薔薇園の魔女

ばらえんのまじょ

薔薇園の魔女とは、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

薔薇園の魔女。性質は不信。なによりも薔薇が大事。その力の全ては美しい薔薇のために。結界に迷い込んだ人間の生命力を奪い薔薇に分け与えているが、人間に結界内を踏み荒らされることは大嫌い。
(テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』公式サイト「魔女図鑑」より)

概要

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』に登場した魔女の一体。鹿目まどかたちが初めて遭遇した魔女である。そのおどろおどろしい外観から、本作における「魔女」がいかなる存在なのかを視聴者に印象づけた。しかし、その次の回に登場したお菓子の魔女Charlotte)が非常に強烈なインパクトを残していったため、いまいち影が薄い

魔女文字による真名はGertrudゲルトルート)。魔女文字の読みは公式には非公表であるものの、解読に成功したファンから非公式に「ゲルトルート」と呼ばれてきた。後に公開された設定資料集によってこれが真名であることが判明した。真名が公式に発表されている数少ない魔女の一体である。

外観

上方のイラストの通り、何が何だかわからない不気味な姿をしており、我々の知る魔女とはかけ離れた異形の存在であることを判り易く示してくれている。見ようによっては、貞子のようにうつむいて長い髪を前に垂らしているようにも見える。薔薇の他に蝶の羽、芋虫(?)もモチーフに取り込んでいる。薔薇の花に寄って来る蝶を意識したのだろうか。

無数に生えた触手状の脚は、コミック版では人間の脚の形をしており、ファンの間では「美脚」と好評?である。

武器

テレビ放映版では逆上して椅子を投げつけたのが唯一の攻撃だったが、BD/DVD版ではハサミが追加され、バラ園を荒らされた後の反撃に使用している。このハサミは使い魔(Anthony)も使用する。
攻撃時には頭部が開き、蝶の羽を持った人型のシルエットが現れる。

結界

薔薇や蝶がふんだんに使われている他、結界のできた場所である廃ビル由来のオブジェクトが散見される。薔薇園を荒らされないよう、ところどころにKein Durchgang!!(進入禁止)の文字が見られる。

本作の元ネタであるファウストの引用が入り口に書かれている他、唯一3種類のまどか文字が全て使われている。本作における「魔女の結界」をまとめて説明する役割も担っている。

魔女の口づけ

テレビアニメ版では薔薇の蔦で描かれた蝶の意匠となっている。
劇場版では薔薇の蔦の円の中に蝶が描かれた意匠に変更されているが、一部のシーンではテレビアニメ版のものがそのまま流用されている。

使い魔

薔薇園の魔女(Gertrud)は、アニメ本編においては使い魔を同時に複数扱える唯一の魔女であったが、後に発売されたゲーム『魔法少女まどか☆マギカポータブル』では使い魔を複数持つ魔女が増えた。

薔薇園の魔女の手下を参照。

経歴

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』・劇場版『[前編]始まりの物語』

アニメ第2話および劇場版『[前編]始まりの物語』に登場。巴マミに手下(Adelbert)を踏み潰されたのを見て逆上し、椅子を投げつけて攻撃する。手下(Adelbert)のツルで一度マミを拘束するが、マミの銃によってバラ園を荒らされたのを見てスキを見せてしまう。
反撃を試みるが銃弾からのリボンに動きを封じられ、最期はティロ・フィナーレによって爆散した。劇場版『[前編]始まりの物語』では頭のみ吹き飛ばされており、マミのその後を考えると皮肉めいた描写である。

やはり主人公たちが最初に遭遇する敵キャラの運命か、魔女狩りの見本としてあっさり倒される、かませ犬の役割になってしまった。

魔法少女まどか☆マギカポータブル

まどかルート「夢の中で逢った、ような…」では、本編と同様の展開でマミに倒される。

ほむらルート「運命はきっと変えられる」では、マミを先回りしたほむらに倒される。

「謎の魔女結界」の一つ目の結界である「喜悦の結界」では最終層の5層目に登場。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

期間限定イベント『そしてこれから。うわさのウワサの噂』のチャレンジクエスト10で登場。
ゲーム内の魔女・ウワサアーカイブの解説文はTVシリーズと同じ。

以下ネタバレ注意




















































































































































































































































































































劇場版『[新編]叛逆の物語
本人は直接登場しないが、大勢の使い魔たちが美樹さやか百江なぎさに率いられて登場し、2人の指揮に従って統率のとれた動きで戦闘に大きく貢献した。これは、薔薇園の魔女が自分の使い魔を援軍として、2人に貸していたためであることが明かされている。つまり、本人は直接登場しなかったものの、彼女もまた円環の理の一部として協力していたのである。

元の姿
8話にて魔法少女が絶望すると魔女になることが明らかになり、それによって魔女たちにも悲惨な過去があることが伺える。以下はそれに対する予想ないし妄想である。

薔薇が大好きな少女。だが人間不信であり、花だけが友達であった。
その願いも魔女時の行動性質から花を救う、または守るためのものだったと推測される。
そして人間不信から人に絶望し、花のためだけに存在する魔女になったものだと思われる。

公式ガイドブックには「バラ以外は信用しない。人間不信。バラ園に入って来た奴を撃退」と書かれた資料が載っている。

別説:ドロドロの顔に過剰なほどの薔薇の装飾がなされていることから、「美しくなること」が願いだった可能性も…?自分の庭を薔薇で気飾り、他人に立ち入られることを嫌うこの魔女は、ありのままの自分を晒すことを恐れていたのかもしれない。

ゲルト姐さん



ハサミやツルを使用するため、このどちらかが魔法少女時代の武器と思われる。頭部には蝶の羽を持つ人型のシルエットが隠されているが、これが元の姿なのではないかという考察もある。

関連イラスト

ティロ・フィナーレ!

薔薇の魔女



関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 魔女(魔法少女まどか☆マギカ)

春名このみマギアレコード):花と関連が深い、ハサミを武器にするなどの共通点がある。ただし薔薇園の魔女のグリーフシードとこのみのソウルジェムのデザインが一致しないため別人であることか証明されている。

関連記事

親記事

子記事

  • Anthony あんそにーまたはあんとにー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「薔薇園の魔女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12630

コメント