2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

月野うさぎ

つきのうさぎ

『美少女戦士セーラームーン』の主人公でありヒロイン。セーラームーンに変身する。
目次[非表示]

セーラー戦士に変身した姿の詳細は「セーラームーン(キャラクター)」を参照。

「女の子をバカにしないで!」
「女の子はいつも泣いているばかりじゃないんだから!」

プロフィール

誕生日6月30日
誕生石真珠
星座蟹座(支配星が月なため)
血液型O型
身長152㎝(無印)→160㎝(第五部ラスト)
特技ごますり・泣き落とし
趣味ゲーム・食べること・寝ること
好きな食べ物アイスクリーム・ケーキ
苦手な食べ物人参
好きな教科家庭科
苦手な教科数学・英語
苦手なもの歯医者・幽霊
好きな色
好きな人地場衛
将来の夢お嫁さん
守護星
家族構成(現在) / (未来)
CV三石琴乃(1992年版~crystal) / 荒木香恵(1992年版第44話~50話での代役)
演(ミュージカル)大山アンザ(現:ANZA)→原史奈神戸みゆき→黒木マリナ(バンダイ版) / 大久保聡美野本ほたる(ネルケプランニング版)
沢井美優実写ドラマ版) / 小泉今日子ソフトバンクCM


人物

おそらく世界でも人気、認知度のトップを争う有名キャラクター。
金髪黄髪お団子ツインテールの少女。当初は14歳の中学2年生。最終章の第五部「セーラースターズ」で高校に進学。

うさうさ


明るく天真爛漫、泣き虫でドジな所もあるが、底抜けに明るい性格。わかりやすくすると野比のび太を美少女にした感じ。スーパー戦隊シリーズの影響が明白な本作におけるバカレッド的キャラである。前髪の分け目はハート型

遅刻と朝寝坊は日常茶飯事で、学校成績もかなり悪い。しかも、廊下に立たされながらも早弁しようとする図々しい一面もある。その上、テストはいつも赤点ばかりで、そのたびに母・育子に家から締め出されている。
当初は地場衛にテストの点数や髪型をバカにされて快く思っていなかったが、衛が変身したタキシード仮面には憧れている。第1期中盤で互いの正体を知って相思相愛に。
でモテる。未来から来た娘・ちびうさとはよく衛を取り合っているが、喧嘩するほど仲が良いといった関係。

実は古代王国シルバー・ミレニアム』の王女プリンセス・セレニティ生まれ変わりで、未来の世界では『クリスタル・トーキョー』の女王ネオ・クイーン・セレニティになる予定。

原作漫画

原作漫画・Crystalではストレートで毛先がバラバラに乱れる。
月の女王としての意識や衛への恋愛感情が強調され、仲間のセーラー戦士には友人主人として扱われている。
比較的しっかりした性格で、幻の銀水晶の力に目覚めるにつれ、女王の自覚が芽生えて脱おバカキャラ化する。プリンセスに覚醒したての頃は伸び放題の髪に困って登校できず、愛野美奈子に整えてもらった。
蒼のサフィールにはうさぎと『幻の銀水晶』が全ての戦いをもたらしていると指摘され、「おそろしい女」と罵られている。

月野うさぎ
セーラームーン


90年代版テレビアニメ

作画のしやすさを考慮して縦ロールで、もみあげがなくうなじの毛は立っている。
泣き虫でお調子者の性格が強調された子供っぽい甘えん坊。海野ぐりおから「友達づくりの天才」と評され、劇場版Rでは特殊な環境ゆえに孤独だった内部太陽系戦士の4人の心を救っている。
前世や使命に縛られて『普通の女の子』として生きられないことを疎ましく思い、OPでは窓に映るセーラームーンの姿にため息をついている。「普通でいたい」と言ったり、仲間の命と引き換えにクイン・ベリルに銀水晶をあげようとしたことも。
ちびうさの存在を通して大切な人を守る母性に目覚め、改心の意志を認めれば敵でも助けた。土萠ほたるの処遇を巡ってセーラーウラヌスセーラーネプチューンと対立するが、最終的に互いの立場を尊重する形で決着している。

うさぎちゃん
つきのうさぎ


実写ドラマ版

腰までの黒髪をお団子ツインテにしており、変身すると原作・アニメ通りの金髪になる。前向きで頑張り屋な性格。原作・アニメでは衛を「まもちゃん」と呼んでいるが、こちらでは呼び捨ての「まもる」。
基本設定は原作に忠実だが、前世のセレニティと性格や言葉遣いが異なる点は旧テレビアニメと同様。
さらにはセレニティとの二重人格になっており、エンディミオンのことしか頭にないヤンデレと化したセレニティに振り回される羽目になってしまう。

あんにゅい



トリビア

セーラーヴンダー


新世紀エヴァンゲリオン葛城ミサトの髪型は、うさぎの前髪をモデルにしてデザインされたと言う。声優が一緒になったのは偶然というが、性格が三石琴乃本人をモチーフとしているため、必然と言える。

セーラームーンの月野うさぎが誕生する前に、『ちゃお』の少女漫画のチョイ役として「月野うさぎ」が登場したというトリビアもある(こちらはうさぎの擬人化風のキャラクター)。

まさかの実写再登場

2015年10月、ソフトバンクの新CM『MOON RIBAR』シリーズにおいてドラマ版以来11年振りとなる実写での登場を果たす。演者は沢井美優に代わりまさかの小泉今日子
ここではかつての能天気振りは影を潜め、しっとりした雰囲気の大人の女性となっている。シリーズタイトルにもなっている洋風居酒屋「MOON RIBAR」のママ、という設定(ちなみに、誤解されがちだが広瀬すず演じる従業員の正体はではなくあの女の子)。
かつてアニメや漫画で大活躍したキャラクター達のその後を描く(はずだった)
トレードマークのお団子ツインテールも無くなり、どこかオードリー・ヘプバーンのような佇まいであるが、なぜかタイトルの元ネタ「MOON RIVER」が主題歌であった『ティファニーで朝食を』ではなく『麗しのサブリナ』風のルックスだったりする。
※実際の画面では「元セーラームーン」と表記されるが、変身していないことを考慮し本記事では「月野うさぎ」として扱う。

ちなみに、auのCM『三太郎』シリーズのヒロインとして、うさぎ/セーラームーンのモチーフとなったかぐや姫が登場しているのだが、こちらの演者はよりにもよって『あまちゃん』で小泉が演じた天野春子の少女時代を演じていた有村架純
これをSB側が意図して小泉をキャスティングしたか否かは定かでないが、まさかの同キャラ対戦となってしまったのであった…。

かぐちゃん



関連イラスト

変装ペン
全部本当の私


~
月野うさぎちゃん


8人のうさぎ
うさぎちゃん祭り


ウサギちゃん
美少女戦士セーラームーン


最古イラスト

むーん



関連タグ

美少女戦士セーラームーン
個別タグセレニティ ちびちび セーラームーン(キャラクター) スーパーセーラームーン エターナルセーラームーン セーラーコスモス プリンセスセーラームーン
関連人物(親族)月野謙之 月野育子 月野進悟 クイーン・セレニティ
関連人物(未来の親族)地場衛タキシード仮面 / プリンス・エンディミオン) 地場うさぎ 月野こうさぎ(※パラレル番外編のみ)
関連人物ルナ 水野亜美 火野レイ 木野まこと 愛野美奈子 大阪なる天王はるか 海王みちる 冥王せつな 土萠ほたる星野光
公式カップリングまもうさタキムン / エンセレ / キンクイ
NLカップリングデマうさ 星うさ(※星うさはNLにも百合にもなる)
百合カップリングレイうさ 美奈うさ はるうさ ファイうさ
コンビ・トリオ世界一かわいい親子 まもうさちび
ジャンル変身ヒロイン スーパーヒロイン 魔法少女


外部リンク

『月野うさぎ』- 公式サイト
『月野うさぎ』- wikipedia
『月野うさぎ』- 美少女戦士セーラームーンwiki
『月野うさぎ』- ニコニコ大百科

関連記事

親記事

セーラー戦士 せーらーせんし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58809410

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました