ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

まじかる☆タルるートくん

まじかるたるるーとくん

『まじかる☆タルるートくん』とは、江川達也によるマンガ及びそれを原作とするアニメ。
目次 [非表示]

概要

週刊少年ジャンプ」に読み切り作品として発表された後、1988年49号から1992年40号まで連載された。単行本全21巻、ワイド版全16巻、集英社文庫全14巻。


アニメ化もしている。


メガドライブで発売されたゲーム版はメガドライブミニ2収録されるゲームフリーク製。


江川達也「"全身漫画"家」光文社新書によると、本作は「ドラえもん」のアンチテーゼとして制作された意図もあるらしい。これは連載中に世間から「ドラえもんのパクリ」、「藤子作品を魔法アイテムに置き換えただけ」などと外部から揶揄された苦い経験があるからで、それなら魔法に頼りっぱなしだった本丸の自立心を高めて差別化を図ってやろうと、キャラ設定を作品内で変えていき、同作品のアンチテーゼ化を公言するようになっており、当時は主人公というと素直で熱い性格が多かったが、それと比べて本丸(厳密には準主人公)はぶっきらぼうな態度が多く、無気力で口も悪いと印象もあまり良くなかった(ただしツンデレなだけで根は悪い奴ではない)。

しかし、彼が更生していく熱血漢になる様や下手に喧嘩に強くしてしまったことで、自分から作品スケールの幅を縮めてしまうことになる。また、後になって「あれはやはり模倣でした」と発言していたこともある。


ただ、ドラえもん役のタルるートは本丸を助けたいというような使命感や責任感はそこまで持っておらず(逆に本丸に世話を焼かれる方が多い)、けっこう自由気ままな性格。困った人を見逃せないという優しい心を持っているが、後先のことを考えず魔法を使うことも少なくないため、後でトラブルになったりすることもしばしば。つまり、どちらかというと騒ぎの火種はのび太にあるドラえもんに対し、自分で騒ぎを解決しようとして却って騒ぎを大きくしてしまうという、火種はタルるート自身にあることが多いのが本作の特徴。またのび太の場合は母親が厳しいが、本丸は父親が厳しい(しかも息子が捻くれ者になる程のレベル)という相違点もある。


要は、どちらかというと駄目少年、彼のお助け役、憧れのマドンナ、ガキ大将、意地悪な金持ちで構成された昭和日常ギャグ漫画のオマージュ的作品であり、ドラえもんだけでなく「ど根性ガエル」、「ハクション大魔王」、「忍者ハットリくん」を思わせる要素も存分に見られる。


最大の相違点としてスネ夫役が伊知川累という少女キャラが担っているが、ジャイアン役のじゃば夫とはつるまないし、金持ちというのは原子に当てはまる。


ストーリー

江戸城本丸は南野小学校に通う5年生の男の子。成績もスポーツもあまりパッとしないダメ小学生だが、同級生の美少女の河合伊代菜に密かに思いを寄せている。ある日、席替えでクラス一の乱暴者の邪馬じゃば夫の隣になってしまって困っていると、絵本作家の父から借りていた魔法の本が偶然反応し、小ちゃくて変な格好をした少年タルるートを召喚してしまった。彼は、自分の事を魔法使いだと名乗り、本丸の願い事を一つだけ聞いてくれるという。

「僕の友達になって下さい」

こうして江戸城本丸タルるートは友達となり、2人は珍騒動を巻き起こしていく。


登場人物

タルるート(CV:TARAKO

江戸城本丸(CV:高山みなみ

河合伊代菜(CV:冬馬由美

原子力(CV:堀川りょう

邪馬じゃば夫(CV:塩屋翼

大綾真理(CV:鶴ひろみ

伊知川累(CV:杉山佳寿子

両口屋是清(CV:浦和めぐみ

座剣邪寧代(CV:堀江美都子

座剣邪寧蔵(CV:鈴置洋孝

男闘呼音奈(CV:丸尾知子

江戸城将軍之介(CV:堀秀行

江戸城千鶴(CV:本多知恵子

神宮寺右軍治(CV:飯塚昭三

神宮寺光子(CV:川村万梨阿

浪速松五郎(CV:青野武

玉みえ(CV:芳野日向子

ミモラ(CV:西原久美子

ライバー(CV:鈴木みえ

りあ・キナカーモ(CV:山本百合子


アニメ版未登場人物

無気力

岸麵太郎

岸麺子


アニメ版

アニメ版は、1990年9月2日から1992年5月10日までABC及びテレビ朝日系で放映された。全87話。アニメはそこそこヒットし、特に玩具類の売上が良かったらしく、作者も漫画の印税より多かったと発言している。


のちに長らくニチアサキッズタイムに関わった関弘美が同時間枠の作品にサブプロデューサーとして入った最初の作品でもある。後に『GS美神』でメイン昇格し『明日のナージャ』まで担当した。ただし、あくまで関がニチアサに関わった最初の作品であるだけで単なるサブプロデューサーとしてなら、それ以前の『レディレディ!!』から実績を持っていた。


ABCのニチアサアニメ枠としては最多話数の作品でもある。ABCアニメ全体では同時期に木曜19時枠で放送されていた『ハーイあっこです』の162話が最多である。単体アニメに限った話であるが。


主題歌

オープニング

「オレ タルるート」

作詞 - 佐藤大 / 作曲 - タケカワユキヒデ / 編曲 - 山本健司 / 歌 - TARAKO


エンディング

キミと世界征服!?」(第1話~53話)

作詞 - 安藤芳彦 / 作曲 - 山梨鐐平 / 編曲 - 奥慶一 / 歌 - 下成佐登子

タルル・カタブラルル」(第54話~87話)

作詞・作曲・歌 - TARAKO / 編曲 - 山本健司


関連動画


関連イラスト

大魔法使い タルるートだあああーっ!まじかる☆タルるートくんた~るる~~~まじかる☆タルるートくん


テレ朝/ABC・日朝8:30枠

ビックリマンシリーズ】

新ビックリマン(1989年4月~1990年8月)

まじかる☆タルるートくん(1990年9月~1992年5月)

【ビックリマンシリーズ】

スーパービックリマン(1992年5月~1993年4月)


関連タグ

江川達也 朝日放送


関連作品

ドラえもん:前述の通り、本作のライバル的存在な有名漫画ではあるが、過去には放送するテレビ局繋がりの関係で、特番で夢のを果たしたことがある。

ソニック・ザ・ヘッジホッグ有名作品に対抗して作られた作品繋がりであり、ゲーム版が収録されるメガドライブミニ2にもシリーズ作品が収録されている

コミックボンボン:『有名な漫画に対するライバル的存在』、『現在は終了しており、知名度で負けているマイナーな漫画』という共通点がある。

ハイスクール!奇面組:ジャンプの先輩作品。登場人物の名前がダジャレや語呂合わせになっているという共通点がある。また、一部登場人物で名前が被った事例も存在する。

ボクはしたたか君:上作品と同じ作者の漫画。この作品の主人公に外見が酷似したキャラが当作品のキャラとして登場している。


外部リンク

TVアニメ公式サイト


Wikipediaの個別記事

ニコニコ大百科の個別記事

関連記事

親記事

江川達也 えがわたつや

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2714489

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました