ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

秋田書店の漫画雑誌のひとつであった「ひとみ」にて1986年から1991年8月号にかけて連載された。
作者は英洋子。

異国人との混血児であるイギリス人少女のリン・ラッセルの、その生い立ち故に見舞われる苦悩や苦闘、さらには挫折とそこからの復活などを描いた。
物語の中盤以降およびアニメ第2シリーズ(後述)では乗馬競技も題材としている。

単行本は全12巻だが、最終12巻に関しては全編書き下ろしとなっている。これは「ひとみ」が1991年8月号限りで事実上廃刊になってしまい、その時点で11巻分しかストックがなかったため。

アニメ

1987年10月から1988年3月まで、TBS系列局で「レディレディ!!」というタイトルで放送された。単行本2巻までをベースにしている。
声の出演は室井深雪他。
キャンディ・キャンディ」の再来を切望していたバンダイ要請が基で実現された。だが、「めぞん一刻」(フジテレビ系列、ただし系列局によっては放送時間繰り上げまたは放送日時差し替え)と連想ゲームNHK総合)と「あぶない少年」シリーズ(テレビ東京テレビ大阪テレビ愛知テレビせとうち)の凄まじい視聴率争いの前に完全に埋没、結果半年で放送終了となった。そのせいか、居場所がなくなってしまったリンが、(逃げるような形で)極東の島国に渡る(件の島国は母親の出生地ではあるが)という、原作に準拠しているとはいえ何ともスッキリしない締め方となった。
その一方で映画版も作られている。
なお、テレビアニメ版の主題歌を少年隊が担当した。

その後1988年5月から1989年1月にかけて、続編「ハロー!レディリン」が、テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうちで放送されている。また、KBS京都長崎放送などでも放送されたことがある。
関連商品の売れ行きが良かったが故にその製造・販売元であったバンダイの要請で急遽作られたものであった。
物語の内容は「レディ!!」をベースに、「レディレディ!!」の3年後、結局はイギリスに舞い戻ったリンの様子を描いた東映動画(あるいはバンダイ)オリジナルストーリーとなっている。
放送局が変更となった上で設定上の時間経過を考慮したからか、キャスティングが大幅に入れ替わっている。なお、その声の出演は西原久美子ほか。

いずれもアニメーション製作は東映動画。また、メインスタッフは2作共通(プロデューサー:横山和夫、監督{シリーズディレクター}:設楽博、キャラクターデザイン:越智一裕、脚本のメインライター:馬嶋満)。

補足(と言う名の蛇足)

実は「レディレディ!!」は、元々は別の企画を通すための比較対象として作られた、いわば当て馬であった。
ところが当て馬企画だったはずの「レディレディ!!」にバンダイが食いついた結果、アニメ化が実現したのは良かったのだが、企画を作った関弘美は、まだ入社してあまり時間が経っていなかったうえ、そもそも当て馬だったはずがアニメ化されてしまったため、しばらくの間リンよろしく東映動画では居場所がなかったらしい。
このあたりのいきさつは外部リンクも参照までに。
なお、関は後に「題名のない音楽会前座枠作品(例えば『ママレード・ボーイ』や『おジャ魔女どれみ』4部作など)や「題名のない音楽会」と真裏の番組枠作品(例えばデジモン4部作や『金色のガッシュベル!!』など)のプロデューサーとして辣腕を振るい、プリキュアシリーズの超ロングラン化にも尽力している。

外部リンク

関連記事

親記事

秋田書店 あきたしょてん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レディ!!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1500

コメント