ピクシブ百科事典

当て馬

あてうま

当て馬は、繁殖に用いられる言葉。試情馬とも。
目次[非表示]

概要

当て馬とは、種付けの際、牝馬発情の有無および状況を調べる目的、あるいは発情を促進させるために用いられる牡馬、あるいはその行為である。
種牡馬が種付けするためのお膳立て要員で、前戯だけで種付けは出来ない。

この行為は種牡馬の時間および体力の消耗防止、無駄な種付けの防止のため行われる行為であり、通常当て馬が種付けすることは無い。ただし例外もあり、他の種牡馬の都合であるとか予算の都合とかその馬のストレス発散のため種付けさせる事例が存在し、その結果生まれた馬が活躍する事例が2,3知られている。この馬として選ばれる牡馬は、基本的に現役を引退した牡馬、種牡馬として成功せず引退した種牡馬である。人間目線でイケメンな馬が選ばれる傾向にあるとされる。

転じて

本命ではないものを比較対象や調査用のダミーとして扱う行為、あるいはその対象。

ネットスラングで、恋愛漫画主人公に振られる異性がこう呼ばれることがある。(説明は後述)

ビジネス

契約先をあらかじめ内定している状況において相見積を出す行為、および内定以外の会社のこと。

野球

先発投手が不明の状況において適当な選手(当番予定の無い投手など)を先発メンバーに入れておき、実際に打順が回った際に適切な選手に交代する行為、あるいはその選手。偵察メンバー、偵察オーダーという表現が一般的。
指名打者に使うというミスがプロ野球で2回発生している(1982年阪急ブレーブス、2011年広島カープ)。

企画

何らかの企画において数合わせや本命の企画を引き立たせるために、採用される見込みの無い企画をおいておく行為、あるいはその企画。
ただし、その「本命でない企画」が採用される事例も存在する。(『超時空要塞マクロス』や『レディレディ!!』はその例である。)

創作物(少年漫画)

少年漫画(バトルもの、能力もの)などで主人公が成長するにおいて目標の手前に座して序盤の壁となる対抗(ライバル)キャラ。特に限られた立場・順位を目指すにおいて、互いに争い合う(時に憎み合う)立場となる者。
あるいは主人公が場面となる現地に到着・活躍する前に何らかの事情で敵と対峙して奮闘する(のだが、結局は力及ばずに敵に負けてしまい主人公に後を託す、ないしは託さざるをえなくなる)キャラ。いわゆるかませ犬

創作物(恋愛)

恋愛漫画などで、カップルを盛り上げるためだけの振られ役に選ばれるキャラの例え。※
主人公がこのポジションの場合は、バウムクーヘンエンドと呼ばれる。
一度も恋愛関係になったことがないキャラ、片思いの設定がないキャラに使うのは誤用。

二次創作カップリングにおけるA×B←CやC→ABなどのCにあたるキャラもこう呼ぶ。好きなキャラをこのCのポジションに当てはめられて気分が良い人はあまりいないので扱いには注意が必要である。

関連項目

種馬
ライバル かませ犬

関連記事

親記事

種馬 たねうま

pixivに投稿された作品 pixivで「当て馬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 478081

コメント