2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

特徴

奇蹄目とは、が(基本的に)奇数哺乳動物。蹄の数はウマは1本、サイでは3本、バクでは前脚が4本、後脚が3本。

消化能力

基本的に草食動物。巨大な複数を発達させここで微生物にセルロースなど植物に含まれる難消化性成分を発酵・分解させている反芻動物(偶蹄目のウシ亜目)に対し、奇蹄目の胃は他の哺乳動物同様1つしかないが、結腸(大腸の下部)や盲腸を発達させ、ここに微生物を棲まわせている。

このやり方は胃の大きさを体の割に小さく抑えることができ(ウマで10リットル程度)速く走るのに有利であるが、裏を返すとウシのように大量の餌を胃に溜め込むことができず、反芻によって消化効率を上げることもできないということでもある。そのためウマは体を維持するためにウシよりも大量の餌を摂らなければならない(牛飲馬食)。ウマの消化器疾患は運動器疾患に次いで多いが、大量の採餌のため消化器に負担がかかるためである。草だけで競走馬の激しい運動量を支えるのは難しく、燕麦などの濃厚飼料も与えられるが、与えすぎると大腸内の微生物のバランスが崩れたり蹄葉炎発症の原因になったりする。

進化

ユーラシア北アメリカ大陸を合せた「ローラシア」大陸で進化した動物群で、コウモリ食肉目と近縁。古くは偶蹄目とともに初めて蹄を獲得した動物である「顆節目」から進化したと考えられたが、現在では偶蹄目との共通点は収斂進化によるものと考えられている。新生代始新世から漸新世にかけて繁栄を極めたが、消化効率の差が主な原因でウシ亜目の繁栄に対抗できず、種数を大きく減らしてしまった。

現存する奇蹄目


絶滅した奇蹄目

関連記事

親記事

ペガサス野獣類 ぺがさすやじゅうるい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「奇蹄目」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9726

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました