ピクシブ百科事典

プロパレオテリウム

ぷろぱれおてりうむ

哺乳綱奇蹄目パレオテリウム科に属する大昔のウマの祖先にあたる古代哺乳類である。
目次[非表示]

概要

学名の意味は「より以前のパレオテリウム」。
肩高30~60㎝。
食べ物は木の葉
生息年代は始新世前期。
ヨーロッパドイツ森林に生息。

特徴

ウマの祖先にあたるヒラコテリウムの近縁であるが、脇道にそれて進化したパレオテリウム科という仲間である。5000万年前の始新世にあたる地層、大量の保存状態の良い化石が出土されるメッセル採掘場から化石が発見されており、当時のヨーロッパは熱帯雨林で、柔らかい木の葉を食べていたと言われている。

関連タグ

哺乳類 奇蹄目 ウマ
ヒラコテリウム

コメント