ピクシブ百科事典

ヒラコテリウム

ひらこてりうむ

哺乳綱奇蹄目ウマ科に属する大昔のウマの祖先である。
目次[非表示]

概要

学名の意味は「ハイラックスに似た獣」。
別名エオヒップス。
肩高40~50㎝。
食べ物は木の葉
生息年代は始新世前期。
アメリカフランス森林に生息。

特徴

最も原始的なウマの仲間である。しかし、現在のウマのような一つのではなく、前足のは4本、後足の指は3本もあった。の数も多く生えていて、木の葉を食べていたので、奥歯は低いままである。そのような体のせいか、現在のウマのようにあまり速く走れず、ガストルニス等の獲物となることが多かったようである。

関連タグ

哺乳類 奇蹄目 ウマ
ウマ科

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒラコテリウム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194

コメント