ピクシブ百科事典

メソヒップス

めそひっぷす

哺乳綱奇蹄目ウマ科に属する大昔のウマの祖先である。
目次[非表示]

概要

学名の意味は「中ぐらいに進化したウマ」。
肩高60~70㎝。
食べ物は木の葉
生息年代は始新世中期~漸新世前期。
アメリカ森林に生息。

特徴

ヒラコテリウムより少し進化したウマの仲間である。走ることに進化し始めたため、前後のは3本で、まだ3本もあった。中央の指は、はっきりと長くなり、現在のウマののようになっていた。

関連タグ

哺乳類 奇蹄目 ウマ
ウマ科

コメント