ピクシブ百科事典

鱗甲類

りんこうるい

哺乳類の一群。「センザンコウ目」、「有鱗目」とも呼ばれる。

概要

センザンコウの仲間は、体が松ぼっくりのような硬いに覆われた動物である。ネバネバした唾液を付けた長い舌で、アリシロアリを舐め取る。はないが、小石を飲み込んで歯の代わりに使い、食べ物を細かくする。

 この一族は、嘗ては精巣が体外へ飛び出て陰嚢(いわゆる金玉)になってないなどの特徴から、精巣が体内に収まった南米の哺乳類である「貧歯目」に入っていたが、後DNAの解析その他によりこの生き物は北方獣類の仲間のローラシア獣類に属し、さらに「食肉目」と「奇蹄目」 あと「翼手目」に近いというか近すぎることが判明、それらと合わせた「ペガサス野獣類」という仲間わけが提唱された。
  「ペガサスと野獣」にセンザンコウ属性が入ってない とか言わない。

関連タグ

哺乳類 センザンコウ

コメント