ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ラクダ科とは、哺乳綱偶蹄目に属する植物食動物の分類の一種。
漢字では駱駝と書く。
 草たく(草の袋の意であるが、コレが駱駝のどの部位を指すのか不明)を担いだ駄獣の意の「たくだ」が訛ってタクラタあるいはタクダとなり、タクダのさらに訛ったラクダが現在の呼称となった。なお、タクラタの方はいわゆるアホバカ表現として(キャメルさんはおバカなので)使われている他、南方熊楠によれば「人を見ると寄ってくるもふもふ(鼠のような小さなものから熊のような大型のものまでいるらしい)」を指す語として使われていたという。
主に北アフリカ中東に生息するヒトコブラクダと、
中央アジア砂漠地帯に生息するフタコブラクダで知られている。
「砂漠の舟」とも呼ばれ、現在でも砂漠での移動手段として使われている。ただ、歩行が側対歩と呼ばれる、「右の前後足を動かす>>左の前後足を動かす」という歩き方なので、初めて乗ると酔う。

最近の人気者であるアルパカもラクダの仲間。

背中に最大の特徴である「皮下脂肪のこぶ」をもっており、ここに養分や水分を溜めこむことで最大一週間近くは飲まず食わずで活動可能。
またびっくりしたり、相手を威嚇する際に胃袋を口から出すという独特の習性を持つ。

こぶを持たない者はに匹敵する上質な毛並みを持ち、特にラマ(リャマ)・アルパカビクーニャの毛皮や体毛は絨毯などの調度品に用いられ、高価で取引される。

砂漠の民



モンゴル昔話で十二支メンバーに立候補し、最後の一枠を賭けてネズミと争うも、例によってずる賢いネズミが勝利。ネズミが最後の一体に君臨するとあまりにもラクダが悔しがったため、十二支の優れた部分を分け与えられた末に現在の姿になったとされる。(ちなみにからは屈強なボディを授かったとあるが、逆にの伝承によるとはラクダの頭を持つ幻獣という設定があったりする。わけがわからないよ。)

ラクダ科一覧

現存種

絶滅種


関連タグ

哺乳類 偶蹄目 ラクダ
ビクーニャ グアナコ

関連記事

親記事

偶蹄目 ぐうていもく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラクダ科」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30

コメント