ピクシブ百科事典

メリコイドドン

めりこいどどん

哺乳類偶蹄目オレオドン科に属する古代哺乳類。

概要

学名の意味は「反芻動物の歯」。
体長1.4m。
食べ物は柔らかい低木
生息年代は始新世後期~漸新世前期。
北アメリカの拓けた疎林に生息。
絶滅した古代の植物食動物。初期の偶蹄類で、現在は子孫が残っていない「オレオドン類」(Oreodon~山の歯、と言う意味)の代表的な種類である。外見はイヌヒツジの合いの子のような感じであるが、どちらかと言うとブタラクダの仲間にやや近縁の動物だと考えられている。学名に「反芻動物の」とあるが、所謂反芻は行わなかっただろうと言うのが最近の通説である。拓けた疎林に多数の群れで暮らし、低木の等を食べて生きていた。

関連タグ

哺乳類 偶蹄目 ラクダ
ブタ

コメント