ピクシブ百科事典

クラニオケラス

くらにおけらす

哺乳類偶蹄目パレオメリックス科に属する古代哺乳類。

概要

学名の意味は「うなじの角」。
体長1.5m。
食べ物は低木
生息年代は中新世後期~鮮新世前期。
北アメリカのの疎らなに生息。
シカに似た有蹄類の仲間で眼窩の上に骨質のが一対(2本)があり、その後ろに第三の角があった。この第三の角は現生のキリンの角であるオシコーンに近いものである可能性があり、キリンに近い仲間ではないかと考えられている。これらの角はやはり、繁殖相手を巡る同士に戦いや社会的順位を競うことに使われたと思われる。クラニオケラスは草原に住むウマ類にくらべ脚は短く、深いの中に生息していたと考えられる。

関連タグ

哺乳類 偶蹄目 キリン

pixivに投稿された作品 pixivで「クラニオケラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62

コメント