ピクシブ百科事典

ポニー

ぽにー

ポニーとは、小型の馬の総称である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 小型の馬の総称 - 本稿で記述。
  2. 株式会社ポニー - ポニーキャニオンの前身
  3. 国鉄C56形蒸気機関車の愛称
  4. 米国スニーカーのブランド
  5. ヒュンダイの自動車


概要

一般的には体高(地上から肩までの高さ)が147cm以下のの総称。
つまりちっこくてもふもふで可愛いシェトランドポニーも、日本在来馬も、馬車から乗用馬までなんでもこなせるハフリンガーも、全て「ポニー」である。
・・・が、米国に於いてはサイズに関わらず「乗用馬」をポニーと総称することもある。

通常の馬と比べて比較的頑丈で、なおかつ性格も温厚な種類が多いので乗用馬としては適しているとも言われる。

主な品種

ウェルシュポニー

体高:120~135cm程度
イギリス・ウェールズ地方原産のポニー。
乗用馬としての需要の他、均整の取れたスタイルや頭の良さなどでショー・パレード用としての需要もある。
毛色は斑毛以外ならおよそなんでもあり。

木曽馬

木曽馬


体高:130~140cm程度
木曽地方で飼育されていた日本在来馬。
日本の武士が乗っている馬はだいたいこいつである。
性格は割と大人しい部類(であるが、時折荒っぽい奴もいる)。
山育ちだけあって足腰は頑丈。

コネマラ

体高:130~140cm程度
アイルランド原産のポニー。
ポニーではあるものの重種馬の血も混じっており、がっしりした体格である。
毛色は河原毛がメインだが、芦毛や青毛の場合もある。

シェトランドポニー

シェットランドポニーと僕


体高:110cm程度
我々日本人が「ポニー」と聞いて恐らく最初に連想するであろう品種。
シェトランド諸島原産の超小形ポニー。体高は110cm程度しか無い。
小さい割に力があり、大人を乗せることもできる。(本記事の作成者の近所に以前いたシェトランドポニーも、度々大人を乗せていたことがあった)
かつては体の小ささを活かし、炭鉱内でトロッコを牽いていたこともあった。
一方、性格面で若干気まぐれな面があり、子供用の乗用馬には若干不向きとの評もあるらしい。
冬毛のもふもふ具合はまさに動くぬいぐるみ

ハフリンガー(ハーフリンガー)

食いしん坊バンザイ


体高:130~140cm程度
オーストリア原産のポニー。別名「エーデルワイスポニー」。
土着の馬にアラブ種などを掛けあわせて改良することによって生まれた品種。
種としての均質性が高く(殆ど同じ見た目)、慣れてくれば見ただけでハフリンガーと判別することも可能。
性格は温厚で扱いやすい上に頑丈であり、乗用馬としての人気が高い。
乗用馬だけでなく馬車馬としての用途もこなすことが可能な万能な種類。
余談であるが、日本に於いて馬の品種の図鑑などで使われる本種の写真は、多くが横浜の「馬の博物館」に在籍する「マーカス」のものであると思われる。

北海道和種(道産子)

体高:125~135cm程度
日本在来馬の代表格。
かつては冬期は放牧状態で野生のを食べて生活するという凄まじい生活を送っていた。
そのため性格的には野生馬に近く、一部では「人に慣れない道産子は猛獣並」とも評されることもあるらしい。
反面、人に慣れた道産子は馬としての群れる習性が強く、乗用馬として訓練しやすいとも言われている。

ミニチュアホース

体高:70~80cm程度
ペット向けの超小形ポニー。ここまで小型だと人を乗せることはほぼ不可能といってもいい。
規格の上ではポニーの範疇に入る種であるが、愛好家は「ポニーではなく馬である」と言い張る場合もあるらしい。

関連タグ

動物
ポニータ マイリトルポニー

pixivに投稿された作品 pixivで「ポニー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 389057

コメント