ピクシブ百科事典

日本コロムビア

にっぽんころむびあ

日本コロムビアとは、日本の音楽ソフト・映像ソフトメーカーのひとつである。
目次[非表示]

概要

1910年に日本蓄音機という社名で創業した。社名からわかる様に元々はレコードプレーヤー(蓄音機)を製造・販売する会社であった一方、この頃からレコードの製造・販売も手掛けていた。
1926年にイギリスコロムビア、よく1927年にはアメリカコロムビアと提携、コロムビアレーベルのレコードを売り出す様になる。

ただ1942年、(陸軍主導の)政府の方針により英語が使えなくなってしまったためレーベル名を「ニッチク」に改めるハメになった。社名も日蓄工業と改めている。
第二次世界大戦終戦翌年の1946年に日本コロムビアと改名した。

戦後の日本の音楽シーンをリードした音楽ソフトメーカーではあったが、1984年年末の都はるみの「一時」引退や1989年の美空ひばりの死去、さらには1990年代以降のJ-POPの不振(THE YELLOW MONKEY観月ありさに「逃げられた」)などもあり、経営不振が続いており、正直美空ひばりの遺産でなんとか食いつないでいる状態であった。
2000年にデビューした氷川きよし(メインイラストの人物)が即大ブレイクしはしたが結局は焼け石に水であった。
2002年にコロムビアミュージックエンターテインメントに改名した。改名後には一青窈木村カエラが、氷川同様デビュー即ブレイクを果たし、氷川と並ぶ3本柱として支える、かに見えたが、2009年に一青が離脱してしまう。
2010年に京都市に本社を構えるフェイスという会社に買収され、日本コロムビアに社名を改めて(実質戻して)いる。
2013年には木村カエラが離脱した(戦前からの「商売敵」に「引き抜かれた」)一方、「アイドルマスター(アイマス)」および「シンデレラガールズ(デレマス)」関連の音楽ソフトが高く安定した売れ行きを示しており、ここ最近は氷川と「アイマス」と「デレマス」で喰っている状況である。
故にJ-POPに関しては、1974年のデビュー以来一貫して世話になってる中村雅俊と、2016年の再結成の際に再びやっかいになることになったTHE YELLOW MONKEY位しか割と知名度の高いアーティストがいない状況にある。

アニメに関しては、1970年代から1980年代にかけて、いわゆるアニソン四天王(ささきいさお水木一郎堀江美都子大杉久美子)を中心に展開していたが、1990年代以降の、アニソンの変質にはほとんど対応出来なかった(J-POPの貧弱さ故にタイアップがとりにくい、声優の歌手活動本格化にどちらかというと消極的だった)結果、こちらも厳しい状況にある。ただし、TBS木曜深夜アニメ枠や、旧角川書店独立局作品のサントラを手掛けることはありはするし、2010年代半ば以降は本職が声優の歌手活動にも本腰を入れてはいる(例・村川梨衣)。ちなみにアニソン四天王のうち、コロムビア一筋かつ元々アニソン歌手としてデビューしたのは堀江のみ(他の3人はよそに助っ人に行く事も少なくないうえ、元々はアニソン以外の分野の歌手であった)。ちなみに、スーパー戦隊といった東映特撮のサントラも手掛けている(仮面ライダーは昭和シリーズが中心で平成シリーズは「仮面ライダー龍騎」以降別の会社に移っている。ゆえに平成シリーズでサントラを手掛けたのは「仮面ライダークウガ」と「仮面ライダーアギト」のみ)。

また、ジャズクラシック音楽も扱っている。さらには音楽ソフトのほか、映像ソフトや女児向け3DSゲームソフトも手掛ける。

とここまで来て、「あれ!?洋楽は!?」と思われるだろうが、1968年までに事実上撤退している。

所属アーティストの詳細は外部リンクの方を参考に。

関連タグ

DENON
ビクターキングレコード:第二次世界大戦前からの商売敵
テイチク:こちらも戦前からの商売敵だが、作曲家やアーティストを大量に引き抜かれたことがあった。
SonyMusic:商売敵のひとつだが、実は浅からぬ因縁がある

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「日本コロムビア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28

コメント