ピクシブ百科事典

目次[非表示]

正式名称は「エイベックス・グループ」。社長は松浦勝人
音楽アーティスト育成だけでなく、アニメ映画製作にも関わっている。

概要

日本だけに留まらず東アジアにも事業拡大している。
日本法人のユニバーサルSonyMusicワーナーよりも人気アーティストを多く抱える日本最大手の音楽会社。かつてのmihimaru GTのように所属はエイベックスでもレコード会社が異なるアーティストもいた。

人気知名度も高い一方、ハゲタカファンドの様に次から次へと無差別に行う事業参入やバブリーかつイケイケな企業体質のせいか、アンチも多く存在している気苦労の絶えない会社。
傘下のドワンゴニコニコ動画を設立したため所属アーティストの多くがニコニコ動画内の番組やPRに出演している。

他のレコード会社よりギャラは良い事から芸能事務所からの前評判は良いらしく、MISIAが事務所の意向で一時期傘下のレコード会社に移籍したり、Mr.Childrenレミオロメンが所属する烏龍舎小林武史の意向で傘下に入っていたりする(その後Mr.Childrenはさらに傘下の独立事務所に移籍、レミオロメンも事務所の意向で移籍したエイベックスから活動休止後に再びボーカルの藤巻亮太がビクターに復帰した)。

またバンドを解散して元いたレコード会社から拾われなかったり、売れなくなって拾い手の見つからない謂わば「崖っぷち」状態の芸能人の駆け込み寺にもなっていた。
特にロックバンドがこの傾向が強く、90年代は「Moon Child」「Janne_Da_Arc」程度しかいなかったのが現在では大量のバンドを抱え込む事となる。また、矢田亜希子との結婚前後から一気に仕事が激減した押尾学も所属していた。

主な所属者

エイベックス・マネジメント

浜崎あゆみ
後藤真希
倖田來未
大塚愛
AAA
ICONIQ
小室哲哉(メイン画)
TRF
EveryLittleThing
DoAsInfinity
鈴木亜美
東京女子流
Dream5
砂川脩弥

旧エイベックス・ヴァンガード

misono
hitomi
BoA
KEIKO
東方神起
川上ジュリア
川栄李奈

旧エイベックス・スポーツ

金本知憲
清水宏保
ダルビッシュ有
本田圭佑
三浦大輔

業務提携

小雪
沢尻エリカ
高岡早紀

AVALON

まりなす

エイベックス・ピクチャーズ

■レーベル所属
i☆Ris
WakeUp,Girls!
Prizmmy☆
後ろから這いより隊
かと*ふく
羽多野渉
■所属声優
安済知佳
安野希世乃
徳井青空響(芸能プロダクション)より移籍)

レーベル

レーベル名ジャンル備考
avex traxJ-POPロック、ダンスエイベックス設立当初から存在したメインレーベル
SONIC GROOVEJ-POP、ダンスライジングプロダクション所属アーティスト専用レーベル
avex globeglobeのプライベートレーベル
cutting edgeロック、ヒップホップavex traxと並ぶ老舗レーベル
avex-CLASSICSクラシックエイベックス・クラシックス・インターナショナル内のレーベル
rhythm zoneR&B、ヒップホップ
iDOL Streetアイドル
avex picturesアニメ音楽、声優、実写2004年10月に発足。2014年4月にavex entertainment、avex modeからアニメ事業を移管。
DIVE II entertainmentアニメ音楽、声優エイベックス・ピクチャーズの派生レーベル
FRAMEアニメ音楽レベルファイブとの共同レーベル


かつて存在したレーベル

レーベル名ジャンル備考
LOiDネットミュージック子会社ハッチ・エンタテインメントのレーベル。2011年2月に会社合併によりレーベルごと消滅
JUNK MUSEUMロック2012年5月に消滅
J-moreJ-POP2014年4月に消滅
avex entertainmentアニメ音楽、実写2014年7月1日にavex traxに吸収統合
avex modeアニメ音楽2014年に消滅
RIDDIM ZONEレゲエ2015年に消滅
Dimension Point安室奈美恵のプライベートレーベルだったが、安室の引退に伴い、2018年9月に運営終了。

関連記事

親記事

レコード会社 れこーどがいしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エイベックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8982

コメント