ピクシブ百科事典

金本知憲

かねもとともあき

元プロ野球選手。外野手。右投左打。阪神ファンからは敬意を込めて「兄貴」と呼ばれている。 2016年から2018年まで阪神タイガースの1軍監督を務めた。

経歴

1968年4月3日生まれ、広陵高校から一浪して宮城県の東北福祉大学に進学。
1991年、ドラフト会議で広島東洋カープから4位指名を受ける。
1992年、地元の広島東洋カープに入団、背番号は「10」
2003年、FAを行使して阪神タイガースに入団、背番号は「6」
2006年、連続フルイニング出場の世界新記録を樹立。広島東洋カープ時代の1999年から継続し、2010年4月18日に途絶えるまで、1492試合連続フルイニング出場を果たした。

2012年引退。通算2578試合出場、通算打率.285、476本塁打、1521打点、167盗塁をマーク。
最優秀選手1回、打点王1回、ベストナイン7回、オールスター11回。

野球解説者を経て2016年から第33代阪神の1軍監督に就任、現役時代の背番号「6」を使用することになった。就任2年目の2017年は、レギュラーシーズンで2位に入りCSに進出するも、3位・横浜DeNAベイスターズに1勝2敗で1stステージ敗退。
2018年は極度の打撃不振とシーズン終盤の故障者増加のため、チームは61勝79敗2分けで17年ぶりの最下位となり、その責任を取る形で10月11日、辞任を発表した。この時、当時の坂井信也オーナーは「私どもにも責任がある。金本監督にはつらい思いをさせてしまった。金本監督を支えられず本当に申し訳ない」とフロント側にも責任があるコメントを発表し、坂井オーナーは退任となった。

関連タグ

新井貴浩:弟分としていじる。広島→阪神のFA移籍をした共通点がある。
引退したプロ野球選手一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「金本知憲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75955

コメント