ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

クライマックスシリーズ

くらいまっくすしりーず

日本プロ野球において、日本シリーズ出場を懸けたプレーオフトーナメントのこと。ここではこの制度導入前にパ・リーグで3年間行われたプレーオフについても述べる。
目次 [非表示]

概要

2004年からパ・リーグで行われた優勝決定のプレーオフを原型として、2007年からセ・リーグにおいても同様のプレーオフを実施する際にこの名称が採用された。通称CS

現行制度では、CSを勝ち上がったチームは日本シリーズへの出場権を獲得する。なおリーグ優勝については、レギュラーシーズン(ペナントレース)の勝率1位チームが獲得することになり、CSで2位以下のチームが勝ち上がっても剥奪はされない。


現行ルール

  • 各リーグでレギュラーシーズン(ペナントレース)勝率3位と2位のチームがファーストステージを3試合制で戦い、2戦先取したチームが勝率1位のリーグ優勝チームとファイナルステージを戦う。
  • ファイナルステージは6試合制で4勝した時点で日本シリーズ進出となるが、勝率1位のリーグ優勝チームは1勝のアドバンテージが与えられる。
  • 引き分けや試合の開催中止が生じて勝敗が並んだ場合、レギュラーシーズンにて上位の球団が勝ち抜きとなる。引き分けによる再試合は設けない。
    • 例えばファーストステージで1勝1敗1分けとなった(もしくは2位のチームが2試合終了時点で1勝1分け)場合は、規定により2位のチームがファイナルステージへ進出する。
    • ファイナルステージでは3試合終了時点で勝率1位球団が2勝1分けになった場合、2位以下のチームが残り3戦を全勝しても五分の成績にしかならないため、規定により勝率1位球団の勝ち抜きが決定する。
  • 開催球場はレギュラーシーズンにて上位である球団(ファーストステージでは2位の、ファイナルステージでは1位の球団)の本拠地を使用する。
  • クライマックスシリーズのチームおよび個人の成績は、レギュラーシーズンに加算されない。勝率1位球団がCSで敗れても、同年の(レギュラーシーズンにおける)リーグ優勝が剥奪されることはない。個人連勝記録や連続試合安打記録などを持っている選手がCS中に記録を伸ばせなくても、レギュラーシーズンでの記録は継続となる。

評価

元々はレギュラーシーズン終盤の消化試合を減らし、興行収入の増加を見込んだ制度であり、興行的には一定の成功を収めているが、功罪相半ばする制度として今も議論され続けている。

功の部分としては、リーグ優勝が決まると残りの試合がいわば気の抜けた消化試合になり、興行的にも盛り上がらないことこの上なかったが、クライマックスシリーズの導入後、3位までに入れば日本シリーズに出場できる&日本一になれるチャンスが広がることになり、結果として消化試合の数も少なくなった。


罪の部分では、たとえペナントレースを独走して1位(=リーグ優勝)になったチームでもクライマックスシリーズに敗れた場合、日本シリーズに出場することができず、たとえ勝率が5割を割ったチームでもクライマックスシリーズを勝ち上がれば日本シリーズに出場することができることである。この場合、それまで行われたペナントレースが無意味であるかのように思われ、苦労して1位になったにもかかわらず文字通り「水の泡」になってしまう。


その他情報

  • 最多出場チームは読売ジャイアンツ福岡ソフトバンクホークスの13回。
  • CS開催が始まった2007年以降「Aクラス=CS出場権」となったため、よりAクラス争いが熾烈になった。
  • 2021年にオリックス・バファローズがCSを突破したことで、現行12球団の全てが「CS突破からの日本シリーズ出場」を決めたことになった。
  • 現行12球団のうち初出場が最も遅かったのは横浜DeNAベイスターズで、2016年に漸く初出場を果たした。
  • 埼玉西武ライオンズは短期決戦に弱い傾向にあり、2008年を最後にCS突破と日本シリーズ出場が出来ていない。
  • 2007年はレギュラーシーズン2位の中日ドラゴンズが、2010年はレギュラーシーズン3位の千葉ロッテマリーンズが日本シリーズに進出、日本一を勝ち取っている。また、2014年はレギュラーシーズン2位の阪神タイガースが、2017年にはレギュラーシーズン3位の横浜DeNAベイスターズが日本シリーズに出場しているが、日本一は逃している。
  • 2020年はCOVID-19感染流行を受けた影響で、レギュラーシーズンの開幕自体が遅れたため、雨天中止に備えた予備日を多く確保しておく必要性からセ・リーグのほうは設定なしに。パ・リーグについても勝率1位対2位のファイナルステージのみの開催となった。

プレーオフ(2004〜2006年のパ・リーグ)について

パ・リーグで2004年から3年間行われたプレーオフは、現行制度と似通っているが、以下の違いがある。


  • プレーオフを制したチームがそのままリーグ優勝チーム扱いとなる
  • 2004,2005年では、リーグ勝率1位チームに与えられるアドバンテージはゲーム差5をゲーム以上離した場合にのみ与えられた(2006年では無条件)
  • ファイナルステージは5戦3勝制で行われ、2006年はこれに加え第3戦・第4戦は2位以下のチームの主催試合だった

この制度により、2004年は西武ライオンズが、2005年は千葉ロッテマリーンズが勝率2位ながらプレーオフを勝ち抜きリーグ優勝を果たしている。

2006年は勝率1位の北海道日本ハムファイターズがリーグ優勝を果たしたが、同プレーオフで初にして最後となる「勝率1位チームのリーグ優勝」だった(なお、ファイターズの2連勝で決着して第3戦以降が行われなかったため、2位以下のチームが主催するファイナルステージは実現しなかった)。

そして3年ともファイナルステージで破れたのはホークス(福岡ダイエーホークス福岡ソフトバンクホークス)である


関連タグ

プレーオフ 日本プロ野球/NPB 日本シリーズ ☆●●●●

関連記事

親記事

日本シリーズ にっぽんしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107439

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました