ピクシブ百科事典

のまネコ

のまねこ

のまネコとは、インスパイヤであり、オマージュであり、パスティーシュであり、トリビュートであり、同時にエイベックスである。
目次[非表示]

概要


元はルーマニアの音楽ユニット『O-Zone』の楽曲『Dragostea Din Tei(恋のマイアヒ)』と、それを基にした空耳Flashアニメ
不必要に酒をかっくらうモナーたちによるPVの大人気ぶりに目を付けたエイベックス
音楽以外の著作権に引っかかる部分を修正して公式PVとして採用した。
この際に『モナー』を商品化すると反発を食らうと思って修正したのが『のまネコ』である。
以降、その問題点を簡単に説明する。

問題点

モナーを商業ベースに乗せること自体は問題ない(事実上著作権フリー)だが、
このモナ……のまネコを『オリジナルキャラ』と言い張り商標登録した事が『モナーの改竄/私物化/金儲けの道具化』と見られる。
既存のキャラクターに『オリジナリティ』と称する変更点を加えてもそれは『二次的著作物』であり、
分かりやすくいえば同人と同じなので著作権法違反で訴えられる可能性がある。金儲けを狙えば尚更である
『似ている物』があると知らずに出してしまった場合、それを知らなければ著作権法違反にならない可能性もあるが、
エイベックスは『知ってた上でモナーをのまネコに変更して出した』ので言い逃れが出来ない。

副次被害として『企業が』のまネコを大々的に打ち出した関係でモナーよりのまネコを先に知ってしまい『のまネコはオリジナル』と思っちゃう人も出たとか。

その後

この問題を受けてエイベックスは自社が発売するO-ZoneのCDやサイトからのまネコ部分を削除し、
のまネコ版Flashが収録されたCDは廃盤として回収することになった。
のまネコグッズについては『ロイヤリティを受け取らない』事で対応しようとしたが、グッズは作られ続けていた様子で、
作られては抗議され中止になる、のサイクルが続いていた。
あまりの恨みに脅迫や殺害予告まで出たが、流石にこれは警察に『普通に処理』された。

関連タグ

エイベックス ニコニコ大百科での記事
モナー AA
著作権 二次創作
タカラトミー (合併前のタカラ社がギコ猫を商標登録して同様に問題になった)

pixivに投稿された作品 pixivで「のまネコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20464

コメント