ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

京都市出身の歌手・タレント。元・エイベックス所属のアーティスト。元day after tomorrow(dat)のリードヴォーカルで解散後ソロデビュー。
本人いわく、浜崎あゆみからの影響が強いという。

倖田來未の実妹。同郷の島田紳助の肝入りで芸能界デビューした。
一人称は「うち」で、姉さながらの関西弁でしゃべる。

太りやすい体質らしく、ダイエットとリバウンドを繰り返している。dat時代にはテイルズオブシリーズへのタイアップが多かった。
2017年にロックバンドHighsidEのNosukeと結婚。約8回も結婚式を挙げたとされる。

2018年にメニエール病に罹患したことで現在では活動は縮小していて、その影響からか2018年10月31日付をもって長年に渡るエイベックスとの専属契約を終了した。

評価

2009年の紅白歌合戦には姉と共に出場(※ゲストとして)し、舞台の主演女優を務めるなど活躍の幅は広い。
しかし、元ヘキサゴンファミリーという独特の空気感やギャル寄りの陽キャラという好き嫌いがわかれるキャラ付けなためか、ネット界での評価は贔屓目に見ても賛否両論

絶頂と地獄を同時に味わった男こと有吉弘行からは「エロみっともない」という渾名をつけられてしまい、遠回しに姉の七光りを皮肉された(※倖田のキャッチフレーズが「エロかっこいい」であることにかけたもの)。
それでもキャラを崩さず有吉にからんだために今度は「お前地獄見たことねぇだろ」と言われてしまう。

この結果、有吉がDJを務める有吉弘行のSUNDAY_NIGHT_DREAMER(以下サンドリ)ではゲスナーといわれるハガキ職人から目を付けられてしまい、『アメブロの文章がポエミィで異様に長く、ラジオで紹介するには大幅カットを要する』といったことをネタにされるようになり、両者には因縁が続くことになる。

もっとも有名なのは、2014年にLINE動画にて10月13日発売のアルバム『家-ウチ- ※アルバムが1万枚売れなかったらmisonoはもうCDを発売することができません。』発売に際してmisono本人が「1万枚売れなければ今後CDを出さない」と宣言した一件であろう。これは事実上の引退宣言とされ、実際のCD売上は5816枚で打ち止めになった。
しかし、その後に新しい仕事が決まったことや、CD販売のノルマ未達成などを理由にmisonoは引退宣言を撤回した。2015年4月12日放送のサンドリではこの一件を引退詐欺と称し、有吉は「志半ばにしてしょうがなく辞めていく連中が多いのに、こうやって『引退引退詐欺』みたいなことされると無性に腹が立つ(意訳)」と憤ったが、misonoはこれを聞くと13日深夜に田村淳の自宅に駆け込み「もう有吉さんにめっちゃ叩かれましたー!」と泣きつく。しかし、間もなく田村はこのことを有吉に通報してしまい、あまつさえ「来たよってこと、ラジオで言ってもいいよ。」とむしろ事態を煽る。田村からの公認を得たことで、26日の放送でもきっちりこのことは話題にされてしまい、有吉は「misonoの周りは『アウトレイジ』じゃねえか」と爆笑した。
ソース

この一件で引っ込みがつかなくなったのか、misono本人によるCD発売はこれ以降は一切行われていない。

関連タグ

歌手 声優 ヘキサゴンファミリー

関連サイト

misono Official Blog Powered by Ameba - アメブロ
有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER

関連記事

親記事

エイベックス えいべっくす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「misono」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20702

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました