ピクシブ百科事典

ママレード・ボーイ

ままれーどぼーい

ママレード・ボーイとは、吉住渉による少女漫画。
目次[非表示]

マーマレードボーイではない。

概要

吉住渉による少女漫画。雑誌『りぼん1992年5月号~1996年10月号に連載された。単行本はりぼんマスコットコミックスより全8巻、完全版が全6巻。

また、後述のテレビアニメ版の脚本を手掛けた影山由美による小説版も存在する(コバルト文庫から全10巻)。

あらすじ

主人公・小石川光希(こいしかわみき)は突然両親から「離婚する」と告げられる。 しかもただの離婚ではなく、ハワイ旅行で出会った松浦夫婦とパートーナーを交換して再婚し、みんなで一緒に暮らしたいと言う。
光希は相手の松浦夫婦の息子・松浦遊(まつうらゆう)を味方につけて反対しようとするも、失敗。夫婦2組とその子供達、計6名での同居生活がスタートする。

登場人物

summer


松浦遊 /ママレード・ボーイ


光希の男友達兼初恋の相手。光希を「間違えて」振ってしまったことから、彼女に対しかなり未練がある。
光希の親友。どこか陰りのある美少女。初めて書いた小説で文学賞を取ってしまったくらい、物書きの才能がある。
資産家の娘だが、家庭環境はかなり複雑。教師の名村慎一との恋愛の泥沼にはまってしまう。もちろんこんな事は光希にも言い出せなかった。
遊のモトカノ。かなり気が強く、彼に振られたとき、「お前なんか死ぬまでまともな恋愛出来んわ!!」(要約)と捨て台詞を吐いた。
光希達のクラス担任の教師。生徒達からの信頼が厚く、教師としてはまともだったが、茗子にうっかり手を出したばっかりに、教師という稼業を追われてしまった。自業自得
  • 三輪悟史 声:太田真一郎
光希が通う高校の生徒会長。遊とつるむことが多い。おネェちゃんに目がないイケメン。
悟史の従妹の中学生。下手に可愛い面構えをしているのでモデルをしており、しかも結構人気がある。
遊の知り合いの少女。病弱。遊からは「赤毛のアン」にちなんでアンと呼ばれている。
なお、原作には出てこない、アニメオリジナルキャラクター。

テレビアニメ

1994年3月から1995年9月まで、テレビ朝日系列局(ただし一部系列局除く)に加えて、TBS系列局約2局、日本テレビ系列局およびフジテレビ系列局各約1局ずつで放送された。ホスト局は朝日放送、制作は東映動画 (現・東映アニメーション)。全76話。
余談だが、愛媛朝日テレビでは開局時期の都合上第4話から始まってしまったため、「つかみの部分見てないから、何のこっちゃわからん」と困惑した視聴者が少なからずいた様である。

テレビアニメにはオリジナルキャラクターも存在する。そのキャラクターデザインは原作者の吉住が直々に担当した(が、スタッフロールにはあくまでも原作者でのみクレジットされている)。

本作は「美少女戦士セーラームーン」シリーズを卒業した年代をターゲットとして製作された作品である。

前番組「GS美神」の視聴率には及ばなかったものの、本作も先述の美少女戦士の最盛期に匹敵する最高視聴率を記録した。結果、本来は1年の放送予定が半年間延長を果した。さらに、その延長ゆえに原作には無いエピソードが作られている

しかし、放送時間枠のメインスポンサー様の絡みで、幼児向けの関連グッズも販売されていた。しかも半ば強引に本編に差し込まれていた。こちらは前番組と違ってボイスレコーダー「ボイスメモ」が結構売れたそうな。なお、関連グッズを強引に本編にぶっ差し込んだものとしては、同じ「りぼん」発作品である「こどものおもちゃ」があげられる。ただしこちらのメインスポンサーは本作のメインスポンサーの商売敵であった。

楽曲一覧

ここでは、本編中に流れた楽曲を掲載する。

主題歌

  • 笑顔に会いたい/濱田理恵

このアニメのファンである、声優の竹達彩奈がカバーしたことがあった。
また、お笑いタレントのケンドーコバヤシがとある番組で歌ったこともあり、動画は200万回以上も再生されている。

エンディングテーマ

  • 素敵な小夜曲/藤原美穂(31話まで)
  • 枯れ葉色のクレッシェンド/水島康宏(32話-53話)

後述の「Rain」のアレンジ・歌詞違いバージョン。

  • 夜明けのエチュード/市川楊子(54話以降、劇場版)

挿入歌

☆はCDシングルに収録された曲

  • ☆MOMENT/國府田マリ子
第1話から多数のエピソードに流れた曲。別名「光希のテーマ」。この曲を聴いた方々もおおく、主題歌のサブテーマとしても過言ではないだろう。伝説の第25話でも流れ、堂々とアレをやっちゃう間には、盛り上がるところで失神いえキュン死にするかもしれない。
なお、この曲は、別バージョンとして、曲の前にオルゴールが流れるロングバージョンが存在する。これは「ママレード・ボーイ Vol.3 ママレード・ヴォイス!~ヴォーカルアルバム~」に収録されており、5分23秒もある。(シングル盤は4分30秒)
  • ☆最後の約束/國府田マリ子
第17話で初登場した曲。MOMENTとともに多数流れた。別名「茗子のテーマ」。別れのシーンでよく流れる。名村先生との別れのシーンでも流れるので、ハンカチを用意して見ることをおすすめする。
  • Friend Ship/濱田理恵
第35話の回想で登場。
  • SOUTH WIND/國府田マリ子
第69話で登場。その時は、海の回であった。
  • RAIN/置鮎龍太郎
第32話のバンド演奏シーンにて登場。本編では、フルサイズで演奏した。この曲は、先述の通りエンディングテーマでも歌詞とアレンジを変えて使用された。
  • 悲しい時はいつも/ 金丸淳一
第40話で登場。別名「銀太のテーマ」。
  • 太陽を捜して/久川綾
第32話で登場。別名「亜梨実のテーマ」。
  • 今日の終わりに/國府田マリ子
第29話で登場。「最後の約束」のカップリング曲。
  • エンジェル/丹下桜
第42話で登場。別名「すずのテーマ」。演じている人が演じている人故、あの人の当たり役と勘違いしないように。
  • そばにいたい/井上喜久子
第59話で登場。別名「杏樹のテーマ」。挿入歌では最長の曲であり、フルサイズで6分7秒の演奏時間である。
  • ☆笑顔に会いたい(Slow Version)/濱田理恵
第22話で登場。オープニング主題歌のスローバラードバージョン。「MOMENT」のカップリング曲。
  • ワガママでいこう!/Yukari
第58話で登場。
  • ハッピーエンドは終わらない/Yukari
第56話で登場。
  • もういちど春が来るまえに/國府田マリ子
第51話で登場。
  • ☆夢のおはなし/水島康宏
第52話で登場。別名「光希と遊のテーマ」。「枯れ葉色のクレッシェンド」のカップリング曲。
  • ☆melody-抱きしめて-/國府田マリ子
劇場版挿入歌。

BGM・曲

ここでは有名なBGMおよび曲を掲載する。なおサウンドトラックは非常に入手が困難なため、チャレンジをする方は、探してほしい(無理にとは言わないが)。

  • 笑顔に会いたい【Chu-Chu-La スキャットヴァージョン】/濱田理恵
新番組予告・第4話などで流れた。「笑顔に会いたい」のスキャット版である。なお、動画コメントでは、「ちゅるちゅる」と言う人もいるが、「チュッチュ」である。(そんなことはどうでもいいが)
サウンドトラック「ママレード・ボーイ Vol.4 幾つもの出会いを重ねながら」に収録。
  • MOMENT(オルゴール版)
第22話で、オルゴール版が流れた。MOMENT(ロングバージョン)の冒頭を使用。
  • for miki/美野春樹(演奏)
第41話で土屋蛍が演奏した。本編中では、省略版として放送された。フルサイズは5分16秒。サウンドトラック「ママレード・ボーイ Vol.4 幾つもの出会いを重ねながら~ロマンティックアルバム~」に収録。
なお、サウンドトラック「ママレード・ボーイ Vol.8 Final Edition~総集編だよっ!!~」のブックレットには、ピアノ楽譜が掲載されている。

各話リスト

エピソードサブタイトル備考
第1話恋がしたい 「カッコイイけど許せない!」
第2話キス後遺症 「あいつの気持ちがワカラナイ」
第3話2つのキス 「遊に恋人がいた!?」
第4話銀太の告白 「おまえをあいつに渡さない!」愛媛朝日テレビはこの回から放送開始
第5話恋人の伝説 「メダイユに想いをこめて」」
第6話ラブゲーム 「銀太なんか大嫌い!」
第7話恋の北海道 「どうなってるの? あの二人!」
第8話大人の香り 「やきもちなんてやいてない!」
第9話アルバイト 「恋の勝負は売り上げ次第!」
第10話初めての夜 「お風呂でドキッ♥」」
第11話バースデイ 「遊が私を見つめてる…」
第12話スマッシュ! 「遊と銀太どっちも好き…」
第13話恋と友情 「銀太、亜梨実さんとつきあって!」
第14話恋する資格 「あなたは遊にふさわしくない!」
第15話茗子の秘密 「話してほしかった…」
第16話男の決断 「なっちゃん、辞めないで!」
第17話茗子の別れ 「さよならなんてできない!」
第18話恋のゆくえ 「思い通りにならないね」
第19話入籍騒動 「非常識なんて言わないで!」
第20話怪しい二人 「遊と三輪さんがカップルゥ?!」
第21話軽井沢旅行 「やっぱり……変!」
第22話Wデート! 「好きなのにわかりあえない」
第23話衝撃の告白 「遊、何を言ってるの?」
第24話出生の秘密 「遊をほっとけないの!」
第25話リアルキス 「あたし、遊が好き!」
第26話新たな不安 「幸せすぎて…怖い」
第27話恋の不安 「この幸せはいつまで続くの?」
第28話ゆれる心 「あたしもバイトするっ!!」
第29話恋の邪魔者 「メダイユがみつからない!」
第30話ライバル 「ゆー、大好きよ」
第31話すずと蛍 「不安にさせるこの二人…」
第32話恋の学園祭 「遊と蛍のコンサート」ED変更
第33話恋の迷い道 「好きだ!」
第34話別れの予感 「ハロウインパーティーのたくらみ」
第35話すれちがい 「別れようってことなの?」
第36話一人ぼっち 「俺が忘れさせてやる!!」
第37話悲しい再会 「吹っきれたと思ってたのに…」
第38話杏樹の想い 「光希さんの次でいいの!」
第39話せつない恋 「ずっと遊が好きだった…」
第40話聖なる夜 「イヴなのに一人ぼっち…」
第41話恋人達の朝 「メリークリスマス」
第42話新春恋模様 「サイコーの年になりそう」
第43話スキー旅行 「二人っきりになんかさせない!」
第44話二人の将来 「遊の夢、私の夢は?」
第45話ゆれる茗子 「私、広島に行く!」
第46話広島へ… 「もう一度そばにいさせて!」
第47話海辺の二人 「君の幸せを思うから…」
第48話チョコの味 「甘くて苦いバレンタイン!」
第49話愛のかたち 「幸せになるってムズカシイ」
第50話留学生登場 「マイケルって…変!」
第51話三角関係 「ふりまわされて…」
第52話月夜の決心 「遊、離れるなんて…イヤ!」
第53話思い出作り 「何が起こっても後悔しない」
第54話新生活 「遊、今頃どうしてるかな?」OP/ED変更
第55話波紋・再び 「ニューヨークは遠すぎる!」
第56話すれちがい 「あたしの恋人は遊なのに…」
第57話恋の迷い道 「もう耐えられない! 寂(さみ)しいの…」
第58話告白の音色 「ボクを男として見てほしい!」最高視聴率16.1%をマーク
第59話不安な週末 「遊の声が聞きたい!」
第60話恋人は遠い 「遊はあたしの目の前にいる」
第61話N.Y(ニューヨーク)の罠 「遊、あたしが馬鹿だったの?」
第62話さよなら 「もう…彼女でいられない」
第63話涙を抱いて 「今は一人でいたい」
第64話二人の問題 「おまえの声が聞きたい」
第65話かたい決意 「光希は…おれがもらう」
第66話新たな選択 「あいつを忘れなくてもいい」
第67話ともだち 「あたしには蛍クンが必要なの!」
第68話揺れる恋人 「サヨナラ…銀太」
第69話恋の勇気 「決心がついた!」
第70話ただいま 「どんな顔して会えばいいの?」
第71話星と月の夜 「近くにいても…寂しい」
第72話異母兄妹 「幸せが…こわれていく」広島ホームテレビでは放送日時差し替え
第73話別れ 「こうするしかなかった…」
第74話想い出の箱 「バイバイ、遊」
第75話兄と妹!? 「別れるしかないんだ!」最低視聴率7.8%を取ってしまった
第76話たびだち 「そして、愛は歩きだす」



劇場アニメ版

この項目はネタバレを含みます

 東映アニメフェアにて、劇場版が1995年3月4日に公開された。タイトルは、「劇場版ママレード・ボーイ」である。上映時間は26分である。
 内容は、アニメ版のその後ではなく、1話と2話の間である、1.5話相当と思われる。要は、「遊がどうして光希を知ったのか」ということである。また、アニメで触れなかった、遊の家族については、結構お金持ちで華やかだったと思われる。
 途中、ガストマンという戦隊物が登場する。それも、戦隊シリーズにちなんで、5人の子どもたちが、戦隊に変装し悪を退治するという活躍ぶりであった。
 ちなみに遊が光希を好きになったきっかけとは、光希のテニスルック姿である。光希は、ガストマンと遊んでいる(襲われているということもある)最中にリストバンドを落としてしまったが、遊が拾い、お守りとして返さなかった。
 劇場版は、長らく、ビデオでしか見られなかったが、DVD-BOXで同梱され、見ることが出来るようになった。ただし、単発での販売は行っていない。

実写ドラマ版(台湾)

2001年、台湾で実写ドラマが制作された。

実写映画版

2017年8月22日、実写映画版の制作が発表され、2018年4月27日公開予定。
なお、作者の吉住曰く「(実写はあこがれでした。オファーがあった時はとても嬉しかったですねー」とのこと。

続編『ママレード・ボーイ little』

ママレード・ボーイ little


本編終了後、両家にそれぞれが生まれ、その両名を主人公とした「ママレード・ボーイ little」が、2013年よりCocohanaにて連載開始。2017年で連載4年を経過し、すでに本編より長い連載期間になっている。

余談

実は作者は、アニメと原作が同時展開になってしまったがゆえに、光希と遊の意外な関係を、自分の想定したタイミングでバラせなかったことにかなり不満を持っていた。そのことを本作の単行本で暴露したことがある。
さらに、本来は光希と遊、茗子と慎一を破局させるつもりでいたのだが、編集サイドから「そんなひどいオチは絶対にダメ!!!!!!!!!!」と怒られてしまい、渋々そのオチをあきらめた。
また、テレビアニメに関しては、先述のアニメオリジナルキャラのデザインを手掛けたほか、一部キャラの色設定やデフォルメキャラの造形にも参加しているが、その一方で「キスシーン長すぎるんだよ!!」とあきれかえった
そのキスシーンに関しては不快感を表した視聴者も多かったそうで・・・・・・・今ならBPOものかも。

表記揺れ

ママレードボーイ

関連タグ

漫画 少女漫画 りぼん 吉住渉
マーマレード

外部リンク

実写映画版公式(ティザー)サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ママレード・ボーイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55760

コメント