ピクシブ百科事典

木之本桜

きのもとさくら

『カードキャプターさくら』の主人公。
目次[非表示]

CV:丹下桜

概要

呼ばれ方は「さくら」。スポーツが好きで、特にバトンローラーブレードが得意な小学生の女の子。
母親はさくらが幼い頃に死去しており、大学講師の父高校生の兄と三人暮らし。

明るく素直かつ前向きな性格で、「絶対だいじょうぶだよ」が無敵の呪文。
友達思いで、他人のために涙を流す事が出来るとても純粋で心優しい女の子。

ある日、父の書庫で見つけた不思議な本から、その本の封印の獣・ケルベロス(通称「ケロちゃん」)が現れた。その本には魔術師クロウ・リードが作った魔法のカード「クロウカード」が入っていたが、既に世界のどこかに解き放たれてしまっていた(アニメ版ではこの本をさくらが開いた際、一番上にあったカードの名前「風(ウィンディ)」を読んだためにカードが飛び散ってしまう)。
封印が解かれるとこの世に「災い」が訪れるというクロウカードを回収するため、さくらはケルベロスによって強制的に「カードキャプター」にされ、町中に散らばったクロウカードを封印する魔法少女となった。

クロウカードを1枚封印するごとにそのカードに宿る魔法が使えるようになり、次のカードを封印する手立てとなる。

小狼に対して、最初は苦手意識を持っていたが、徐々に親しくなっていき後に名前で呼び合う仲になる。その後、彼からの告白を受け彼への恋心を自覚し、最終的には両想いになる。
雪兎に対する好意は、彼が父・藤隆に似ていることによる家族愛や憧れによる敬愛心である。小狼と両想いになって以降は、雪兎を本当の家族のように慕っている。

『クロウカード編』では、クロウが宿していた闇の力を持つ封印の杖を使用していたが、月(ユエ)との戦いの時に歌帆の手助けもあり、自身の属性である「星」の力を宿した杖に変化した。その星の杖で最初に使ったカードは「風」である。(これはさくらが最初に所持していたクロウカードでもある)

『さくらカード編』でクロウカードをさくらカードに変え始めた当初は、魔力が足りずに眠くなっていたが、カードを全て変え終えた時にはクロウを越える強い魔力を手に入れた。

『クリアカード編』では中学生になり、突如透明になってしまったクロウ/さくらカードの代わりに謎のカードを集めていくことになる。
学校では小学校時代同様チア部千春と共に入部。学習面では最初は勉強に戸惑う様子も見られたが徐々に克服していく。ただし英語は少々苦手。転校生の秋穂とは様々な共通点から仲良くなる。
作る料理にもバリエーションが増えていき、現在は(小狼に食べてもらうために)玉子焼きの練習中。しかし、一方で両思いとなりながらもすれ違い気味になっている所を少しもどかしく感じているようだが、「自分に出来ることを精一杯やってみる」と諦めずに頑張っている。


余談だが、さくら自身はあくまで封印が目的であって変身魔法は持たないため、多様なバトルコスチュームは親友の知世の手作りであり、毎回封印前に着替えている。(ただし言うまでもなく緊急時はこの限りではない)

無題


他のキャラも言えることだが、私服のバリエーションは数あるアニメ・漫画の中で随一であり、ほぼ毎回違った私服を着ているのが特徴。

プロフィール


誕生日4月1日
血液型A型
好きな科目体育音楽
苦手な科目算数(後に克服する)
所属クラブチアリーディング部
好きな色ピンク
好きな花
好きな食べ物オムライス、めん類
苦手な食べ物こんにゃく(ブヨブヨした食感がダメとの事)
得意な料理ホットケーキ
今欲しいもの新しい通学用かばん
口癖「はにゃーん」「ほえ~」

人物

先述の通り心優しく、誰に対しても朗らかに接することができる。発表会に応援に行ったり、悩み事があれば相談に乗るなど友人思いで、敬愛する人に対しては献身的ですらあり、赤の他人でも困っている様子であれば極力手助けしたいと考える。
また、周囲に個性的な人物が多いためか、大抵のことは苦笑しつつ受け流せる図太さも持ち合わせる。
しかしながら桃矢やケロちゃんに対しては例外的に感情的になりやすく、いわゆる喧嘩するほど仲がいい状態。
特に桃矢に対しては年頃もあって扱いがぞんざいで、しばしば暴力的に接する。桃矢が余計なことを言っては桜が向う脛を蹴り飛ばすのがお約束の流れとなっている。桃矢本人の言動からして致し方ない部分もあるが、ローラーブレードで蹴りつけるのはやめてあげてください。

記事冒頭に書いたバトン、ローラーブレードの他、陸上体操水泳等々体を動かす分野に関しては小学生離れした才能を見せ、反射神経もぴか一。

身体能力以外では家事全般(裁縫除く)が得意分野。特に料理はお手の物。当番以外でも、しばしば父親の弁当を用意したり、ホットケーキをおやつに作ったりしている。
苦手なのは早起き。勉強もあまり好きではなく、授業が潰れることを喜んだり、8月31日は地獄を見たりするタイプ。
何よりダメなのが幽霊。幼いころから桃矢に幽霊ネタでからかわれ続けたのがトラウマになっているらしく、怖い話には悲鳴を上げ、夜の学校でのカード回収作業も引け腰。怪奇現象に遭遇するとパニックに陥る。
しかしながら現象の原因がクロウカードと分かると恐怖心はなくなる。本人曰く「クロウカードは正体が分かっているから怖くない」とのこと。

ただし、焦りやすい部分と言った精神的な弱点もあり、クロウカードが使い物にならなくなってしまうのを防ぐために無理矢理数枚のクロウカードをさくらカードに変換しようとしたり(その結果、「駆」のカードが暴走してしまう結果となった)、雪兎(=ユエ)が魔力枯渇により消滅してしまうのを自分のせいだと自責したりしたこともあった(後者の場合、そうなることを予測していたため、ケロちゃんは敢えて黙っていた)。

うろたえたり、事態が飲み込めなかったり、呆れたりするときの口癖は「ほえ〜」であり、その場のシチュエーションによって、やや言い回しにバリエーションがある。
また、小学校時代は、何かに見惚れたとき・照れたときなどに「はにゃーん」と言うのが口癖だったものの、中学生になってからは恥ずかしさを覚えたためか、その口癖を控えている様子。(ただし、ふとした拍子から口に出してしまう事もある)

力量

最終的には、クロウ・リードをも超える作中最大の魔力を有する存在となる。クロウ・リード自身がCLAMPの歴代作品全体をひっくるめてもトップクラスの魔導師であるので、魔力と才能だけならCLAMPキャラ最高レベルと言っても過言では無いと思われる(但し経験的にはまだまだ初心者なので、現時点においては彼女以上の魔導師も大勢いる)
また、クロウカードの汎用性能から一般に『魔法少女』と呼ばれる(他版権作品も含む)キャラクターの中でも見劣りしない能力を持つと推測される(※)。二次創作系のクロスオーバーでもトップクラスの魔法少女として扱われることが多い。

さらに魔法を使わずとも、身体能力、反射神経も常人と比べかなり高く、体育の時間では跳び箱で半捻り空中回転を披露。
作中では一歩間違えば命の危険もあるアクロバットを度々こなしている。
また、クロウカード編の最後では、驚異的とも言うべき頑丈さを発揮していた。

※あくまでファンの推測であり、公式で明言があるわけではない。注意しよう。
公式なのか二次製作なのかは微妙なところだが、こんなタグも見られるようになった。

関連イラスト

さくらちゃん
ラクガキCCさくら


カードキャプター
桜


さくらちゃん
絶対大丈夫


さくら
プラチナ



その他

CLAMPの別作品『ツバサ-RESERVoir_CHRoNiCLE-』にも27巻、28巻にゲスト出演している(物語の結構重要な位置)。
ちなみにCCさくらの姿より大人びており、CLAMPの別作品魔法騎士レイアースのキャラクター、獅堂光龍咲海鳳凰寺風が一緒に出ている事からこの4人は高校生である事が推測できる。またその4人は仲が良いように思える。

なお、李小狼とは嫌いな物が共通しており、同じ魔法少女モノの「魔法少女リリカルなのは」の主人公、高町なのはと得意科目・苦手科目が真逆である。

竹達彩奈が2016年6月23日にTwitter桜のコスプレ姿を投稿した

また、2017年10月10日より始まるグランブルーファンタジーコラボイベントとして、ある存在の手により、友枝町からグランブルーファンタジーの舞台である空の世界に飛ばされることとなった。(※なお、このグラブルイベントにおけるさくらの時系列はまだ小学生時代の、小狼を「李くん」と呼んでいた頃。知世と小狼、ケルベロスも世界移動に巻き込まれ、さくらともどもグラブルの世界に飛ばされることになる)

また、このコラボイベントにおいて、さくら本人もイベント報酬でプレイアブルキャラクターとして実装された。
属性は光。レアリティは、基本的にSRとなることが多い他作品コラボキャラとしては2人目となるSSR。(ちなみに1人目はで、3人目は、4人目は
通常攻撃を行わず、奥義にもダメージがない。
その代わり『』、『』、『』、『』のクロウカードの力を用いる各種スキルと奥義の『』の効果、サポートアビリティでバッファー兼デバッファーとなっている。

関連タグ

カードキャプターさくら CCさくら CLAMP
魔法少女 人生ブレイカー コスプレ ロリ 小学生/女子小学生 主人公 萌え
素敵ですわさくらちゃん

カップリング

小狼×さくら さくとも

その他

三越さくら中の人名前繋がり。同時期(90年代)に丹下桜が演じた「ふたりの丹下さくら」の片割れ。

その他の言語

Sakura Kinomoto

pixivに投稿された作品 pixivで「木之本桜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60178988

コメント