ピクシブ百科事典

月城雪兎

つきしろゆきと

「カードキャプターさくら」の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:緒方恵美

木之本桃矢のクラスメートで親友。1年前に転校してきた。
秀才で運動神経も抜群だがどの運動部にも属さない。細身でおっとり優しく、いつもやわらかい笑顔を常に欠かさない、かなりの天然
体に似合わずかなり大食いで、少ないときでも桃矢の3倍は食べるらしい。
両親はおらず、旅行好きな祖父母と三人で暮らしている。
白に近い銀髪に金色の瞳で眼鏡を掛けている。桃矢からは「ゆき」、ケルベロスからは「ゆきうさぎ(名前を訓読みにするとこの読みになる)と呼ばれている。
桃矢と同じく学校では人気者であり、さくらと小狼からも好意を寄せられていた。
(しかし小狼の好意は後述するユエの魔力にあてられたに過ぎなかった)

プロフィール

誕生日12月25日
血液型AB型
好きな科目数学
好きな花雪割草
好きな色


正体

その正体はクロウ・リードによって創られたクロウカードの2人の守護者の1人で「審判者」月(ユエの仮の姿。
(ちなみに、ユエの誕生日は不明であるが雪兎のとは誕生日が違うらしく、「雪兎の誕生日」はおそらくクロウがユエに雪兎の人格を入れた日か、ユエが雪兎として現代に覚醒された日等が考えられる)

しかし当の本人とユエとの意識は全く別に分けられており(雪兎はユエの時の記憶は覚えていないが、ユエは雪兎の時の記憶を覚えている)、桃矢に指摘されるまでその事を知らず、突然場所が変わっていることや記憶の途切れに悩んでいた。だが無自覚ながらも「桃矢にだけは、人間ではないことを知られたくない」と願っていた。
相方となるケロちゃんも、ユエに用がある時に遠回しで雪兎を呼ぶようさくらに頼んだり、さくらカード編中盤までは雪兎に悟られないよう物陰に隠れる必要があるなど欠点も存在していた。

さくらがカードと守護者を引き継いだ際、彼女の魔力が足りずに月と共に消失の危機に陥り、いくら食べても保たなくなった上に、ひどい睡魔に襲われていた。だが桃矢から月を介して魔力を受け取った後はその症状は治った。
(途中で秋月奈久留からの妨害があるも、原作版39話・アニメ版65話でようやく雪兎の真実を伝えるのに成功した)

物語後半にてさくらから思いを告白されたが、「さくらちゃんの『好き』は自分への憧れによる敬愛心であって本当の『好き』ではない」と諭した。
その際さくらから「(雪兎さんの)一番はお兄ちゃんですか?」と尋ねられ、はにかみながら「…うん」と返している。

自分の正体を知ってからは月(ユエ)の存在をもう一人の自分として快く受け入れ、月と自分を創ったクロウに対して感謝の念を感じている。
また、ユエの心理状況についてある程度理解できるようになったようで、劇場版第2作「封印されたカード」では、さくらがユエに用がある時に自ら変身したり、終盤ではケロちゃんと共に仮の姿でナッシングの魔法から解放された際に、ケロちゃんが雪兎の前で慌ててぬいぐるみのフリをしているのを、雪兎は動じせず微笑んで見ていた。

関連タグ

カードキャプターさくら 木之本桜 木之本桃矢
ケロちゃん(カードキャプターさくら) ユエ

武藤遊戯初代遊戯王):中の人繋がり&2つの人格が混在している部分でも一緒。

pixivに投稿された作品 pixivで「月城雪兎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1984303

コメント