ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

所属南野小学校
学年2年(読み切り時)→5年生(連載開始時の頃、後に本編が進んで進級して6年生になった)
誕生日2月3日
高山みなみ


概要

本作品のもう1人の主人公で南野小学校5年1組の生徒。
父方の祖母が外国人のクォーターであることから、青色の髪をしている。

タルるートを召喚する言葉を偶然発してしまい、適当に「友達になってほしい」と願ったことでタルとの生活が始まり、親友になっていく。

家庭に関しては絵本作家をしている父・江戸城将軍之介と専業主婦の母・江戸城千鶴との3人家族。読み切り版では轟丸という愛犬も登場。
一見するとごく普通の家庭のようだが将軍之介は高校時代は親に勘当されるほどの不良であり、大富豪の令嬢だった千鶴と駆け落ち(見方を変えれば誘拐)という複雑な背景が見られ、轟丸も連載版では本丸の身代わりとなり、交通事故死したことになっている。

後に祖父にして、千鶴の実父である神宮寺右軍治と出会った際、亡き祖母・神宮寺光子ともタルの魔法で初めて顔を合わせた。

タルと出会う前の本丸


幼少期より、いじめられてばかりでトラブルがあれば何かと自分が悪いとされ、将軍之介からは虐待に近い無茶な特訓を課せられたことで大怪我していたという、かなり悲惨な経験をしている。

その結果、何をやっても自信が持てなくなった本丸は勉強も運動も苦手、しかもスケベで怠惰という典型的なダメ小学生になってしまっていたが根暗に成長しなかったのは千鶴の菩薩メンタルの賜物である。同級生の河合伊代菜に惹かれるのも可愛いだけでなく、母・千鶴に似た女神の様な慈愛の心(酷な言い方をするとマザコン)だと推測される。

タルと出会ってからの本丸


タルの魔法で調子に乗ったがために痛い目を見ることもあるがタルの魔法で特訓をこなすうちに努力する事の大切さを学んでゆき、将軍之介のスパルタ教育にも耐えられるようになっていく。

伊代菜と伊知川累がチンピラに絡まれた際、何も出来なかったことや険悪な座剣邪寧蔵に助けられたことで本丸は魔法抜きで強くなる事を願うようになり、父との山篭りの修行を経て、原子力や寧蔵にもひけをとらない格闘家に成長した。
もっとも運動面は改善されたものの勉学のほうは不得意なのは変わらずだったが…

学校の自由を懸けた寧蔵との一騎打ちに勝利しながらもその代償で本丸は死んでしまうが神様から「人には成すべき使命があり、あなたはまだ使命を成していない」と告げられたことで復活を許される。

得意技南野小で一番は誰だ決定戦で原子に敗れた後、「もうケンカはしない」と伊代菜と約束する。

中学時代


タルと別れた後、蛮野中学校に進学。
上級生に目を付けられ、理不尽な被害を被っているが伊代菜との約束。何よりも自分で決めたことから、力は使わず、力以外の方法で解決策を見出そうとする。

この力以外での解決方法に関しては将軍之介との修行を経て、寧蔵と再会し、彼が学校の自由を懸けた武道会開催を持ち出した際に「それ以外の解決方法は駄目かな?」と発言したので本丸自身が元々抱いていたものである。

皆と同じく、タルのことも気づけば思い出していたが本丸はタルを呼び出そうとはしなかった。

アフリカに旅立つことになった座剣邪兄妹の見送りのために空港に集まった際、本丸は伊代菜たちにタルのおかげで自分は変わることが出来たことやタルを必要としている子供たちがいること、タルとの想い出を胸に前を向いて生きていくことを語る。

そんな本丸の成長を伊代菜たちは喜ぶのだった。

関連イラスト

本丸くんおめでと!!!!
本丸くんお誕生日おめでとう!!!!!!!


本丸くん誕生日オメ!
にゃにゃにゃ(ry



関連タグ

まじかる☆タルるートくん 江川達也 タルるート
江本丸恵:本丸がタルるートの持つアイテム『性転換ジュースホルモンガー』で女体化した姿。詳細は個別記事を参照。

関連キャラクター・人物

野比のび太:『ドラえもん』の副主人公(※主人公では無い)。本作自体が『ドラえもん』に対するアンチテーゼとして作られた関係か、彼と本丸は共通点がとても多い。
吉田ススム:次回作『魔動天使うんポコ』の主人公。作者が同じであるためか彼もまた本丸とは設定が色々と似ている。

関連記事

親記事

まじかる☆タルるートくん まじかるたるるーとくん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「江戸城本丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142925

コメント