ピクシブ百科事典

ガイ・セシル

がいせしる

ガイ・セシル (Guy Cecil)とは、RPG『テイルズ オブ ジ アビス』の登場人物である。
目次[非表示]

ガイ」のタグで登録されることが多い。

概要

年齢21歳
身長184cm
体重79kg
クラス剣士
誕生日ND1996年・イフリートデーカン・ローレライ・41の日(5月41日 金曜日)
武器
声優松本保典


『ガイ様、華麗に参上!』

ルークの世話役をしているファブレ公爵家の使用人。
屋敷から出られない彼の良き兄貴分兼親友となっており、記憶を失った彼の面倒を見てきた。ルークや彼の婚約者ナタリアとは幼馴染みでもある。
気性は穏やかで、若干キザだが人当たりが良く紳士的、癖の強いパーティの中では比較的良識的な人物。衝突も多いメンバーの仲介役も務めている。
一方で、大の音機関マニアであり、音機関について話し出すと止まらなくなってしまったりする。
極度の女性恐怖症であり、女性に近付かれると驚いて飛び退いてしまう。
だが女嫌いなわけではなく、「恐怖が先立つだけで、女性自体は好きだ」と公言している。

戦闘

シグムント派剣術の剣士で、戦闘でも剣を使う。シグムント派剣術とはアルバート流の弱点を補うために派生した剣術であり、ルークとはまた違った剣技を習得する。
また、パーティの中で最も基礎の素早さが高く、一撃の威力よりも手数で攻めるタイプ。ただし、前衛にしては防御力が若干頼りないため、過信は禁物。






女性恐怖症や過去に関してのネタバレ


前述のとおり極度の女性恐怖症の彼だが、その原因は過去の壮絶なトラウマにあった。

元々彼はマルクト帝国領土のホド出身の貴族であり、本名はガイラルディア・ガラン・ガルディオスという。
彼の幼少時の誕生日の際にガルディオス家がキムラスカ軍のファブレ公爵(ルークの父親)の襲撃に遭った。
幼かったガイは暖炉に隠れていたがそこで自分のであるマリィベル・ラダン・ガルディオスや親戚、メイドたちが目の前で殺されるのを目撃し、自分を庇って盾になった姉やメイドたちの死体の下敷きになって気を失った。
ガルディオス家に仕える騎士だったペールに助けられた頃には、そのときの事件の記憶がすっぽり抜けてしまい、以来このことがトラウマとなり女性に触れられると無意識にその時の恐怖を思い出してしまい拒絶するようになった。
ガイ自身はこのときのことをあまりのショックによりずっと忘れていたが、作中でアニスの母が負傷した際に全てを思い出した。

その後はペールに育てられ剣を学びながら共に転々とし、自分の家族を殺害した公爵への復讐のためにペールと共にファブレ公爵家の使用人となった。そのためファブレ公爵の息子であるルークやキムラスカの王女ナタリアのことも内心では嫌っており、ファブレ公爵家で再会したヴァンとも復讐のため一時は協力関係にあった。
しかし、その仇の息子であるルークが誘拐され記憶を失った時、「過去ばかり気にしていても仕方ない」というルークの言葉に心を動かされ、ルークが自分が認める男になった時には、過去の復讐心は捨て真の従者として忠誠を誓うと賭けに出た。そのため、彼にとっての「ルーク」はレプリカルークの方である。またナタリアに対しても、記憶を失ったルークを見て悲しむ彼女に同情するようになり、ガイの復讐心は徐々に揺らいでいきヴァンとも疎遠になっていった。

このことが仲間達に判明した際には、ガイの女性恐怖症を特に面白がってからかっていたアニスとナタリアは、ティアと共に彼に対して深く謝罪していた。


他の作品への出演


テイルズオブザレイズ

ゲーム『テイルズオブザレイズ』内にて行われた第1回「推しキャラ投票キャンペーン」で上位にランクインしたため、参戦の検討が決定、
そして期間限定イベント「ティル・ナ・ノーグSUMMER~奇跡の救世主とポチ太郎~」で参戦が決定した。
しかし、具現化後にある事が原因で記憶喪失、その後はコレットに出会い、彼女に「ポチ太郎」と名付けられ、彼女の騎士として行動していた。
魔鏡技は「裂震千衝破」「朧雪斬月」。


関連イラスト

居合いの達人
ガイラルディア


華麗にガイさま
笑顔



関連タグ

テイルズ テイルズオブジアビス アビス ジアビス TOA
ガルディオス姉弟 ガイラルディア・ガラン・ガルディオス マリィベル・ラダン・ガルディオス

フレン・シーフォ テイルズ界の魂の双子 カップやきそば現象

pixivに投稿された作品 pixivで「ガイ・セシル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212527

コメント