ピクシブ百科事典

ヴァン・グランツ

ゔぁんぐらんつ

 ヴァン・グランツ (Van Grants)とは、『テイルズ オブ ジ アビス』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:中田譲治

概要

27歳。身長189cm、体重86kg。
階級:謡将

ルーク剣術の師であり、神託の盾(オラクル)騎士団の主席総長。
ファブレ家にも出入りを許され、信頼も厚い。ルークが心を許し慕う数少ない人物である。
唯一の肉親であるティアを妹として愛する一方、常に沈着冷静な性格で、強いカリスマ性を備えている。
クラスとしては、剣術の達人であると同時に、卓越した第七音譜術士(セブンスフォニマー)である譜術剣士
実年齢より年上に見られるが、これは「若くして高い地位に就いたために、ヒゲを生やすなどして貫禄を演出している」為であり、本人が作為的に行っているものである。


関連イラスト

ヴァン・グランツ
マイソロ3てんてー参戦v


【TOA】ヴァンデスデルカ
ヴァンデスデルカとファルミリアリカ



関連タグ

テイルズオブジアビス テイルズ アビス TOA ヴァン ヴァンリグ ヴァンルク

ギロロ伍長…中の人繋がり。テイルズ監修の「ケロロRPG」では彼がヴァンの技を覚え、予約特典では彼がヴァンの頭に乗っている。


テイルズオブジアビスのネタバレ




※以下、テイルズオブジアビスのネタバレであるため閲覧注意。



本作の黒幕であり、ラスボスである。
己の信念や目的を貫くためには犠牲を厭わない冷徹な部分も持ち合わせている。また人心を掴む高いカリスマ性を持つ。
本名は『ヴァンデスデルカ・ムスト・フェンデ』という名前であり、ガイ同様「ホド島」の出身である。
かつて、ホド島はキムラスカとマルクトによる戦争で壊滅。ホド島が魔界に落ちた際に譜歌で辛うじて身重の母だけを守る事ができた。その直後母は妹のティアを産んで死亡し、ヴァンは赤ん坊のティアと共に魔界のユリアシティの市長テオドーロ・グランツに義理の孫として引き取られた。しかし外部出身者としてユリアシティの住民からの風当たりは強く、妹を必死で守ろうとしていた。
しかし、ホド島の消滅が実は『預言(スコア)』に記されていたことを後ほど知り、それを知りながらも預言通りにする為に施政者やローレライ教団は黙認していた事実に強い怒りを覚える。預言に振り回される世界に復讐するために一連の事件を起こした。

ルークは師を強く慕っていたものの、ヴァンにとっては計画の為の駒に過ぎず、本性を現してからは出来損ないのレプリカとして冷たい言動を貫いている。ルークやティアはヴァンを敵と認識しつつも、憎みきれないでいる。

預言は決して覆せないものと思い、預言に縛られない世界を作るために、預言に記されていないレプリカを今の人類に置き換える「レプリカ計画」を実現させようとしている。六神将はディスト以外の全員が預言を憎んでいるためヴァンに付き従っており、預言のない世界を作り出す為に暗躍している。
ただしアッシュは預言を憎んではいたものの、人類をレプリカに置き換える事だけは許容できず、真相を知ってからはヴァンから離反している。

そもそもヴァンたちは、レプリカ計画完遂後は自分たちのレプリカも作り自殺するつもりだった。彼らはレプリカを自分たちの生まれ変わりと認識していたからである。しかしルークやアッシュ、ティアたちはオリジナルとレプリカはそもそも別人だと認識しており、預言への憤りは同じでありながら、彼らとヴァンたちの主張が相入れる事はなかった。

他の作品での活躍

レディアントマイソロジーシリーズ

レディアントマイソロジー3では原作で操作できる場面は一切無かったにも関わらずまさかの味方枠での参戦。一部のユーザーからは『途中で裏切るのではないか』という疑念を持つ者も少なからずいたが、別にそんな事はないので最後まで使える。

テイルズオブアスタリア



※以下、『テイルズオブアスタリア 結晶の大地と導きの光』に関する物語の核心的なネタバレを含むため閲覧注意。



第3章『結晶の大地と導きの光」』における一連の事件の黒幕であり、ラスボス。
晶化現象を起こして世界を晶化させ、「天帝」の力で浄化させた後に「争いが起こらない新世界」に生まれ変わらせることを企んでいた。
そのため、まだ目覚めていない天帝と共謀し、ルークを利用して神子であるコレットをさらおうとしたり、グレバムやセルディクなどの権力を求める者の心を利用して暗躍していた。
同士としてカーツシンクデクスアリスがいる。

最終的には『天帝の御座』が出現し、更に彼の目的の一つである「天帝の復活」が果たされ、その後天帝が目覚めたことによる晶化現象によって最終的に自身も晶化してしまう。
最も、天帝が目覚めたら世界全部が晶化してしまう為、仕方がないことだが。

ヴァンの野望を止めるために行動していた主人公達も(生存不明な1名を除き)晶化してしまったため、結果的にヴァン陣営の勝利で『結晶の大地と導きの光』編は幕を閉じた。
※これはアスタリア初のバッドエンドである。

『追憶の楽園(エデン)』編では、天帝となったラザリスに仕えるエンテレスティアの宰相に就任。
彼女を補佐していたが、終盤で、そこに至るまでの過去が判明する。

10年前にシルヴァラントで内乱が発生した際、彼と妹のティアが住んでいた国境付近のキムラスカの街が巻き込まれ、両親を失う。そこから大切なものを守る力を欲した彼は、キムラスカの騎士団に入隊し、騎士団長に就任。
だが、ソドスの街の内乱で信頼していた部下の殆どを失い、守る力があっても届かない事実と、争いの悲しさを知っていてもなお、エゴで争いを繰り返し、変われない人間に絶望。
騎士団長を辞して、唯一の肉親であったティアの前からも姿を消し、消息不明となる。消息不明となっていた間に、目覚める前のラザリスと出会い、彼女の「世界を一旦ゼロにリセットして平和な世界を創る」計画に賛同。
ここから『結晶の大地と導きの光』編、そして『追憶の楽園(エデン)』編に至る物語が始まったのである。

だが、終章で、エンテレスティアが完全な世界となった直後に、ベルベットとラザリスの決戦の場に現れ、なぜかラザリスを攻撃し、彼女に重傷を負わせる。
実は彼の目指していた「平和で争いのない世界」は「人間が自らの意志と理性の下に統治された世界」であり、その世界には「神」として君臨するラザリスは邪魔だったのである。
その事実を知り、ラザリスを庇うベルベット一行を排除すべく、戦いに臨むも敗北。
最後の手段として、自らの命を犠牲にしてでもエンテレスティアの維持を図るが、ラザリスが自らの存在と引き換えに行った晶化により、彼の体は晶化された。

テイルズオブザレイズ

フェアリーズレクイエム編終章後編で、アビスの世界を具現化したアスガルド帝国の領地「オールドラント領」の領主の従騎士に据えられ、リビングドールβにされて意思を奪われている事が判明。
ラストクレイドル編10章で領主のピオニーと共に参戦が決定。
帝国に心核を抜かれていたものの、ローレライの干渉によって不具合が生じた為、心核を戻されていた。その後元六神将たちとルークたちとの共同作戦で無事に元に戻り、ピオニーも戻す事に貢献した。リグレットたちと同じくオールドランドではない世界でルークたちと敵対する必要はないと思っており、妹のティアやアッシュと和解できたことを喜んでいるが、ルークに対してはややぎこちなく接する。
元に戻った後はリグレット・アリエッタ・ディストと共にナーザの勢力に所属する。ナーザたちの中では一番の料理上手のようで、特にたまご丼は絶賛されている。

強敵キャラクター扱い。本作で、守護崩陣、守護崩葬陣(守護崩陣の技変化)を新術技として習得。
魔鏡技は、「閃空嵐衝剣」「律壊・星葬破」

関連記事

親記事

テイルズオブジアビス ているずおぶじあびす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァン・グランツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239052

コメント