ピクシブ百科事典

レイヴン(TOV)

おっさん

レイヴンとは、RPG『テイルズ オブ ヴェスペリア』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

レイヴン「ああ、ここで死んじまうのか。さよなら、世界中の俺のファン」
ユーリ「世界一の軽薄男、ここに眠るって墓に彫っといてやるからな」


概要

CV:竹本英史

年齢35歳。身長170cm。
神出鬼没の風来坊。一人称は「俺」「俺様」。
ユーリに「おっさん」と呼ばれ当初は「おっさんはひどいな。おっさん傷つくよ?」と言っていたが再会以降はよく「おっさん」を自称する。
唐突に登場しては飄々とした性格とふざけた言動で状況を翻弄するトリックスター。
服装など全体的に和風テイストなキャラクターであり、時折渋い言い回しをする。

PTメンバー達からも散々胡散臭がられており、「レイヴン、まじうさんくさ」や「どこまでもうさんくさいレイヴン」等の胡散臭い系スキットやイベントがある。パーティ内ではもっぱら弄られ役だが、大人げなくカロルリタをからかう場面も多い。しかし一応最年長のため、真面目な話題になると若者への含蓄ある台詞を言う場面も見られる。

実はドン・ホワイトホースが運営する一大ギルド『天を射る矢(アルトスク)』の幹部。騎士団との交渉役をはじめ様々な役割を負って各地を飛び回っている。

砂漠などの暑い気候の場所では平然としているが、寒い気候はかなり苦手であり、ゾフェル氷刃海では泣き言を漏らしながら震えている。また旅の道中で体力の衰えを訴えることもある。
また極度の女好きでスケベであり、度々リタに呆れられている。
ジュディスが一番のお気に入りで、彼女の水着姿に2兆点をつけた。エステルは80点でリタは2点らしい。
ただし恋人持ちや子供は守備範囲外。いざとなると意外にも初心で、感激のあまり気絶することもしばしば。
また普段のゆったりした服装からは分かりづらいが、鍛え上げられた筋肉質な肉体をしており、水着や温泉コスチュームなどに衣装変更するとよく分かる。また他のキャラクターと比べて若干色黒である。

料理の腕はパーティメンバーの中では中の上ぐらい。特におさしみやお好み焼きなどの大人っぽい味(本人談)を好み、甘いものが苦手。
女の子をメロメロにするためにクレープを極めたりもするが、その味にメロメロになったのは女の子ではなくお兄さんだけというオチであった。

ストーリー中の行動

初登場は帝都ザーフィアス城の牢獄。水道魔導器を盗んだ犯人モルディオを追う途中、不法侵入と窃盗の容疑で捕まったユーリをレイヴンが助けるところから物語は始まる。
その後しばらくは現れないが、ケーブ・モック大森林にて再びユーリ達と接触し、半ば強引にパーティーに加わる。

パーティーに加わってからも相変わらず胡散臭い行動や言動で周りを振り回したりしつつも、何かを観察するように一歩引いた距離で行動している。
しかし、物語中盤のダングレストでハリーが犯したミスのけじめをつけるために亡くなったドン・ホワイトホースの最期を見て何か思うところはあったらしく、取り乱して自分まで死のうとするハリーをドンの意志を汲んで殴って説得し、思いとどまらせた。

戦闘スタイル

武器はにも変形する変化、サブ武器は小刀
特技の一つである「愛の快針」は体力が減ったパーティメンバーを追尾してHPを回復する。この際の「愛してるぜ!」という台詞のインパクトから多くのプレイヤーの間でおっさん=愛してるぜのイメージが定着しており、テイフェスなどのイベントでは決め台詞として多用される。飛ばせる矢は最初は1本だが使用回数が一定を超えると3本まで増える。
他のキャラクターがレイヴンにアイテムを使用した際も「愛してるぜ」と呟く。

他にも属性主体の魔術を使用して前衛後衛ともにこなすことも出来る。女好き設定を反映してかパーティメンバーに女性が多いほどステータスに上昇補正がかかるスキル「シバルリー」を持つ。
自操作では上級者向けだが、回復役としても優秀であり、魔術もバリエーションは多くないが使い勝手の良いものが多いため、どちらかというと後衛タイプとして活躍しやすい。

秘奥義は『ブラストハート』。
PS3版で追加された第二秘奥義は『クライシスレイン』。

ちなみに術の詠唱の適当さに定評がある。
(例)

  • アリーヴェデルチ⇒「いつも心はピンク色、喰らえ恋心!吹っ飛んじまいなぁ!」
  • テンペスト⇒「災害警報、お住まいの地域は荒れ模様!」
  • インヴェルノ⇒「カチカチツルツルピキピキドカ~ン?」




正体






※以下、ストーリー上のネタバレ注意









やはり、犬の鼻はごまかせんか……



白鳥さん








その正体は帝国騎士団隊長首席(即ち騎士団のNo.2)シュヴァーン・オルトレイン
ユーリたちに同行していたのもエステルの監視が目的であった。
いつもの飄々とした性格は演技であり、本性は冷酷かつシビアな価値観を持っており腹の内を誰にも読ませない性格である。この時は担当声優の竹本氏の演技もややドスの聞いた声になる。
なお、シュヴァーン時の武器はいつもの弓ではなく、剣を使っている。

人魔戦争で一度死亡したが、アレクセイが心臓魔導器を与えて生きながらえさせた。しかし人魔戦争で受けた心の傷は深く、一度死んだ身では生きる意味を見出せず自らを「死人」と称している。
現在はシュヴァーン隊の隊長を務めながらもアレクセイの懐刀として極秘に行動している騎士である。
※心臓魔導器…生命型魔導器の一種で、エアルの代わりに持ち主の生命力で動いている。いわば心臓の代替え品の固い素材(魔導器と魔核)でできた道具であるため、胸を攻撃されても小威力ならびくともしない。

本来の所属は騎士団で、ギルド『天を射る矢』に所属していた理由もアレクセイの命令であり、その理由はドン・ホワイトホースの監視が目的だった。ちなみにドンはレイヴンが自分を監視するための刺客であることを知っており、それでも彼を受け入れてギルドの幹部としてそばに置いていた。

アレクセイの指示でエステルを誘拐して引き渡し、忘れられた神殿バクティオンにて仲間たちに正体を明かして戦いを挑む。戦闘に参加しているパーティメンバーそれぞれとの会話は必聴である。
戦闘後はアレクセイがシュヴァーン(レイヴン)共々生き埋めにしようとしたため、捨て駒として使われていたことを改めて悟り、神殿の崩壊に巻き込まれてそのまま死のうとした。
しかしそれに激昂したユーリの言葉によりアレクセイの道具ではなくパーティーの仲間として死ぬことを選び、神殿の崩壊からユーリ達を助けて一人残る。
その後遅れてやってきたシュヴァーン隊によって瓦礫の下から助けられ、移動要塞ヘラクレスにて再びユーリ達と合流。
裏切った代償として「凛々の明星(ブレイヴヴェスペリア)」流のケジメ(各パーティメンバーからの鉄拳制裁)を受け、ギルドに復帰。「凛々の明星」に命を預けることとなり、勝手に死ぬことを禁止された。

その後は自分は本当はどうしたいかを考えるようになり、今までは仮の姿だった『レイヴン』という人間として第二の人生を歩むことを決める(なお本人の中では『シュヴァーンは生き埋めにされて死んだ』という扱いとなっている)。
ユーリ達のような若者が目標を達成できるような世界や未来を守ることを決意し、星喰みの恐怖に挑む。なお復帰後はレイヴンとシュヴァーンは別人という扱いに徹底的にこだわるようにしているが、部下のルブランや戦闘終了後のフレンとの掛け合いではレイヴン隊長と呼ばれてしまう。

人魔戦闘時代にはキャナリという隊の上官に想いを寄せていたらしく、シュヴァーン戦後にはレイヴン(シュヴァーン)とキャナリ、イエガーにまつわるサブイベントが発生する。
秘奥義の「ブラストハート」は心臓魔導器を使うため、使用後は心臓に負担がかかって硬直する。また魔術の「ストップフロウ」についても、戦闘中に一定回数発動すると長時間硬直する仕様になっている。

【外伝:虚空の仮面】

ヴェスペリアのシナリオを担当した奥田孝明氏による外伝小説、およびそれをコミカライズしたもの。
本編前のレイヴンの姿が描かれた。
ダミュロンは地方の有力貴族の放蕩息子だったが、帝都の騎士となり、キャナリ隊という身分の分け隔てのない隊の一員として精神的に成長し、誇り高いキャナリに想いを寄せるようになる。
しかしその後の人魔戦争でキャナリを含め全ての隊員が死亡し、自らも心臓を貫かれて死亡する。
だがアレクセイによって心臓魔導器で蘇生され、シュヴァーンという仮初の名と身分を与えられ騎士団の隊長として暗躍。
騎士団のスパイとしてギルド天を射る矢に潜入するが、天を射る矢の首領であるドンに気に入られ、以後は二重スパイとして活動するようになる。
下巻の半ばからはヴェスペリア本編をレイヴン視点で見た物語となっており、ユーリを助けたのは”レイヴン”としての気まぐれであったこと、ユーリに惚れたことをドンに見抜かれ同行するよう指示されていたこと。いなくなっている間はシュヴァーンとして行動していたことなどが語られている。
モノローグではユーリのことを燃え盛る炎に、自らのことをそれに惹かれる蛾に例えており、ドンの介錯時には足が動かず結果としてユーリに背負わせることになったことを激しく後悔していた。




外伝作品での出演

ガルヴァンゾ国のギルドに所属しており、ユーリと王女の出国を手助けしたことによってお尋ね者になる。その後、ユーリを追ってジュディスと共にアドリビトムへ姿をくらました。
アドリビトム内では主にヴェスペリア陣との絡みが多いが、他にも女性好き繋がりでゼロスとエロ談義で盛り上がったり、全く性格も年齢も正反対なアスベルと任務に行ったりするなど比較的さまざまなキャラと絡むことが多い。

性格などの設定はヴェスペリアのままである。
弓による遠隔攻撃と風属性の術を使用する他、弓を変形させた剣で接近戦もこなす。

初登場は第2章「光と闇の救世主」のリタ編「真実を求めて」。
リタが世界を襲った「異変」の真実を調べるために旅に出るということで護り役として軽く強引にリタの旅について行くことに。そして第4章「追憶の楽園(エデン)」にて主人公の一人であることが発表された。

リタと共にプレイヤーキャラとして登場。
初登場は期間限定イベント『歪みのカレイドスコープ』
魔鏡技(歴代の「秘奥義」にあたる必殺技)は「驟雨の乱」「罪と罰・神風(じんぷう)」


関連イラスト

タグ登録は「レイヴン」が多い。

レイヴン
おっさん


気になるおっさん
うさんくさい人




関連タグ

テイルズオブヴェスペリア
ユーリ・ローウェル フレン・シーフォ エステリーゼ・シデス・ヒュラッセイン ラピード カロル・カペル リタ・モルディオ ジュディス パティ・フルール
キャナリ アレクセイ・ディノイア デューク・バンタレイ イエガー

レイヴン(曖昧さ回避) おっさん 「しあわせ?」

CPタグ

腐向け

ユリレイ レイユリ アレシュ フレレイ

NL

レイリタ



ネタバレ(虚空の仮面)


※以下、『虚空の仮面』のネタバレを含むので未読の場合は注意。




実はシュヴァーンも偽名であり、外伝小説『虚空の仮面』にて本当の名前が明かされた。
元々彼はダミュロン・アトマイスというキャナリ隊に属していた放蕩貴族出の人物である。


その後、人魔戦争にて死亡したが、アレクセイによって心臓魔導器を与えられたことによって蘇り、以降はシュヴァーンとレイヴンの二重生活をしてきた。

※ダミュロンについての詳細は該当記事を参照。

pixivに投稿された作品 pixivで「レイヴン(TOV)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11725

コメント