ピクシブ百科事典

レイユリ

れいゆり

レイユリとは、「テイルズオブヴェスペリア」に登場するレイヴンとユーリ・ローウェルの腐向けカップリングである。
目次[非表示]

概要

レイユリとは「テイルズオブヴェスペリア」に登場するレイヴンユーリ・ローウェルの腐向けカップリングである。

この場合、攻めレイヴン受けユーリとされるがそれぞれのキャラクターの性格により、逆に見えるケースも多くみられる。
この場合レイヴンを「ヘタレ攻め」と称す。





二人の関係性(ネタバレ注意)

 二人の出会いは物語冒頭で城の牢に囚われたユーリに、何故か隣の牢にいたレイヴンが鍵を渡して助けたことから始まる。
 その後行く先々でレイヴンはユーリ一行の前に姿を現し、PTに加わることになるのだが・・・

以下、本編・外伝「虚空の仮面」のネタバレ含む




 レイヴンは実は帝国騎士団とギルド「天を射る矢」の二重スパイであり、ギルドの幹部であると同時に帝国騎士団の首席でもあった。レイヴンという名も騎士としてのシュヴァーンという名も後から与えられた偽名である。
 10年前の戦争で一度所属していた小隊もろとも死んでおり、蘇生された後は目的もなくただただ命令に従うだけの意思のない道化のように生きてきた。
 しかしユーリを牢から助けたのは完全に彼の”気まぐれ”であり、面白そうな兄ちゃんだからつい助けてしまった、という”誰にも命令されていない彼自身の意思による行動”であり、この出会いがレイヴンの止まっていた時間を再び動かすことになる。

 帝国騎士としては監視のためにユーリ一行に同行していたが、天を射る矢の首領ドン・ホワイトホースには「おまえ、あのユーリってのに惚れただろ」とユーリへの憧憬を見抜かれた上で同行させられており指摘された際には激しくむせていた。
 モノローグではユーリのことを燃え盛る炎に、自らのことをそれに惹かれる蛾に例えておりユーリの強さと危うさに惹かれている様子が見られる。
 ユーリ達を裏切った後はシュヴァーンとしてユーリ達の前に立ち塞がり、戦闘後はアレクセイの捨て駒として神殿の崩壊に巻き込まれてそのまま死のうとした。
 しかしそれに激昂したユーリの言葉に心を動かされ、PTの仲間として彼らを守って死ぬ道を選ぶ。
 ……が、シュヴァーンを本気で慕っていた部下たちに瓦礫の下から助け出され、再びユーリ達と合流。裏切りに対してけじめをつけるため「サクっと殺っちゃってくれや」とユーリに小刀を渡したものの思いっきり殴られ、勝手に死ぬことを禁止された

 ユーリは当初あからさまに胡散臭いレイヴンを警戒している様子だったが、一緒に行動するうちに段々と信頼を寄せるようになっていった。
 PTでユーリよりも年長なのはレイヴンしかおらず、駄目なおっさんとしてぞんざいな扱いをしつつもその態度自体に年上への甘えが含まれているようにも見える。
 また、レイヴン復帰後はレイヴンと愛犬ラピードにのみ不安な胸の内を明かしている。


その他

 二人とも成人男性同士のCPであるが、ノリの良い部分も見られ「犬マップ」イベントでは二人して犬におお真面目にアテレコをしていた。
 レイヴンがクレープを極めた際のスキットではクレープを極めて女の子をメロメロにしたいと息巻くレイヴンの横でユーリがクレープにメロメロになっているという図が見られる。






関連タグ

テイルズオブヴェスペリア ユーリ・ローウェル レイヴン ユリレイ TOV 腐向け TOBL BL

pixivに投稿された作品 pixivで「レイユリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1037665

コメント