ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 他の物体を支えたり固定したりする物・構造。例:「ベアリング=軸受け」。
  2. (特に契約によって)物事を継承すること。「下請け」などの形の方が多い。
  3. 評判反響人気を表す俗語ウケるの記事を参照。
  4. スポーツゲームにおける防御側の役割
  5. (主にボーイズラブにおいて)カップリング表記で右側に置かれるキャラの役割。


本稿では対義語が「攻め」になる4.5.について取り扱う。

4.の概要

攻撃防御それ自体を目的として行うスポーツゲームの世界では、「絶対に攻撃を回避できない場面」というものがしばしば発生する。
分かりやすい例が将棋で、自分が一手指した後は必ず相手が一手指し返す。そうでなければ競技が成り立たないからである。
そうした時、いかに相手の攻撃を少ない被害で「受け止める」か、あるいは「受け流す」かという思考が生まれてくる。それらを総称して「受け」と呼ぶ事がある。

中には役割を超えて戦略としているプレイヤーもおり、「ひたすら受動的な動きに徹してカウンター自滅を狙い続ける」といった作戦も存在する。先述の将棋ならば「受け将棋」という名前で確立している。
現実の戦争で言うなら「始める前から勝ち筋を籠城一択に絞る」ようなもので、積極的に仕掛けるならまずあり得ない想定になる。戦場も戦力も固定化されていて、増減が無いか、あったとしても可視化できるスポーツやゲームならではの戦略と言える。
失敗すれば後が無い事には変わりがないため、一般的に上級者向けとされる。成功させるには単に経験を積むだけでなく、それに特化した準備や訓練が必要となる事も少なくない。

なお、これで相手に競り勝っても3.的な「受け」は保証されないのであしからず。

関連項目

ディフェンス 守り 待ち ゲーム用語


5.の概要


以下、解説に性的な表現が含まれます。

ボーイズラブBL)における「受け」

ボーイズラブにおいては、攻めキャラの名前×受けキャラの名前というように「攻めを(先)に・受けを(後)に表記する」という鉄則がある。
基準は性行為における挿入
つまり、「相手の男性器を受け入れる」側が「受け」となるわけである。

後述する「誘い受け」や「襲い受け」のように、主導権を握っていたり積極性に迫ったりしていても、最終的に挿入されればそれは「受け」なのである。
それ自体が一種の属性になっているとも言え、4.で例えるなら「どこからどう見てもペラッペラな紙防御が受け戦法で勝つと言い出した時に抱くであろうおまえは何を言っているんだ感」を想像すれば、分類の重要性が少しは理解できるかもしれない。
性描写が無い、もしくは前戯止まりの場合は「もしそうなったら」と仮定して受け攻めが決められる。「逆カプ」はややこしいと言われる所以であり、同時に創作の面白い過程でもある。

その他途中で攻守交代したり(リバ)、半端に性具食物医療器具触手などを本来の目的以外で使用する場合を含む) だけ挿入するといったパターンも考えられるが、少なくとも現代日本では稀な展開であり、全てのルールが確立しているわけではない。
ただ、むしろそれ故に、無用なトラブルを避けるため(例えネタバレになったとしても)あらかじめその旨を明記しておく事を強くお勧めする

「受け」いろいろ

※50音順(具体例は、人によって解釈が異なるのでここには書かない事とする)


男女カップリングNL)における「受け」

男女間の場合、「片方にしか男性器が無い」という物理的な要因によって受け攻めが決定されるため、あえて呼び分ける必要性は基本的に無い。

ただし、「ふたなり」が含まれたり、女性が性具を持ち出すなど極端に「攻め」気質が強い場合は。男受け」「逆アナルなどの趣向もある。

また「おねショタ」も、「ショタおね」という概念の成立・発展により解釈を巡る争いが発生するようになり、カップリングの明記が求められるようになってきている。この場合プレイ内容までは問われず、「最終的にどちらが主導権を握っているか」程度の基準で判断される事が多い。

百合GL)における「受け」

女性同士の場合、「男性器が存在しない」という理由から基本的に役割が曖昧で、「リバ」展開が一般的。BLでは厳格に受け攻めを固定している作者が、百合ではリバで描くことも多々ある。もちろん例外もあり、百合であっても受け攻めを固定した展開の作品も中にはある。

また、他のジャンルに比べてリアルのレズビアンとの距離感が近いためか、「タチ(=攻め)」「ネコ(=受け)」で表現している例も少なからずみられる。

関連項目

カップリング 攻め
ボーイズラブ BL 創作BL 腐向け
創作男女 NL
百合 GL 創作百合
ネコ タチ 逆カプ リバ 受け×受け

関連記事

親記事

BL びーえる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「受け」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 838129

コメント