ピクシブ百科事典

セレス・ワイルダー

せれすわいるだー

セレス・ワイルダーとは、『テイルズオブシンフォニア』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:今野宏美

概要

ゼロスの異母妹。母親が罪を犯したために、南の島の修道院で軟禁生活を余儀なくされている。ゼロスから「神子の宝珠(クルシスの輝石)」を預かっている。生まれつき体が弱い。

「神子」であり、自由奔放に過ごすゼロスとは距離を置いている。また、ゼロスと素直に接することができず、表面上は仲違いしているものの、内心では「唯一の肉親」として敬愛しており、とても心配している
一方のゼロスは、彼女が自分のことを憎み、嫌っていると思っているので、兄妹仲はギクシャクしているが、ゼロスも「唯一の肉親」としてセレスを気にかけており、度々、修道院には顔を出している様子。

ゼロスがしいなのことをよく口にするため、しいなに会うと反発した態度を見せる。また、ゼロスが冗談交じりに、しいなのことを「自分のハニー」と言った事を真に受けたため、「お兄様を惑わす雌猫」として闇討ちしようとしたことがあるらしく、しいなの方もセレスの事は苦手。

ゼロスがパーティにいて、闘技場のシングル戦上級を(誰でもいいので)クリアしていると、2回目以降のシングル戦上級の最後で戦うことが出来る。
剣技や魔術に加え、別世界の少女の技も駆使して、果敢に攻めてくる。以降、こちらが勝利するまで、シングル戦上級に乱入し続ける。(負けても失うものはない)

クラトスルートの場合、ゼロス死亡前に1度戦っておかないと、イベント自体が発生しなくなるので注意。ちなみに、ゼロス生存時に勝利しておけば、ゼロス死亡後にシングル戦上級をクリアすることで、もう一度戦える。最強クラスの頭用防具「エレメンタルクレスト」がもう1個手に入るのでゲーム的にはお得だが、イベント自体は非常に後味が悪いものとなる

(医療用にエクスフィアを装備している影響もあると思うが)本当に虚弱体質なのか疑いたくなる程の実力の持ち主なので、油断は禁物。主に使用する魔術の属性は氷と光。
ちなみに、彼女が魔術を扱えるのは、母親がハーフエルフ(つまり、セレスがクォーターエルフ)だったためだと思われる。

ラタトスクの騎士ではゼロスとのわだかまりも解け、持っていたエクスフィアを返却。以前ほど活動的に生活出来ないため、ゼロスの屋敷で静かに暮らしている。

出自(ネタバレ)














元々、セレスの母親と先代の神子・ワイルダー卿(ゼロスの父親)は恋仲だったのだが、マーテルの遺伝子情報を絶やさないために、クルシスの神託による婚姻管理によって引き離され、ワイルダー卿はミレーヌ(ゼロスの母親)と結婚させられ、ミレーヌは次世代の神子になるゼロスを産んだ。
その後も、ワイルダー卿とセレスの母親は交流を続けた後にセレスをもうけたものの、ある日ワイルダー卿は自害し、亡くなってしまう。

神子となったゼロスを憎み、セレスを神子にしようと画策したセレスの母親は、ゼロスの暗殺を計画・実行に移した。しかし、ゼロスの代わりにミレーヌが犠牲となったために計画は失敗。その後、セレスの母親は処刑され、セレスは修道院での軟禁生活を強いられることとなったのである。

だが、この泥沼の愛憎劇を、幸か不幸かセレスは知らなかった。

関連イラスト

レイン・ドロップ


アールヌーヴォー風 ワイルダー家
11月23日



関連タグ

テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士 ゼロス・ワイルダー

pixivに投稿された作品 pixivで「セレス・ワイルダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10094

コメント