ピクシブ百科事典

アクゼリュス崩落

あくぜりゅすほうらく

アクゼリュス崩落とはゲーム『テイルズオブジアビス』の劇中で起こった事件であり、歴代屈指のトラウマイベントである。
目次[非表示]

俺は悪くねえ!!

内容

主人公ルークと仲間達は瘴気が充満して危機に陥っている鉱山都市アクゼリュスを救うために親善大使として訪れる。そこでルークは師匠ヴァンと再会し、彼の言うとおりに瘴気を中和するため、超振動を発動させる。

だが、ヴァンの言うことは全て嘘だった。超振動で瘴気を中和などできるわけがなく、アクゼリュスを消滅させることこそが彼の目的だった。これによってルークはアクゼリュスを支える柱を破壊させてしまい、知らずの内に万単位の人命を奪ってしまう。

何が起こったのかわからないルークはティアから自分がしてしまったことの意味を説明される。だが彼は『俺が悪いのか?』『みんな何も教えてくれなかった』『師匠が悪いんだ、俺は悪くない』と現実を受け入れることができず言い訳ばかりをしてしまう。これによりルークは仲間達に幻滅され孤立。
さらには直後やってきたアッシュに自分が複写人間(レプリカ)であることを知らされてしまい、絶望のどん底に突き落とされる。

このイベントはそれまでプレイヤーにも優しい印象を与えていたヴァンの本性、ルークの正体、主人公が仲間達に見放されてしまうという冷たい展開など、様々な事実が明らかになると同時にいろいろな意味でプレイヤーに衝撃を与えトラウマを植えつけられた。

なお、ルークが言い訳する際に放った『俺は悪くねえ!俺は悪くねえ!!』という台詞は有名。

これでゲームを投げた人も少なくないが、それ以上に一方的にルークの元から離れていったように見える仲間達に憎悪の感情を抱くようになった人もいる。アクゼリュス崩落に関してはルークに対する仲間全員とアッシュの対応ミスも大きな原因である。
その中でも、保身が入り後に似た過ちを引き起こすアニスや、可能性に気づきながも話そうとしなかったジェイドは特に大半のプレイヤーから恨まれる事となった。

このあまりにもあんまりな内容から、この展開はスタッフの間でも全体的に評判が悪かったらしいが、皮肉にもそれが「このイベントがあればプレイヤーはルークに感情移入できる(※ただしルークはとっても悪いことをしたんだという方向性)」という判断に繋がり、変更無しで通ってしまった、という素直に喜べない経緯がある。
更に皮肉を言ってしまえば、(少なくともスタッフの間での判断では)この事件がなければルークは全く成長できなかったとも言えてしまう。

しかし、この事件の真犯人は生まれた時からルークと親身になって接することで強固な関係性を築き、言葉巧みに誘導し、更に途中不安と疑問を抱いた際に超振動によってアクゼリュスを崩落させるように暗示をかけて強制したヴァンであり、ルークにはアクゼリュスを崩落させ、人命を奪う意思は一切なく、ヴァンにその人生を狂わされた被害者だという事を忘れてはならない。

また「この件でルークは成長した」と言えば聞こえは良いが、経緯が経緯なので挫折で萎縮した子供と言った方が正しい。実際以降のルークは恐怖を感じつつも重圧から自分の命を顧みなくなり、仲間からも逆に心配されるようになっていく。
事実上「歪みが矯正されたのではなく、歪みが明後日の方向に増幅された」と言った方が近く、「アクゼリュス崩壊でルークが成長した」などと言うと不快感を催すファンも存在する。

因みに、アクゼリュスは「邪悪の樹(クリフォト)」の第五クリファの名前でもあり、その意味は「残酷」である。
ルークをはじめとしたキャラクター達にもそうだが、数多のプレイヤーに洒落にならないトラウマを刻み付けるに足る、文字通り「残酷」な仕打ちである。

補足(崩落~断髪までのネタバレを含むため閲覧注意)


それぞれがルークの傍を離れた理由
これはルークの断髪直後やサブイベントを起こさないと分からない人も一部いる。
大事なことなので先に言っておくが、ルーク以外の皆も『アクゼリュス崩落には、防ぐことができなかった自分達にも責任がある』と感じており、単にルークがアクゼリュスを崩落させたから離れたわけではない。


旅の途中でのルークのいい面を見て心の底では見直しつつあったが、ルークの親善大使就任後からの横柄な態度に呆れ、更にアクゼリュス崩落の責任を一人だけ逃れようとしていたため。
ルーク断髪後、変わっていきたいという彼を見守ることを決意。

ルークが親善大使就任した後は、(ルークがヴァン先生との約束を優先して)ルークのことを良くしてくれていたイオンにも辛く当たるようになったため。
また、アクゼリュス崩落時の無責任な言動(俺は悪くねぇ!)に呆れたため。

ナタリアとほぼ同様だが、実は崩壊の一端をイオンも担っていたため、彼に矛先を回避するためにも話を切り上げさせた
ただしそれだけが理由ではないことは後のセリフからも窺える。

親善大使就任後のルークの言動に危機感を薄々抱いていた(ルークが孤立し始めていたため)。
アクゼリュス崩落後、ルークが一人だけ責任を逃れようとしていたことに幻滅しつつも完全に見放したわけではない。
むしろルークなら立ち直れると信じ、今のルークには考える時間が必要だと感じ、あえて傍を離れた。
そのため、ワイヨン鏡窟へ向かう際、パーティーから離れ、アラミス湧水洞でルークを待っていた。
ちなみにルークの性格は自分達が育ててこうなってしまった事に責任を感じ、ルークの幼なじみのナタリアにもそのことを話す。


詳細な理由はメインイベント中ではなくサブイベントで判明する。
ルークを見放した理由は、『アクゼリュスを崩落させたからではなく(ジェイド自身も含めて)あの場にいる人達全員に責任があったにも関わらず、一人だけ責任から逃れようとして思考停止した』ため。このことは「譜眼」というサブイベントをこなさないと判明しない。

ちなみに自身の「確信を持てないことは話せない性格」についても悪い部分だと感じており、この性格のせいで毎回事態が大事になるまで言い出せない悪癖について悔やんでいる。(これもサブイベントを見ないと分からないことだが、確証が持てないからこそ迂闊に思いついたことを喋ってしまえば場や状況を混乱させかねない場合もあるため、この性格を一概に悪いとは言えない。軍人としても確証が持てないことは迂闊に喋ることは許されないことである)
また、スピノザとの会話でもあるように、ジェイドは同じ罪(=人死にを招いたことや人命道徳を無視した研究)を犯したからこそ、だからと言ってその相手を庇ったりするようなこと(本人曰く傷のなめ合い)は好んでおらず、寧ろ止めなければならないこととも考えている。


チーグルの森からルークのことを本当は優しい人だけど不器用で素直に振る舞えないと見抜いていた。
今回のアクゼリュスのことについては、自身がヴァンの企みに気付かずに、更にヴァンに唆されたルークに説得されて安易に封印を解いたことを反省している。
そのため、タルタロスの甲板でハートフルボッコなルークを慰めようとしたが、ルークを見放したアニスに連れられて中に入ってしまう。


…とこのようにメンバーそれぞれ思うところ(一部を除いて)があり、ルークから離れた。
(…メンバーにはルークとは比べ物にならないほど罪や問題があるのは秘密である。ただしイオンについてはルークとほぼ同様の事情がある。)



崩落後

ルークと別れたパーティーメンバーはしばらくアッシュの行動に付き合うが、用件が済むと別れる。
その後、ルークはアッシュを通して世界の状況や自分が犯したことの重大さを知り、変わることを決意した。

今までとさよなら



すぐには信じなくてもいい、でも変わるから見守って欲しいことをティアに伝え、二人はユリアシティを去った。
そして他のパーティーメンバーとも合流し、自分で考えて行動を開始した。

最初はやはり冷たい態度を取るメンバーもいたが、ルークの本気で変わりたいという気持ちや行動を見ていくうちに再び信頼し始める。


ネット上で見られる仲間たちへの批判


一方、ルークの成長として必要とされたこのイベントだが、仲間たちに対する批判定期意見もみられるようになった。


・ティア
ヴァンが何か恐ろしい計画を目論んでいることに気づき、物語の冒頭でそれを阻止すべくヴァンを討とうとしたものの、ルークと共にタタル渓谷に飛ばされ結局それは叶わなかった。また、その後も兄を警戒して距離を置いており、もし妙な真似でもしたらと身を構えていたが、六神将の妨害も多々あり、自分たちより上の立場の者たちからの指示等で行動せざるを得なくなり、それ以前に状況からして周りの目がある以上、防ぎようがなくなってしまう。
ルークをタタル渓谷に飛ばす結果を生んだ屋敷の襲撃においても、なぜ罪に問われないのかと尋ねられることもある。しかしこれについては、この件でティアとヴァンの共謀を疑ったキムラスカによって一時的に獄中に追いやられたヴァンが妹を守るための供述していたことも推測される(レプリカ大地計画についても、ティアだけは殺さずに助けようと考えていた姿勢から)。


・ガイ
ホドの復讐のためヴァンから仲間に誘われているが、屋敷に戻ってきた(正確にはアッシュと入れ替わった)ルークの言葉をきっかけに憎しみを攻略していき、ヴァンとは距離を置くようになった。
ヴァンの計画を知っていたのでは?ならなぜ彼は批判されず、一度でもルークを見限ったのか?と批判するものもいるが、計画を知ってると言っても、それは『ファブレ侯爵に対するホドの復讐』に関することであり、レプリカ大地計画のことは恐らく含まれていない。知っていたら、最初からルークがレプリカであることにも気づいていたはずであり、自分を過去から決別させてくれたルークを、アクゼリュス崩落を招く前に助けることができたはずである。


・ジェイド
ある意味ヴァン以上の元凶。
…が、彼一人だけがその責務を負うべきと言われると、それもいささか腑に落ちない。本当の元凶を突き詰めていくのなら、身も蓋もないことになるが預言に執着したオールドラントに住まう人々すべてにも当てはまることになるため。


・アニス
後にモースのスパイであることが判明。序盤のタルタロス襲撃以後の六神将の妨害も結果として彼女が発端になったことを、アニス自身も自覚することとなる。このためルークのことを何一つ批判できる口など持たないはずなのにと嫌うファンが多い。
だがアニスも愛する両親を人質に嫌々従っていただけで、防げるなら防ぎたかったことが態度で分かる。これについては、『預言の絶対性をいいことに、騙されても懲りず反省もせず善行に酔い、愛を注いでるはずの娘に結果として苦痛を強いている』アニスの両親の方が悪いのでは?という意見もある。


言ってみればほぼ全員が大罪人と言える。
しかし、償う機会やその姿勢さえ許さず、相手の痛いところを突いて批判することも果たして正しい事なのかと言われると、これも必ずしも正しいとは言い難いだろう。
彼らがいなければオールドラントを救い、預言に依存した世界からの成長を促すことは恐らくなかったはずであり、各々償うためにも行動している。各国の要人も、自分たちの預言への依存が結果的に本編中のあまたの災厄をもたらしたこともわかっており、ルークたちでなければ事態の収拾ができないため、ティアたちパーティメンバーを結果的に罪人として処罰できなくなったのかもしれない。


関連項目

テイルズオブジアビス
ルーク・フォン・ファブレ ティア・グランツ 鮮血のアッシュ ヴァン・グランツ
みんなのトラウマ 俺は悪くねぇ!

アニヲタwiki
詳細に調べられているが、読めば読むほど仲間たちへの逆ヘイトに満ちた言い回しが推測込みで見られるため閲覧に注意。

関連記事

親記事

テイルズオブジアビス ているずおぶじあびす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アクゼリュス崩落」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32950

コメント