ピクシブ百科事典

シグレ・ランゲツ

しぐれらんげつ

RPG『テイルズ オブ ベルセリア』のキャラクター。
目次[非表示]

年齢:31歳、身長:185cm
CV:中井和哉

キャラクターデザイン:奥村大悟

概要

人物

「相変わらず、俺を斬るなんてできもしないことを考えてんのかぁ?」

対魔士の組織“聖寮”の特等対魔士「S-5」。
ロクロウの実兄であり、独特の剣術を伝承するランゲツ家の今代当主にして流派最強の剣客。高い霊応力の持ち主であるが、普段は封印しており、自身の剣術のみで戦う。

アルトリウスを除けば現在ではたった二人しかいない特等対魔士のひとりでありながら、言動は気ままで自由奔放。その態度は生真面目な対魔士達から反感を買っているが、こと戦闘に関しては絶大な信頼を得ている。強敵と戦う事が唯一最大の喜びであり、相手が強いほど笑い、暴風の様に荒れ狂う豪快かつ不敵な男である。

自分を切ろうとするロクロウには揶揄うような態度で接しており、ライフィセットは「楽しそう」と語っている。聖寮に所属しているのは、カノヌシの力を得たアルトリウスと戦うためだが、彼個人としては感情を抑制する聖寮のやり方をあまり快くは思っていないらしく、使役聖隷でもあるムルジムの意志を解放している。そのためムルジムからは慕われており、固い絆で結ばれている。

戦闘スタイル

武器は大太刀。彼の持つ大太刀は「號嵐(ごうらん)」と呼ばれ、ランゲツ家の歴代当主に代々受け継がれている。
また、彼の技には「震天裂空斬光旋風滅砕神罰割殺撃」を一つ一つばらばらにしたものがある。
秘奥義は剣を振り下ろし大地を崩壊させる「嵐月流・荒鷲」で、この技で作中において一度ロクロウを倒している。

容姿

髪型は黒髪に額の部分をオールバックにしていて長髪は後ろに垂らしている。薄い金色の瞳。
表が白、裏がオレンジの和服を着用し、上半身は肩以外ほぼ裸で筋肉を誇示している。

余談

存在自体はPV3弾から明らかになっており、立ち位置からロクロウと因縁があるのではと予想されていた。

また、中の人はTOLモーゼスを演じていた。

関連イラスト


結末

キララウス火山にて一行と遭遇。正面から一行に立ちはだかり、ロクロウの持つ「クロガネ征嵐」を見ながら晩酌をしたのち、今まで封印していた霊応力を解放(修行のためにわざと抑え込んでいた)して、アイゼンに「本当に人間か」と言わしめて戦闘に入る。
その後ロクロウと一騎打ちを行い、ロクロウの双剣で號嵐を吹き飛ばされた後、クロガネ征嵐の一撃で致命傷を負う。
最期はロクロウの成長を認め、満足したように息を引き取り、ベルベットに吸収された。

エンディング

今作のエンディングでは、「クラウ一家が無事だったら」というifルートが描かれており、その一部で、仲良く晩酌をするロクロウとシグレの姿があった。

関連タグ

テイルズオブシリーズ テイルズオブベルセリア TOB
ロクロウ・ランゲツ アルトリウス・コールブランド
哀しき悪役 大剣 剣士

pixivに投稿された作品 pixivで「シグレ・ランゲツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190295

コメント