ピクシブ百科事典

ベルベット・クラウ

べるべっとくらう

ゲーム『テイルズオブベルセリア』の主人公。
目次[非表示]

「あたしは諦めない。何度だって、あいつらに喰らいついてやる!」

概要

性別女性
年齢19歳
身長170cm
武器刺突刃
一人称あたし
種族人間→業魔?
デザインいのまたむつみ
CV佐藤利奈


テイルズオブベルセリアの登場人物で主人公
マザーシップ作品の中では初の単独女性主人公である。(マザーシップ初の女性主人公は『エクシリア』のミラではあるが、そちらはジュード・マティスと主人公枠を共用しており、いわゆる第二の主人公としても扱われる。全ての作品通して初の女性主人公はメル、初の単独女性主人公は『テイルズオブブレイカー』のミカ。)

人物像

「あたしはベルベット・クラウ!業魔も聖隷も対魔士も喰らい尽くす!」

5歳から6歳の間に両親、9歳までに姉を亡くした為、幼い頃から唯一血の繋がった病弱な弟ライフィセット・クラウの母親代わりを務めて来た。豊かな感性と愛情深さを持った飾り気の無い普通の少女だったが、3年前の事件を機に人生が一変、世界を揺るがす存在になる。
「降臨の日」と呼ばれたその日、月が紅色に染まった『緋の夜』にアバル村の住民が全て業魔化するという事件が発生。さらに憧れの師であり義兄でもあるアーサーによって目の前で生贄として弟を殺されてしまう。ベルベットは弟を助けようとするも、アーサーの妨害によって左腕を斬り落とされたうえ祠へと突き落とされてしまう。直後、弟の生贄によって祠の中にいた何物かが復活した。
ベルベットは衝撃によって祠の外に弾き出されたが、謎の光に包まれたことで失われた左腕は業魔の腕に変わり、業魔として蘇った彼女は激情のまま業魔にされた村人を手にかけ取り乱しながらも、村の業魔化と弟の生贄を仕組んだアーサーことアルトリウス・コールブランドに挑むが敗北、監獄島に幽閉された。

その後3年間もの間、監獄島の牢獄にて餌として差し出された囚人や業魔の処理を強いられた。
全てを失い絶望した事で笑顔を失い、弟の仇であるアルトリウスへの憎悪だけを抱きながら囚人の業魔の血肉を喰らって生きる日々を続けた事によって、ビエンフーが 「闇夜の狼」 と例えた通り心が荒んだ冷たく獣じみた性格になった。業魔でありながらロクロウとは違い人間らしい感性を残しているものの、味覚を失っており何を食べても血の味しか感じなくなっている。
ある日、アルトリウスの聖隷であったシアリーズから脱獄と復讐への協力を申し込まれ、彼女がこれを受け入れたことで、村の一件で強大な力を得て世界の救世主となり、聖寮の長に上り詰めたアルトリウスへの復讐を開始する。シアリーズの手引きによって脱獄した彼女は、目的の為なら手段を選ばないようになり、まさに災厄を振り巻くような手段を取る。やがて民衆から『災禍の顕主』の名で呼ばれるようになり、次第に自らも自称するようになる。

最初は絶望と憎悪を抱き、復讐に憑りつかれており、周りに対しても冷淡な態度をとっていたが、亡き弟の面影を感じさせる聖隷ライフィセットと出会って以降は彼に不器用ながらも気をかけ、少しずつ絆を深めていき、やがて心境に変化が訪れる。
元々村娘時代から今に至るまでは閉鎖的かつ過酷な環境で長い年月を過ごした事もあって、人間関係や自身の感情に関しては鈍感不器用な面があり、精神面では所々16歳のまま成長が止まっている部分がある。そして旅の最中、様々な仲間達との触れ合いによって徐々に本来の優しさも見せるようになる一方で、その穏やかな本質と復讐に憑りつかれた現在の自分との矛盾から精神的に不安定さと危うさも見せるようになり、更にとある姉弟との一件を経て、その問題はさらに悪化していく事となる…

容姿

ベルベット
ベルベット・クラウ Minimalist



村娘時代は一つ結びの三つ編みで、頭頂部にはアホ毛がある。3年後ではアホ毛がなくなり、膝あたりに届く長髪を後ろで三つ編みにしている。目は琥珀色だが、秘奥義発動中には緋色に輝くような演出がある。容姿について明確な描写は無いが、村人曰く「化粧っ毛がない」。公式イラストや3Dモデルでは目が大きいから気付き難いが三白眼が特徴。

ちなみに現在のやたらと露出度の高い格好は、脱獄時に囚人からの没収品が詰め込まれた棚を漁って、有り合わせを適当に繋ぎ合わせて出来上がった物だったりする(マントのようなボロボロの黒い外套は元々は男物だったと思われる)。収監中は裸一歩手前レベルのボロ布(村娘時代に着ていた服が破れたもの)しか身に着けていなかった。
見てもわかる通りのナイスバディぶりは、ゲーム中でもたまにネタにされていたりするが、普段がツリ目気味の怒ったような無愛想なためか男性受けするような描写はあまり無い。(一切無いというわけでもなかったりするが)

また、いのまた氏のコメントによると、

  • 「ずっと捨て置かれてボロボロになっても気にせず、目的を果たすの為なら見た目も手段も選ばない、女の子らしさよりも負の感情が前面に出るようなデザイン、いわゆる優等生タイプとは違い、汚れた主人公ーーとはいえ女の子ですから、たとえボロボロでも、女性としてだらしない印象は避けるようにします(ほぼ原文のまま)」
  • 「尖ったシルエットで黒を基調に小奇麗ではない服装」「首に小さい布を巻いてるのは本人が防寒(?)など意味があるつもり」「復讐に執心しているため服装には無頓着。谷間が見えると女性っぽくなりすぎるので下胸を強調した(?)」とのこと。

戦闘スタイル

ベルベット
災禍の顕主



剣の師匠はアーサー。武器は右手の籠手の仕込み刺突刃(しとつば)、足技(ブーツに仕込んだ刃で斬る)との組み合わせで戦うが、しかし勝手に体が動いて蹴りが出てしまう為ほぼ我流になっており、序盤は右手の刺突刃で構えるシーンが多いものの、戦闘中の攻撃手段はほとんど足技である。
3年前の事件以後は、魔物のように変貌した左手『業魔手』の力を行使し、業魔だろうが聖隷だろうが攻撃した相手を喰らってその力を我が物に出来るようになっている。とある事件でシアリーズがアルトリウスによって埋め込まれたある術式(ソーサラーリング)を手に入れ、喰らった力を操作・放出する能力を得ている。
ちなみに、普段は包帯が巻き付いており、人間の腕と同じように振る舞える。

ゲームでは一部例外ありだが基本的には範囲が狭く素早い足技(特技)、発生がやや遅いが威力と範囲共々優秀な剣技(奥義)を駆使する。主人公らしくPTの中では唯一すべての属性攻撃を持ち、あらゆる敵に対応することができるのも特徴。
ブレイクソウルは 「コンジュームクロウ」。左手の業魔手を振るって敵を攻撃することで『喰魔状態』になり、攻撃した敵の種類に応じた強化効果と、奥義の強化版のような技「秘術」を使う事が出来る。喰魔状態は秘術の発動によって解除される。
この状態になるとHPがどんどん減少し、ブレイクソウル以外でのHP回復ができなくなる代わりに、敵の攻撃でのけ反らなくなり、状態異常にならない、致死ダメージを受けてもHPが必ず1残るという非常に強力な効果を持つ。秘術は「HPが1になる」or「ソウルケージの最大数+1回術技を入力する」ことで発動し、残りHPが少ないほど威力が上昇する仕様により高い破壊力を発揮する。さらに喰魔状態中でもブレイクソウルは使用可能なため、ブレイクソウル発動→術技で敵をスタンさせてソウルケージを回復→ブレイクソウルでHP回復&喰魔状態維持、という動きを繰り返すことが可能。効果中は実質無敵の為、途切れることなく敵を攻撃できる乱戦では無類の強さを発揮し、上記のセリフ通り敵を一人残らず喰らい尽くす
ただしその強みはブレイクソウルに依存しており、ただ闇雲に攻撃をゴリ押ししているだけだとソウル切れに陥りやすく、喰魔状態を維持するには慣れが必要。また、HPが少ないほど威力が上がる特性やベルベット本人の防御力の低さ、喰魔状態を長く続けるとHP減少速度が速くなる仕様も相まって、非常に戦闘不能に陥り易い。特にCPU操作の場合は作戦を調整しないと喰魔状態のまま棒立ちとなり、気付いたらHP1の瀕死になっているなんて事もしばしばなので自操作推奨。
ソウルさえあれば永続的にコンボを続けられるので、ハマれば強いが、不利な状況下ではずっと不利なままというタイプのキャラである。カツカツな状況に陥った時は、チクチク攻撃せず仲間と交代するのも手。

ちなみに、特技及び奥義ボイスは村娘時代のものも収録されている。主人公としては珍しく魔神剣も蒼破刃も使えないが、代わりに新技の紅火刃を覚える。また、他のメンバーと交代する際に出る技(スイッチブラスト)は、名前こそ違えど虎牙破斬と似ている。

秘奥義は 「リーサル・ペイン」「絶破滅衝撃」「インパルス・ディザイア」
協力秘奥義は 「イニュメラブル・ワウンド」(要:聖隷ライフィセット)
絶破滅衝撃はカイル・デュナミスの 「絶破滅“焼“撃」と一文字違い。

中盤と終盤

以下ネタバレ注意!








業魔になってしまった人間は2度と元の姿には戻らないと言われているが、業魔手で喰らった業魔に限っては元の姿に戻るという不思議な現象が起こっている。その実体は『忌み名の聖主カノヌシ』の一部である“喰魔“であり、カノヌシ復活の為に必要な穢れを集め、地脈点から本体に穢れを送る為の口である事が明かされる。

ベルベットはカノヌシ復活を止めるべく他の喰魔を集めていったが、メルキオルの幻術によって平和な故郷アバルの幻を見せられた事や、敵とはいえ聖寮のオスカー・ドラゴニアを姉テレサ・リナレスの目の前で殺害してしまったーーアルトリウスと同じことした事で、徐々に精神的に追い詰められていく。そのうえついに対面したカノヌシの正体が自身の弟ライフィセット・クラウそのものであり、弟がアルトリウスに殺された真実と、自身の憎悪すらも全てアルトリウスの計画の一部に過ぎなかったという衝撃の事実に打ちのめされる。そして弟の為だけの復讐の意味を全てなくし、カノヌシから生きる意味すら無い穢れた化け物と罵倒され、絶望の淵へと追い込まれ、カノヌシに取り込まれそうになる。

しかし聖隷ライフィセットの決死の説得により、今まで憎悪ゆえに自覚していなかった本心ーー 「大好きだった家族こと義兄が世界に絶望し己を捨てて『アルトリウス』に変わってしまい、何も言わず勝手に自分にとって最も大切なーー“3年前の義兄と弟との暖かい日々“を犠牲にし、師匠であり家族でもあった彼が自分を認めず、信頼していなかったのが悔しかった」ーー家族への愛憎という矛盾した感情に向き合ったことで、シアリーズが語った 「私もあなたと同じ、消したくても消せないがある」という言葉の真意と自分だけの 「譲れないもの」を見出し、砕けた心に火が付き再び絶望から立ち上がる。
そして聖隷ライフィセットとシアリーズの想いに応じ、「自身の本心と大好きだった家族との時間の為に『導師アルトリウス』とケジメをつけたいーー真実を知って尚それでも自分の為だけの復讐をやり遂げる」と決意し、絶望ゆえにアーサーという痛みを捨てた彼と違い、今までの業も痛みも生きていた証として受け入れ、自ら『災禍の顕主』として名乗り上げた。

それからは色々と吹っ切れたらしく“復讐が目的である“のはそのままだが本来の家庭的かつ気さくな性格に戻り、仲間達を気遣う素振りを見せたり、家族と過ごした時の事を素直に語るなど、憎悪と絶望に囚われず自分らしく生きるようになる。
以前は非道な行為を繰り返すも弟の仇だけを討つ為に己を捨てて突き進んでいた状態であり、そこにはエゴがないため穢れは発生しなかった。そして本心に従い、自分が選んだ生き方を貫こうという誓いの代償としてーー『災禍の顕主』らしく本人すらも抑えることが出来ないほど強い穢れが発生し、二度と以前のように聖隷ライフィセットに触れる事が出来なくなった。

その後のスキットでは仲間に米のとぎ汁の利用法について滔々と語ったり、海賊団のゴミの出し方に苦言を呈するなど、その言動はほとんど主婦のそれ。ロクロウからは 「いい嫁さん」、ライフィセットからは 「いいお母さん」、アイゼンからは 「面倒な小姑」などと評された。その他、エレノアと共々壊滅的なネーミングセンスを披露したり、マギルゥに対しては自然にツッコミとボケとフォローを入れるなどの一面もある。
「災禍の顕主」という通り名は意外と気に入っていたようで、先発メンバーに入れると「災禍の顕主のお出ましよ!」と叫ぶなど案外ノリノリ。真面目な所もあるようで、ロクロウから酒を勧められたときは「まだ19歳だから」という理由で断っている。未成年飲酒を気にする災禍の顕主とは一体…
ちなみに犬か猫かと聞かれれば犬派。最初では 「裏切らないから」と答えるだが、本当の理由はアレルギー持ちであるため。「ねこにんの里」に招待された時も最初は 「そんな場所に行く暇はない」と拒否していたが、仲間達に流されて結局行く羽目になってしまう。猫アレルギーであるのが発覚し、くしゃみとしゃっくりで散々な目に遭った。

復讐の結末

以下ネタバレ注意!








その後アルトリウスの“カノヌシの鎮めの力を利用し、人々の感情を封じる世界を完成させる“計画に対抗すべく、一等及び特等対魔士シグレ・ランゲツメルキオル、テレサとオスカーの4人の魂を「世界の中心」と呼ばれた地脈湧点であるキララウス火山の火口に撃ち込み、四聖主を復活させてカノヌシの領域を押さえ込む事に成功。空中に逃れたカノヌシを追い最終決戦に臨む。

そしてついに最終決戦の地「八頭竜カノヌシ」でアルトリウス、カノヌシと対峙。嘗て『アーサー』が告げた「なぜ鳥は空を飛ぶ」という問いに「鳥は飛びたいから自分の意志で空を飛ぶ」と答え、彼から教わった戦訓と喰魔の特性、嘗てシアリーズが託した術式を駆使して神衣化したアルトリウスからカノヌシを引きはがし、彼に引導を渡す。
そしてアルトリウスではなくアーサーとしての最初で最後の本音を受け止めた直後、制御するものを失ったカノヌシが暴走寸前となる。他の喰魔たちやライフィセットはカノヌシの一部であり、カノヌシを殺してしまえば彼らも命を落としてしまう事を知っていたベルベットは、ライフィセットと喰魔たちを生かす為に「カノヌシに己を喰わせ、自らもカノヌシを喰らい続ける」事で無限の矛盾を発生させ、自分自身を道連れにカノヌシ共々未来永劫封印、ライフィセット達に未来を残すという道を選び眠りについた。

ゼスティリアでは

以下はTOZ/TOZ-Xネタバレ注意!








元々の後の世では、彼女の復讐劇については彼女の名前さえローグレス(後のローランスの首都ペンドラゴ)皇家により闇に葬られた歴史になり『記録に残されている最古の災禍の顕主と導師の戦い』のみが伝えられた。
しかし聖隷ライフィセットに視点を置いたベルセリアの公式小説では、「“人間“は美しい面もあれば醜い面もある事」と、「愛情と憎しみのどちらか一方だけではなく、その二面を併せ持ち、その狭間で悩み、苦しみ、それでも前に進もうとする彼女から気付いた事」――が彼女との旅の出来事と彼女の生き方から学んた事が後の世の導師に伝わった。

アニメでは、“人々の穢れをなくす為のある儀式を経てもなお消す事のできない程かの人物への憎しみを抱き続け、災厄の時代を生み出した 「災厄の始まり」と呼ばれた存在“と語られた。ただし『災禍の顕主』としてではなくベルベット・クラウという“人間“としてローランス皇家のみに密かに受け継がれる伝承の中に彼女の存在を語り部が残し、導師ミケルが残していた「もう一つの天遺見聞録」では顔までは描かれていないが長い黒髪と業魔手は描き残されている。更にスレイの夢の中で、遠い昔の故郷の森の奥の祠がある岬で嘗て尋ねられた 「なぜ鳥は空を飛ぶのか」に対しての自分なりの答えと、「自分の信じる道を進め」というメッセージを残し、彼を後押しした。

他の作品への出演

テイルズオブアスタリア
第4章『追憶の楽園(エデン)』編に主人公の一人及びその中でもメイン主人公として登場。
成すべき事を成す大事の時に天帝が世界を造り替えた事によって果たせなかった。
そのため、世界を取り戻すために奮闘する。

テイルズオブリンク
本編第2章「碧に沈む星の灯」に登場。「人喰いの魔物」と称されている。
彼女の目的は現時点では不明である。

テイルズオブザレイズ
プレイヤーキャラとして登場。
参戦時期は7月27日、第10章「伝承と始まりの世界」配信時。
1000年の時を超えて『災禍の顕主ベルベット』と『導師スレイ』が遂に邂逅する。
具現化したタイミングが最終決戦直前ーー少なくとも四聖主を復活させた後の状態なので「この世界にアルトリウスがいない事実」を理解しても普通に落ち着いている。また、異世界に具現化した際のエンコードのおかげで、穢れを放出している事による周囲への悪影響や自身の味覚が失っている部分はなくなっている。
一方、ファントムの手で「もし真実を知り、聖隷ライフィセットからあの言葉をかけてもらえず、完全に憎悪と絶望に支配され、アルトリウスを殺す為だけに生き延びていた彼女」も『復讐鬼』として具現化され、鏡士を見つける為に混乱を起こした。

魔鏡技は 「アンヴィバレンツ」「ナイトメアクロウ」

関連イラスト

TOBログ
ベルベット!


Ageless moon
激情の火に焼かれて散れエエエエエエ


最悪の喰魔
復讐者


Velvet
ベルベット・クラウ



関連タグ

テイルズオブシリーズ テイルズオブベルセリア TOB
女主人公 囚人公 アンチヒーロー ダークヒロイン 悲劇のヒロイン
  純朴 女子力 人外 復讐 悪役 魔王 ラスボス臭 二律背反 

ライフィセット ロクロウ・ランゲツ アイゼン(TOB) マギルゥ エレノア・ヒューム
ライフィセット・クラウ セリカ・クラウ シアリーズ アルトリウス・コールブランド

スレイ:後の世の導師で主人公。目的と立場や、イメージカラーと通常カラバリとキャラテーマなど、一見するとあらゆる意味で対極する存在である筈のだが…。

ヘルダルフ:後の世の災禍の顕主でラスボス。導師の手によって全てを失い、災禍の顕主にされたという共通点がある。ただし目的や行動理念は全然違う。

表記揺れ
ベルベット(TOB) ベルベット(曖昧さ回避)

カップリングタグ
セトベルフィベル

冗談
中の人は『テイルズオブエクシリア』でプレザと『テイルズオブハーツ』でドナ・メテオライトサンゴ・コラーロ(PSV版)を演じていた。

御坂美琴中の人つながりで、シアリーズの中の人妹分を演じている。

台詞

「どんなに苦しくて悲しくても、あたしは、この“復讐“をやり遂げる。」

「覚えておきなさい。『災禍の顕主』は死んでも諦めないのよ。」

「ラフィのお姉ちゃんでセリカお姉ちゃんとアーサー義兄さんの妹で、幸せだったよ。」

「悪い事は全部『災禍の顕主』のせいにしとげばいいのよ。」

「我が名は災禍!『災禍の顕主ベルベット』だ!」

「『なぜ鳥は空を飛ぶのか』答えがわかったわ。鳥はね、飛びたいから空を飛ぶの。理由なんてなくても。翼が折れて死ぬかもしれなくても。他人(ひと)の為なんかじゃない。誰かに命令されたからでもない。鳥はただ、自分が飛びたいから空を飛ぶんだ!ーーそう、それが『あたし』よ!」

「戦訓その零!『絶対に諦めるな』!」

pixivに投稿された作品 pixivで「ベルベット・クラウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3235822

コメント