ピクシブ百科事典

ライラ(TOZ)

らいら

RPG『テイルズ オブ ゼスティリア』の登場人物。
目次[非表示]

概要

性別女性
身長172cm
武器紙葉
一人称私(わたくし)
種族天族
利き手
デザインいのまたむつみ
CV松来未祐(ゲーム・導師の夜明け)、下屋則子(TVアニメ)


テイルズオブゼスティリア』の登場キャラクターの一人。名前の英字綴りは「Lailah」。

導師の素質を持っているものを待つ伝説の聖剣に宿る「湖の乙女」であり、スレイと「輿入れ」の契約をして彼に浄化の力を与えた。さらに天族の中でも「主神」と呼ばれる地位にあり、物語の中でミクリオエドナデゼルを「陪神」として従える契約を結ぶ。
自らに「誓約」をかける事で、殆どの天族から失われてしまった憑魔を浄化する力を得ており、過去にも導師と冒険の旅に出ていた。そのためかなり博学なのだが、誓約のため話す事ができないのが殆どで、その話題になると不自然すぎる誤魔化し方をする。天族の知り合いが多く、若いミクリオ以外のパーティメンバーの天族とは以前からの顔見知りである。

性格

豊富な経験から主神として導師の指南役として助言を行う責任感の強い女性。グリンウッドに生けるものたちを心から愛おしく感じており、グリンウッドに清浄と平和をもたらすのを自身の使命だと考えている。
マイペースな面もあり時々奇妙な妄想を暴走させることも。思いついた洒落は口にしないと気が済まない。

折り紙や手紙を送るのが好き。「丸まり」には異常なこだわりがあり「アルマ次郎」という謎の存在を敬愛している。
外見のわりに年齢はかなり年上らしいが年齢の話はタブー。
火の天族のため焼き菓子作りが得意。お菓子は「別腹」という認識で食べるのが大好き。
ノルミン一族と旅をした事があり、彼らの憧れの的になっている。

容姿

慈愛


見た者を陶然とさせる華やかな美女。身長の高めなTOZ女性陣の中でも高い方に入り、見た目には20歳より上の大人の女性といったところ。地に届きそうなほど長い銀髪をポニーテールにまとめている。
イメージカラーは赤と思われ、赤と白を基調とした花嫁衣裳のような華やかなドレスを着ている。カラバリ衣装では真っ白なドレスとなり、「輿入れ」設定を意識しているかと思われる。

戦闘

シリーズ初となる「紙葉」を武器にしており、火属性の天響術を用いて戦う。拘束力の強い火属性の攻撃を主体に、自身を中心として発動する近距離術を得意とする。

秘奥義は「焔舞煉撃波」、「プライマリィ・インブレイス」。また予約特典限定で「テイルズオブイノセンスR」より輸入されたコンウェイの「サイレント・エンド」も習得できる。
クリアデータでレディレイクの宿屋に泊まると秘奥義イベント(プライマリィ・インブレイス)が発生する。


他の作品への出演


テイルズオブアスタリア

第3章『結晶の大地と導きの光』で登場。
スレイが導師になったきっかけであり、ピュール遺跡と呼ばれるところで聖剣を守っていた。
その後は一行の旅に同行して導師としてのスレイの活躍を見守るが…?

テイルズオブザレイズ

OPムービーに登場したりクレジットにて声優名が存在するため、参戦する可能性が高い。
登場時期や魔鏡技等は不明。
また、スレイの魔鏡イラスト「導師誕生」にも描かれている。


関連イラスト

フォエス=メイマ
おやすみなさい…。


Lady of the Lake
ライラ


公式動画



関連タグ

テイルズオブゼスティリア ゼスティリア TOZ 
スレイ ミクリオ アリーシャ・ディフダ エドナ ロゼ デゼル ザビーダ 天族 マオテラス








謎に包まれた過去(ネタバレ)

ライラと先代。



実は、ライラは先代導師ミケルの主神であった。
「ミケルやマオテラスに関係する事について語らない」という誓約にて浄化の力を得ている。

ミケルが12歳の頃に契約し、通常さん付けで呼ぶライラが様付で呼ぶ唯一の人間がミケル。
ミケルとの浄化の旅の途中、ローランス地下神殿にて人界の穢れにまみれたマオテラスを発見。ミケルと共にマオテラスを人里離れた聖地カムランに移動させる。マオテラスは機能不全に陥っていた浄化能力を少しずつ取り戻し、この星の地脈の中心であるカムランから大地に浄化していた。
その後カムランを隠れ里として開拓しようとするミケルと別れ、ライラはレディレイクにて新たな導師を待つ事になる。が、ある事件によりミケルは「忘れ去られる」という誓約により人々の記憶から消えてしまった。
その後、イズチのゼンライにカムランの顛末を聞いた後に希望を信じて、ミケル及びマオテラスに関連した事について口外しないという誓約を立てた。

作中のライラはミケルの悲劇的な最期について強い後悔の念を抱えており、自らの役目を決めつける余り抱え込んでしまっている。秘奥義イベントは彼女の複雑な心境を知る事ができる。
しかしそれが原因で、自身の力を押さえつけてしまったという。

真名は「フォエス=メイマ」で「清浄なるライラ」の意。


ちなみに、「ライラ」はユダヤ教やキリスト教に伝わる受胎を司る夜の天使
天族」は作中の古代語解読や英語版では「熾天使(seraphim)」となる。
更に、TOZ女性陣の名前は花の名前に由来することから、ライラックも元ネタのひとつであると考えられる。

企画の初期段階から構想があった女性キャラクターであるらしく、全イラストレーターの中でいのまたむつみへのキャラクターデザイン依頼が最も早かった。
肩のスリットデザインはグリンウッドでのフォーマルな服の意匠として、他の人物のキャラクターにも取り入れられている。


テイルズオブゼスティリアザクロスでは


製作開始前に松来氏が亡くなったのもあり、下屋氏が後任として担当している。
特にダジャレ好きな面は見られず、若いスレイを導き助言を与える立場が多く見られる。
穢れの本質に迫ろうとするスレイに、ミケルが遥か昔の伝承について書き残していたもう一つの天遺見聞録を託した。
浄化の炎の誓約も、結んだ理由がマオテラスから託されたという形に、誓約の代償が始まりの村カムランに関する事を口外しない事に変更された為、自らミケルやマオテラスの事について話している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ライラ(TOZ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110599

コメント