ピクシブ百科事典

アーチェ・クライン

あーちぇくらいん

「テイルズオブファンタジア」の登場人物。
目次[非表示]

ねえねえ。もっと笑ったりしたほうが楽しくない?

概要

年齢17歳
身長157cm
体重39kg(自称)
CVかないみか


人間の父とエルフの母の間に生まれたハーフエルフ魔法使い
天真爛漫な性格だが、その反面非常に長寿なので知識もそれなりに豊富。意外に酒豪。
またファンの間では、初代『××料理人』の称号をとった料理下手でも知られる。

自らを「天才魔術師」と名乗っているが単なる自称ではなく、劇中で様々な魔法を修得していき、最終的には下記の禁断魔法すら修得してしまう類い稀な才能を発揮していく。

ちなみにパーティ内の未成年キャラの中では、物語の最後まで両親が生存する唯一のキャラ(すずの両親も当初は行方不明扱いで健在ではあったがすずを仲間にするとストーリー関係上どうやっても死亡する)。

秘奥義は光属性の禁呪文「ビックバン」・無属性の禁呪文「メテオスウォーム」・闇属性の禁呪文「ブラックホール」の三つ。

容姿

ピンク色の長い髪ポニーテールにしてまとめている。
そして幼児体型(本人もコンプレックスに思っている)。初代「ぺったんこ」。初期は少しは膨らみがあり、逆にミントは着痩せしているため、強調されなかったが新作につれ、逆転してしまう。
体重は自称。PS体験版ではその秘密がバラされている。

性格

かなりのおてんば娘で、非常に明るく賑やかな性格をしている。清楚で女性としての魅力を多く描かれているミントとは対照的に描かれており、男性陣(特にチェスター)からはもそのことを指摘されているがクラース曰く「ミントにない魅力を持っている」とのこと。
自身の出自自体にあまりこだわりはない反面、エルフの里でのイベントで死んだと思った母親との再会がきっかけに心を乱れるなどミント以上の繊細さも持っており、親友のリア・スカーレットのために肉体を貸し、その後ハーメルに寄った際に墓を作ってあげるなど本質は友達思いである。

色恋沙汰には割と積極的で、物語に正式に参加した時点からクレスにモーションを掛けており、かなり本気で狙っていた模様。またユニコーンに会えない理由を説明するシーンで過去に彼氏が居たと語っている。
矢島さら先生著の小説「深紅の瞳」では、その彼氏やリアとの出会いの話が描かれている。
これが未来編になってチェスターが戦線に復帰してからは、チェスターと『トムとジェリー』のような間柄となり、常闇の町・アーリィでのイベントやチェスターの特殊レベルアップイベントなどを経て、チェスターに対して複雑な感情を抱くようになっていった。特に続編である『なりきりダンジョンX』では未来でイタズラをしている時、メルがすぐに弁護した際、チェスターはすぐ彼女が寂しがっていることに気付いたり、ピンチを聞きつけ、未来からやってきた際、チェスターとの再会を喜ぶなど二人の絆が描かれている。


ゲーム中


ファンタジア

お転婆な性格とは裏腹にクラースさんと同様の典型的な術師タイプで攻撃力も低い。
(ブルーム)に乗って空中を飛んでいるため、戦闘時に攻撃を受けにくいことから後方支援として非常に優秀な戦闘員となってくれる。ただし、作戦をちゃんと指示しておかないと威力の高い魔法をバンバン使うため、戦闘中のTP回復は戦闘終了時のみの本作だけに注意が必要となる。
また、戦闘以外にもダンジョンの攻略などでその飛行能力が役立つことがある。

最初は、行方不明となった友人のリアに、降霊術で身体を貸した状態(つまり非戦闘員)で仲間になる。その際には、戦闘パーティには含まれていないが、ステータス画面にて姿を確認することができる。
ただし、リアの残留思念が強すぎたことが災いし、ハーメルの壊滅させたの犯人・デミテルを倒すまではリアに完全に心身を占拠されていた。そのせいか、リアが礼儀正しく大人しい子だっただけに、アーチェ本人に戻ったときのギャップの激しさに、クレス達もかなり戸惑いを見せていた。PSP版ではリアに憑りつかれた状態での音声も新規収録されている。
この一件以降、クレス達への恩返しの意味も含めてダオス討伐に力を貸してくれることになる。またヴァルハラ戦役の直前にダオスの目的にメンバーの中で唯一疑問を持つなど、意外と思慮深い一面も併せ持つ。

未来編では、古代都市トールにアーチェが主役のミニゲーム『GROOVYアーチェ』がある。
GBA版では更に未来で怪しい占い師によって自分に良くないことが降りかかるという予言を変えるべくすずと奮闘する追加モード「let's go arche」がある。

PS版から追加されたOPアニメーションではヒロインのミントよりも登場カットが多く、優遇されている。

インディグネイション

ゲーム冒頭でエドワード=D=モリスンが使用していた「インディグネイション」を覚える。
文字数の関係上「インディグニション」と表記されているが、音声では「インディグネイション」と唱えている。
だが、PSPに移植された「フルボイスエディション」では、基本的にPS版の移植であるが、表記の通り「インディグニション」と音声でも唱えるようになった。

エターニア

闘技場の隠しボスとして登場。
ハードモード以上でクレスの相方として参戦し、空中から魔法で支援する厄介な敵としてリッドを苦しめてくる。ファンタジアの敵キャラの気分を実体験できるという手強いオマケである
またメルディに元素属性の上位魔法『シューティングスター』を持たせ、マクスウェルの活力をMAX状態でもう一度『シューティングスター』を唱えさせると、なんとメルディが『GROOVYアーチェ』仕様のアーチェに変身し、短時間だがその状態で戦闘可能になる。

なりきりダンジョンシリーズ

テイルズオブファンタジアなりきりダンジョン及びそのリメイク版のなりきりダンジョンXでは、主人公のディオメル達のアセリア暦4408年まで存命で人里離れた魔女っ子の塔(なりきりダンジョンXではきらめきの塔)に住んでいる。
彼女の描いた絵によって様々な時空を旅することになる。
絵によって飛べる時空は以下の通り。

太陽の絵(クラースの時空 アセリア暦4203年)

月の絵(クレス、チェスター、ミントの時空 アセリア暦4304年)

星の絵(すずの時空 アセリア暦4354年)

雲の絵(暗黒時空)

マーテルの像、ディオとメルの似顔絵(ディオとメルの時空 アセリア暦4408年)

秘奥義はバーサスから続投のビッグバンの他、ファンタジアで使っていたブラックホールとメテオスォームが昇格した。

バーサス


その他

テイルズで初の××料理人である。ただしデザート系は得意。リメイク版ではミントのアドバイスで美味しい料理を振舞ったこともあるが、しかし、デリカシーのないチェスターとクラースからは「教え方が良かったんだ」とミントの方だけ褒められるだが少なくても根っから下手というわけではない様子。
好物はメロン、メロンパンも大好きと言っている。おそらく中の人ネタ
小説版なりきりダンジョンではマーボーカレーも得意になっている。

関連イラスト

空と街の色
水鏡ユミルの森


また会えるね!
flying



関連タグ

テイルズオブファンタジア TOP 
クレス・アルベイン チェスター・バークライト ミント・アドネード クラース・F・レスター 藤林すず
チェスアー
ハーフエルフ 

pixivに投稿された作品 pixivで「アーチェ・クライン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 508512

コメント