ピクシブ百科事典

藤林すず

ふじばやしすず

RPG「テイルズ オブ ファンタジア」の登場人物。
目次[非表示]

「忍者は…非情でなければ務まらないのです」

概要

年齢11歳
身長135cm
体重28kg
川田妙子


くノ一の少女で、ジャポン一族の末裔。として育てられたため、年齢の割にはクールな性格だが、根は純粋である。辛い物が苦手。
戦闘では多彩な忍術を駆使して戦う。アイテムを盗む技を使えるのは本作では彼女だけである。
仲間になるのはPS版以降の作品でありそのイベントもサブイベント扱いなので仲間に加えなくてもゲームクリア自体は可能(特典DVDではその事に関して愚痴っていた)。



ストーリー(ネタバレ注意)

クレスミントチェスターが住む50年後の未来の世界の住人。このためストーリーに登場するのもかなり終盤に差し掛かった辺りになる。クレス一行がヴォルトの洞窟を訪れた際にダオスに洗脳された忍者と戦ったり洞窟の罠にかかったり、最後は忍者たち相手に苦戦していたところをクレスに助けられる(クレスが戦闘で負けた場合は自分で忍者たちを一蹴する)。この際にクレスから名前を聞かれて初めて名が明らかになる。クレス達から同行するように誘われるが去って行ってしまう。なお、これ以降すずはメインストーリーには登場しないので彼女を仲間にするイベントをこなさない場合はこの場面が実質最後の登場シーンとなってしまう。

アルヴァニスタで忍者の里の情報を聞いた状態でトレントの森の奥深くに行くと再登場する。話しかけると忍者の里へ招待され、クレス達が祖父の乱蔵から行方不明となっているすずの両親・銅蔵とおきよの捜索を引き受けることになる。

「父上も母上もきっとどこかで生きているはず」と信じていたすずだったが、他の忍者達と同様に彼女の両親もダオスによって洗脳されていた。依頼を受けた後にユークリッドの武術大会で最後まで勝ち進むとすずの両親がクレスの前に現れ戦いを挑んでくる。クレスが二人を倒した場合でも負けた場合でも戦闘後にすずがその場に駆けつけるのだが勝敗によって展開が若干異なる。クレスが勝った場合はすずが両親に説得を試みるも、銅蔵がすずに自分を殺すように訴えかけ、それができない娘を見かねて迷惑をかけないために両親がお互いを刺して自害してしまう。負けた場合はすずがせめてもの情けとして伊賀栗流忍法・分身の術で実の両親を手にかけることになってしまう

イベント後にすずに謝りにもう一度忍者の里へ行くと乱蔵もすずもクレスを責めることは一切なく、むしろ二人の魂を救ってくれた恩人として礼を言う。その後すずが修行とクレス達への恩返しも兼ねて正式に仲間に加わる。

なおクレスは両親を助けられなかったことをすずが仲間になった後も重く引きずっているようでチャットでもそれに関連した会話がある他、このイベントの後にユークリッド城に入ろうとするとすずが中に入るのを拒否したりリメイク版以降にある母親とはぐれた迷子を助けるイベントをすずが仲間にいる状態でこなすと母と接する子供を見て寂しそうな様子を見せたりと両親の死はクレスとすず二人の心に大きな傷を残していると言える。

ダオスを倒した後はクレス達との別れが待っていた。悲しい別れではあったが「忍者は非情でなければ務まらない」からと泣くのを堪える。だがクレスに「忍者だってこんな時は泣いてもいいと思うよ」と言われるが「みなさんとは笑ってお別れしたいから!」と笑顔で仲間たちに別れを告げて去っていった…。

その他

後に発売された『テイルズオブシンフォニア』の藤林しいなとは同じ「藤林」姓である。「日本風の名前」と「くノ一である」という点において共通しているが、両者の関係は不明。
またSFC版において、すずにあたるキャラクターは『赤ずきんチャチャ』のお鈴ちゃんをモデルとしたノンプレイヤーキャラクターであり、苗字も「服部」となっている。
特典DVDでは某陰険眼鏡ことジェイド・カーティスをおっさん呼ばわりして彼を見事に精神的にボコボコにした。

続編であるなりきりダンジョンとそのリメイクであるなりきりダンジョンXでは祖父の後をを継ぎ、頭領となっている。

関連イラスト

なりダンX・ファンタジア3
ふふっ


殺劇! はあああぁぁぁッ! 舞荒けぇえええん!
塗ってみた



関連タグ

TOP  テイルズオブファンタジア
クレス・アルベイン ミント・アドネード クラース・F・レスター アーチェ・クライン チェスター・バークライト

くノ一  カエル←技の中にカエルが出てくるものがある(上記の動画の0:55辺りの児雷也がそれである)

藤林しいな  テイルズオブシンフォニア
赤ずきんチャチャ  お鈴ちゃん

pixivに投稿された作品 pixivで「藤林すず」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 566804

コメント