ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「泣いてもいいけど?」


概要

性別女性
身長145cm
武器
一人称ワタシ
種族天族
利き手
デザイン岩本稔
CV福圓美里

地属性の天族。兄のアイゼンが憑魔化しドラゴンとなってしまった後、ずっと一人ぼっちで引き籠もって暮らしてきた。スレイ達とは「霊峰レイフォルク」で出会う。ドラゴンと化した兄を鎮める方法を見つけるため、スレイ達の旅に同行する。

真名は「ハクディム=ユーバ」で「早咲きのエドナ」の意。


傘に付いている「ノルミン」というマスコットにはこだわりと理由がある様子で、ライラ曰く「話したら長くなる」、エドナ曰く「問い詰めたい事が77個、苦情が108個、訴えたい事が32個ある」らしく、ノルミンに好かれるライラには密かに嫉妬している。

天族として長く生きており、ライラザビーダとは旧知の仲である。


性格

他人をあまり信用しておらず、特に都合の良いときだけ神だのみに来る人間に対しては強い警戒心がある。

淡々とした毒舌家で、人をいじって戸惑わせるのが好き。基本的にテンションは低めで、かなりの面倒臭がり屋。

いじり芸には定評があり、特に生真面目なミクリオをよくからかって楽しんでいるが、スレイには妙に優しい。

のこととなると、少しだけ素直になる。


容姿

センシティブな作品

体格は小柄なミクリオよりも更に小さい。しかし、ライラほどではないが天族の中でも長く生きている方で、スレイとミクリオよりはるかに年上である。

イメージカラーは黄色のようで髪は金髪、衣服も腰のあたりに黄色いリボンが付いた白い生地のワンピースを着て、右手に茶色の手袋をつけている。

また不釣り合いなほど大きいサイズのブーツを履いているが、これは兄アイゼンのお下がり(手袋もお下がり)。


戦闘スタイル

マザーシップタイトルでは初となる「」を武器にしており(前例はモバイルの『テイルズオブコモンズ』)、主に属性の天響術を用いて戦う。物理防御の値が高い。


傘を振って物理攻撃をこなし、開いて霊力弾を撃ったりと近接での戦闘もできる。天響術は範囲系のものと、連続ヒット数によって時間差で発動するトリガー系のものがあり、普通の術者にはできない連携が可能となっている。しかしトリガー系はヒット数を繋げないと発動せず、そのぶん術攻撃の決め手に欠ける。

ちなみに戦闘時、相手が格下だと台詞や詠唱文句が適当・棒読みになる。


秘奥義は「ヴェネレイト・マイン」、「シューティングスター」。

決戦前夜前にアイゼンを倒した後にレイフォルク頂上へ行くとサブイベントが発生してシューティングスターを習得する。


余談

テイルズオブマガジンでは女性キャラクターランキングで首位を独走し、テイフェスには毎年参加するなど、プレイヤーの嫁として安定した人気を誇る。


他の作品への出演

テイルズオブベルセリア

本編には直接関わらないが、アイゼン関連のスキットやサブイベントで言及される。

とあるイベントではメルキオルが作り出した幻として後ろ姿のみ確認できるが、本人は登場せずアイゼンとの手紙のやりとりに留まり、パーティメンバー達がその人物像について様々に想像している。


テイルズオブザレイズ

プレイヤーキャラとして登場。ミクリオと共に参戦。

初登場は期間限定イベント『スイートピア遺跡と神のケーキ』

スレイ達と同じくカレイドスコープによって具現化されたが、スイートピア遺跡で魔物に襲われていた。

…が、格下だったためにすぐに倒してしまう。

すぐには戦闘パーティに加入しないものの、ストーリー終盤で天族主催の歓迎会をミクリオと共に開いた後に加入する。

その後、『ウィスとオモチャの迷宮』の終盤でも登場し、ティアが仲間キャラにいる場合は彼女に可愛いと見惚れられている。

本作で、新術技としてアンブレラール、レイニーガスト、グラヴィディレイ、水遊、百華・桜吹雪(桜吹雪の技変化)、アンブレラールネ(アンブレラールの技変化)、レイニースピア(レイニーガストの技変化)、クウェイクディレイ(グラヴィティレイの技変化)、避雷針(水遊の技変化)を習得。

また、2022年5月のアスタリアとのコラボイベントでは、アスタリア第5章での敵対時の姿「闇を纏うエドナ」の姿にフォームチェンジ可能。その際の術技は、暴風雨、ブラッディハウリング、夕立、アシッドレイン、ナイトメア、曇天、サンドストーム、アビスサンドストーム(サンドストームの技変化)。

魔鏡技(歴代の「秘奥義」にあたる必殺技)は「クリスタル・シェル」「ヴァンテージ・ニグレクト」「パイロニア・ブレイジング」「ヴェネレイト・アワーズ」「クリスタルブレイカー」「天候不良」、アイゼンとのクロスオーバー魔鏡技で「ドラグーン・ハウリング」、スレイとのクロスオーバー魔鏡技で「地神招来」。闇を纏うエドナとしての魔鏡技は、「グラビティシェイク」「ディサイド・マイン」

そして2017年9月のイベント「幸せのノル様人形」で兄のアイゼンが参戦、兄妹が遂に再会する事になる。


関連イラスト

霊峰えどな這いつくばるのがお似合いねセンシティブな作品

センシティブな作品エドナの花エドナその為の靴底


公式動画


関連タグ

テイルズオブゼスティリア ゼスティリア TOZ

スレイ アリーシャ ミクリオ ライラ デゼル ロゼ ザビーダ アイゼン

天族 地兄妹


鶴姫(戦国BASARA)(最新作、戦国BASARA4皇DLCにて、コラボコスチュームが有料配信される。⇒公式紹介画像)

カップリング

スレエド ミクエド ザビエド


ネタバレ注意

過去と新たな決意

天族の外見年齢に規則性はなく、外見の成長には自らの意志が作用する。また白い服を着た天族は長寿。

という訳でエドナも実年齢はかなり高く(約1300歳)、幼い容姿に反する年長者ぶりで年若いスレイが様々な苦難に直面するのを見守る。


兄アイゼンは、自由に生きるために、いつかは人間の穢れにあてられた自身がドラゴンとなることも覚悟した上で人間の仲間と共に旅をし、憑魔化してドラゴンとなる。

兄は実は自身がドラゴンになる事を予期し、エドナが自由に生きることを望んでおり、ザビーダに自身がドラゴン化した時は殺してくれるように言付け、ノルミン天族のフェニックスにマスコットに扮してエドナの後見をするよう頼んでいた。

エドナの大きな靴は兄がくれたもの。彼女は「お気に入りの靴」で歩き出す事を決意する。

また、ベルセリアにてアイゼンの行く末に関する真意についても具体的に語られる。


なお、ファミ通攻略本によるとレイフォルクに引き籠もっていた頃は、人間や動物を襲うようになった兄が山から出ないよう、毎日歳の数だけピーナッツを食べるという誓約をしていた(とはいえこれはファミ通のライターがあくまで遊びで書いたものであり、公式設定かは不明)。

関連記事

親記事

テイルズオブゼスティリア ているずおぶぜすてぃりあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3085585

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました