ピクシブ百科事典

ストレイボウ

すとれいぼう

SFCのコンピュータRPG『LIVE A LIVE』の登場人物。
目次[非表示]

LIVE A LIVEの隠しシナリオ「中世編」に登場。

概要(ネタバレ)

藍色のロングヘアーで、水色のローブと赤いマントを着込んだ魔法使いの青年。
オルステッドの親友であり、ルクレチア王国にて彼と武術大会で戦った。優勝の報酬は、ルクレチア王国の姫アリシアに求婚する権利であった。親友だからといって手加減をよしとせず、全力で戦うようオルステッドに誓わせ、ついに両雄は激突。しかし、後一歩のところでオルステッドに敗れてしまう。
武術大会の夜、魔王にアリシアがさらわれてしまう。翌日にオルステッドの魔王退治の旅に同行するが、魔王は偽者だった揚句、直後の地響きから魔王山が崩落。オルステッドと共に逃げようとするが、1人逃げ遅れて圧死してしまった···。












···という細工を施し、実は魔法で崩落を装い、1人で魔王山の奥へと足を進める。このままオルステッドと共にアリシアを助ければ、アリシアが感謝するのは求婚の権利を持つオルステッドであろう。共に戦ってきた自分にはなぜ何も報酬がないのだろうか。何故だ。なぜだ。ナゼダ。···思い返せば、昔からオルステッドにはいつも先をこされっぱなしだった。日のあたることの無い「主人公の友人」。そんなポジションを自覚してしまった彼は、ついに···友人という立場を放棄する。
そして、先にアリシアを救うだけでは彼の憎しみは収まらず、悲しみに打ちひしがれていたオルステッド達を魔法で騙し、王殺しの罪を着せた。
しかし、オルステッドはウラヌスの命がけの魔法によって助かり、再び魔王山に姿を見せた。それを見た彼は、ついに···オルステッドにいつもおいしいところを持っていかれ続けた日陰者としての憎しみと、そんな立場からの脱却のために自分でアリシアを救おうとした決意を告げる。この時の科白「あの世で俺に詫び続けろオルステッドーーー!」はかなり有名。オルステッドを倒すことで彼を越えるために戦うが、最期までオルステッドに勝てなかった。
この行動やオルステッドへの同情的観点、そしてその後のルクレチアの惨状から、人によってはアリシアと共に、もしくは彼女以上に嫌われているキャラクターでもある。また、人によっては魔王山の邪気によってアリシアと共にオルステッドを憎むようになったという声もある(実際、魔王山の隠し通路を偶然見つけたのと同時にオルステッドへの嫉妬と憎しみに突き動かされており、強ち的外れとは言えない)。
最終編にて「俺の···せいなのか··· あいつが··· あんなになってしまったのは···」と、自分の行いを後悔するシーンがある。しかし、全ては手遅れだった···どこにも居はしなかった最凶の魔王を誕生させてしまったのだから。

まさに、人間であり、今でもあの世でオルステッドに詫び続けているのであろう
しかし、その懺悔はどうあがいても彼には届かないのである・・・。

元ネタ

彼が登場するシナリオ「中世編」は、元々「FF4セシルカインの立場が逆だったら」という仮定から生まれたもの。したがって、彼はもしかしたらセシルが辿ったかもしれない道を示した可能性もある。たしかにFF4TAでのセシルの変貌振り、そして暗黒面に落ちた彼の感情は、唯一のはもとより、息子をも平気で手にかけるほどの凄まじいもの。あながち、ハズレではないのかもしれない。
さらに言うならば、GBA版FF4で追加された「試練の洞窟」ではカインをオルステッドの立場に据え、試練の出来事とはいえバロンの町で起こった殺人事件の容疑者として孤軍奮闘を余儀なくされる程の窮地に陥る。だが、本当に試される試練はストレイボウ側に立った状態で親友に手を掛けるか否かの選択を迫られるというもの。つまり、もしストレイボウがオルステッドを倒していたらという仮定も可能であり、こちらの場合は現実ではないにしろ非常に後味が悪く、しかも二度と試練に挑戦できなくなってしまう。つまり、もしもストレイボウがオルステッドを手に掛けてしまっていたとしても取り返しのつかない未来があったということになる。
一方で、LALのストレイボウは「アリシアを救おうとした」ことは何一つ当初と変化はなく、この点はFF4TAでいうところのカインの暗黒面のほうが近い。カインの暗黒面もローザを決して攻撃しないのだから。

関連タグ

ライブアライブ 中世編
オルステッド 魔王オディオ アリシア(ライブアライブ)

ジャン・アンガルド - 同じスクウェアエニックスのRPG「ブレイブリーセカンド」の登場人物で主人公の親友であり、裏切るキャラ。壮絶な過去による憎しみを主人公とその一族に持っている。彼にしてみればストレイボウの憎しみなんて本当にただのコンプレックスに見えるレベル。しかし、LALの場合はその「ただのコンプレックス」から一大事になってしまったことがむしろ重要なのである。「誰もが魔王になりうる」というオルステッドのセリフは、彼のコンプレックスが常人にありうるレベルだからこそ成り立つのだ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ストレイボウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 277188

コメント