ピクシブ百科事典

目次[非表示]

LIVE A LIVEの隠しシナリオ「中世編」に登場。

概要(ネタバレ)

藍色のロングヘアーで、水色のローブと赤いマントを着込んだ魔法使いの青年。
オルステッドの親友であり、ルクレチア王国武術大会の決勝で彼と戦った。親友だからといって手加減をよしとせず、全力で戦うようオルステッドに誓わせ、ついに両雄は激突。しかし、後一歩のところで敗れてしまい、優勝者への褒美である王女アリシアへの求婚の権利をオルステッドに譲ることになる。
その後、魔王にさらわれたアリシアの奪還に向かうオルステッドに同行し、先代勇者のハッシュ、賢者ウラヌスを仲間に引き入れて魔王山に向かう。
しかし、討ち取った魔王は偽者だった揚句、病を患っていたハッシュは力尽きてしまう。
さらには直後の地震で天井が崩落。オルステッドたちと共に逃げようとするが、1人逃げ遅れて圧死してしまった・・・。












・・・と見えるように魔法で細工し、1人で魔王山の奥へと足を進め、オルステッドを出し抜いてアリシア救出を果たしたのである。

ストレイボウがただ一人、魔王のいた部屋の隠し通路を見つけた瞬間、オルステッドとの友情の裏に隠れていたものが滲み出てきた・・・
このままオルステッドと共にアリシアを助ければ、アリシアが感謝するのは求婚の権利を持つオルステッドであろう。共に戦ってきた自分にはなぜ何も報酬がないのだろうか。何故だ。なぜだ。ナゼダ・・・思い返せば、昔からオルステッドにはいつも先をこされっぱなしだった。日のあたることの無い「主人公の友人」。そんなポジションを自覚してしまった彼はついに・・・友人という立場を放棄する。

そして、アリシア救出の功を得るだけでは飽き足らず、王女奪還に失敗して失意の中にあったオルステッドたちを魔法で騙し、王殺しの濡れ衣を被せるという暴挙に至る。
しかし、オルステッドはウラヌスの命がけの魔法によって助かり、再び魔王山に姿を見せた。頂上で再会したストレイボウは、オルステッドにいつも先を越され続けてきた日陰者としての憎しみをぶつける。この時の科白あの世で俺に詫び続けろオルステッドーーー!」はかなり有名。そして今度こそオルステッドを倒し、引き立て役だった過去と決別するために戦いを挑むが、力及ばず敗北。最期まで勝てないまま命を落とした。

この行動やオルステッドへの同情的観点、そしてその後のルクレチアの惨状から、人によってはアリシアと共に、もしくは彼女以上に嫌われているキャラクターでもある。また、人によっては魔王山の邪気によってアリシアと共にオルステッドを憎むようになったという声もある(実際、魔王山の隠し通路を偶然見つけたのと同時にオルステッドへの嫉妬と憎しみに突き動かされており、強ち的外れとは言えない)。

そんな彼の魂は他のルクレチア国民の魂と一緒に、最終編のとある場所に幽閉されており、そこで「俺の・・・せいなのか・・・ あいつが・・・ あんなになってしまったのは・・・」と己の行いを後悔している。しかし、全ては手遅れだった・・・どこにもいなかったはずの最凶の魔王を生み出してしまったのだから。

まさに、人間であり、今もあの世でオルステッドに詫び続けているのだろう。

しかし、その懺悔は決して彼には届かないのである・・・。


元ネタ

彼が登場するシナリオ「中世編」は、元々「FF4セシルカインの立場が逆だったら」という仮定から生まれたもの。したがって、彼はもしかしたらセシルが辿ったかもしれない道を示した可能性もある。たしかにFF4TAでのセシルの変貌振り、そして暗黒面に落ちた彼の感情は、唯一のはもとより、息子をも平気で手にかけるほどの凄まじいもの。あながち、ハズレではないのかもしれない。
さらに言うならば、GBA版FF4で追加された「竜騎士の試練」ではカインをオルステッドの立場に据えられた形となり、試練の出来事とはいえバロンの町で起こった殺人事件の容疑者として孤軍奮闘を余儀なくされる程の窮地に陥る。
だが、本当の試練はストレイボウ側に立った状態で欲望のままに親友に手を掛けるか否かの選択を迫られるというもの。つまり、もしストレイボウがオルステッドを倒していたらという仮定も可能であり、こちらの場合は現実ではないにしろ非常に後味が悪く、しかも二度と試練に挑戦できなくなってしまう。つまり、もしもストレイボウがオルステッドを手に掛けた=勝利したとしても取り返しのつかない未来があったということになる。

一方で、LALのストレイボウは「アリシアを救おうとした」ことは何一つ当初と変化はなく、この点はFF4TAでいうところのカインの暗黒面のほうが近い。カインの暗黒面もローザを決して攻撃しないのだから。

元ネタではないが、似た話がFF6オーディンにあり、ある王国に起こった悪の魔導士と正義の騎士(オーディン)の死闘において魔導士が放った魔法で騎士が敗れ王国の崩壊に至った逸話がある。

余談

実は『中世編のオディオはストレイボウなのではないか?』と言う考察が存在する。
半熟英雄の3作目である「VS3D」のプロローグのボスはオディオだがキャラの性格はまんまストレイボウである。
また両作とも時田氏が制作しており、「ただのお遊びではないか」とも言われている。
しかし、作品が違うからなのかそれとも時田氏の気が変わったのかは知らないがあくまでも
ただのボスの1体であり結局は倒されてその後は平和な王国を築かれてしまう。
憎しみに溺れた哀れな男はかつて最も愛してくれたはずの生みの親からもとうとう見捨てられたのかもしれない…。

と思われてはいたが周年イベントの掛け声を見るにやっぱり愛されていたもよう。

関連タグ

ライブアライブ 中世編
オルステッド 魔王オディオ アリシア(ライブアライブ)

マッドドッグ-同じくライブアライブの西部編に登場する直接対決ではいつも主人公に後れをとるライバルキャラ。但しこちらはサンダウン・キッドとのエースキラーな技のラインナップに対して分が悪いだけで、能力値そのものはライバルと互角であり雑魚の群れの処理能力ではマッドドッグの方が勝る。そしてライバルを嵌めたり一般市民を巻き込むようなことはせず、寧ろ彼らに”西部の人間”としての生きざまを説いて目覚めさせ結果的に街を救った もう一人の英雄と呼べる存在である。
ジャン・アンガルド - 同じスクウェアエニックスのRPG「ブレイブリーセカンド」の登場人物で主人公の親友であり、裏切るキャラ。壮絶な過去による憎しみを主人公とその一族に持っている。彼にしてみればストレイボウの憎しみなんて本当にただのコンプレックスに見えるレベル。しかし、LALの場合はその「ただのコンプレックス」から一大事になってしまったことがむしろ重要なのである。「誰もが魔王になりうる」というオルステッドのセリフは、彼のコンプレックスが常人にありうるレベルだからこそ成り立つのだ。

加古川飛流-主人公から全てを奪い、孤立無援の絶望に突き落とした者繋がり。こちらは自身が魔王に成り果てており、半熟英雄版に近い。

???(東方ライブアライブ):実質的な同存在である嫉妬の末に外道に堕ちきった魔法使い。当作品のボスであるレイジ(東方ライブアライブ)にも該当しており『ストレイボウ=中世編のオディオ』説を参考にしたものと思われる

関連記事

親記事

中世編 ちゅうせいへん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ストレイボウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 363197

コメント